btn_page_top sp_btn_page_top
第40回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第40回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2016/12/25(日) ~ 2016/12/29(木)

宮崎

太陽スポーツクラブ宮崎南、創部4年目にして念願の全国大会初出場!

太陽スポーツクラブ宮崎南 2-0(前半2-0) プレジールFC

第40回全日本少年サッカー宮崎県大会の決勝は、両チームとも初めての決勝戦進出となるプレジールFCと太陽スポーツクラブ宮崎南の対戦となりました。

試合は、太陽宮崎南のキックオフで始まりました。
今夏のバーモントカップ 全日本少年フットサル大会で全国大会に出場しこの大会でも全国大会出場を目標に戦ってきた太陽宮崎南は、ボールに対する出足、相手がボールを持った時の寄せも早く、その結果が出ます。
前半2分、4番中村尚生選手のコーナーキックを、8番キャプテンの芝清人選手が頭で決めて太陽宮崎南が先制します。一方のプレジールFCは、準決勝までに見せた動きとは全く違い、攻めることができません。
前半7分、太陽宮崎南は、ゴール正面20m位のところで得た直接FKを8番の芝清人選手が直接決めて追加点を挙げ2-0とします。
前半は、太陽宮崎南のシュート数12本に対し、プレジールFCは4本と、太陽宮崎南の優勢のまま2-0で終了しました。

ハーフタイムに選手たちだけでミーティングを行ったプレジールFCは、後半が始まると少しずつ動きがよくなってきましたが、得点に結びつきません。
後半は両チームとも決定力に欠け、互角の戦いとなり、シュート数も太陽宮崎南3本、プレジールFC5本に終わり、2-0でそのまま試合が終了。

太陽宮崎南が、創部4年目にして念願であった初の全国大会出場を果たしました。

監督・選手コメント

福田慎也 監督(太陽スポーツクラブ宮崎南)
まずは嬉しいの一言です。選手一人一人が一生懸命やってくれました。良くやってくれたと声をかけてあげたいです。
全国大会まではあとひと月ほどありますので、まずは守備面をもっと強化し、粘り強さを作っていきたいです。また、攻撃面、特にゴール前での崩しやフィニッシュの精度を上げていきたいと思っています。

芝清人 選手(太陽スポーツクラブ宮崎南)
決勝戦では、相手より気持ちを強く持って戦うことができました。みんながハードワークして、粘り強い守備をしてきたのがこの大会の優勝につながったと思います。
全国大会でもハードワークして、粘り強い守備で宮崎県が全国に通用するところを見せたいです。目標は優勝です!

優勝 太陽スポーツクラブ宮崎南
準優勝 プレジールFC
3位 福島サッカースポーツ少年団 / 太陽延岡SC

  • 準優勝:プレジールFC

  • 3位:福島サッカースポーツ少年団

  • 3位:太陽延岡SC

開催期間

中央大会

2016年11月3日(木)~11月20日(日)

決勝会場

宮崎県総合運動公園サッカー場

TV放送

詳しくはこちら

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ

JFA.jp SITEMAP