btn_page_top sp_btn_page_top
第40回全日本少年サッカー大会 決勝大会
第40回全日本少年サッカー大会 決勝大会
2016/12/25(日) ~ 2016/12/29(木)

岡山

Jフィールド岡山ジュニアが初優勝で全国出場を決める

Jフィールド岡山ジュニア 2-1(前半0-0、後半1-1、延長前半1-0、延長後半0-0) 鏡野ジュニアフットボールクラブ

サイドを広く使い、攻守ともにバランスがとれていて、高い技術と組織力のあるJフィールド岡山ジュニアと、球際の強さと粘り強い守備、ハードワークが持ち味の鏡野ジュニアフットボールクラブの決勝戦となりました。

立ち上がり、Jフィールドはポストプレー、裏への飛び出しからチャンスを作ろうとします。その後もサイドを起点にゲームをコントロールし、グループで関わってボールを運んでいきます。鏡野も体を張ったDFで対応します。押し込まれる展開が続くなかで前半13分、クリアが小さくなり、Jフィールドの選手にペナルティーエリア内で拾われ、慌てて対応したDFが足を引っ掛けてPKを与えてしまいます。Jフィールド先制かと思われましたが、これは鏡野のGKがファインセーブ。このプレーを期に、徐々に鏡野がセカンドボールを拾い始めます。前半は鏡野シュート0本に対し圧倒的にJフィールドがボールを支配する展開で0-0のまま終了します。

後半もJフィールド岡山ペースとなりましたが、鏡野もセカンドボールを奪ってシンプルにボールを集めていきます。後半7分、Jフィールド岡山DFのクリアボールを拾った鏡野がそのままミドルレンジからシュートを決め先制。ファーストシュートが得点となり、鏡野に勢いが出始めます。
ボールは保持するものの、Jフィールド岡山には焦りが見え始め、パスミスが目立ちます。しかし一瞬の隙をつき、右サイドのDFがオーバーラップしてチャンスを作り、同点に追いつきます。

その後はJフィールド岡山がボールを保持し、サイドからの展開でシュートまで持っていきますが、最後まで諦めない体を張った守備で鏡野が得点を許しません。惜しいチャンスをJフィールド岡山が幾度も作りながらも後半終了。延長戦に突入します。

延長開始1分、Jフィールド岡山のボールが鏡野のDFに当たり、DFとGKの間にこぼれます。これをJフィールド岡山が拾って決勝点。最後まで互いに持ち味を見せ、最終スコア2-1でJフィールド岡山の初優勝となりました。

監督・選手コメント

大西康平 監督(Jフィールド岡山ジュニア)
ボールは保持するものの最後の部分で精度を欠き、先制されるという苦しい展開でしたが、選手たちは強い気持ちを持って逆転してくれました。全国大会は予選突破が目標ですが、大会を通じての成長も期待したいです。

和田拓海 選手(Jフィールド岡山ジュニア)
攻撃はサイドから何度もいい形を作れていました。守備では失点してしまいましたが、慌てずに対応することができました。全国大会でも積極的に攻守で自分たちの良さを出していきたいです。

渡邊陽輝 選手(Jフィールド岡山ジュニア)
先制点を奪われて少し慌てた部分がありましたが、逆転できて良かったです。チームとして初優勝することができて本当に嬉しく思っています。全国大会ではチャレンジ精神を持ち、優勝を目指して頑張りたいです。

優勝 Jフィールド岡山ジュニア
準優勝 鏡野ジュニアフットボールクラブ
3位 オオタフットボールクラブ
4位 笠岡フットボールクラブ
努力賞 鏡野ジュニアフットボールクラブ
グッドマナー賞 オオタフットボールクラブ

  • 準優勝:鏡野ジュニアフットボールクラブ

  • 3位:オオタフットボールクラブ

  • 4位:笠岡フットボールクラブ

開催期間

ブロック大会

2016年10月30日(日)~11月13日(日)

中央大会

2016年11月20日(日)~11月27日(日)

決勝会場

岡山県総合グラウンド陸上競技場

TV放送

詳しくはこちら

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ

JFA.jp SITEMAP