btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > JFA > 最新ニュース一覧 > 第14回日本サッカー殿堂 掲額者決定のお知らせ

ニュース

第14回日本サッカー殿堂 掲額者決定のお知らせ

2017年08月01日

第14回日本サッカー殿堂 掲額者決定のお知らせ

公益財団法人 日本サッカー協会は、第14回日本サッカー殿堂に、加茂周氏、今井恭司氏(ともに特別選考)を掲額することを決定しました。

投票選考の結果は下記の通りです。これにより、日本サッカー殿堂(日本サッカーミュージアム内地下1階)に掲額された方々の総数は、今回を加え75名と1チームとなります。

掲額式典は9月10日(日)13:00(予定)よりJFAハウスの日本サッカーミュージアム内ヴァーチャルスタジアムで開催する予定です。

特別選考(2名)

加茂 周(かも しゅう) 19391029日生
1974年に日産自動車(現在の横浜F・マリノス)の監督に就任し、神奈川県リーグ1部から日本チャンピオンにまでチームを育て上げ、1988/89年シーズンには日本サッカーリーグ、JSLカップ、天皇杯優勝の三冠を達成した。その後も、日本代表やJクラブの監督を歴任した。チームを数多くのタイトルに導くと同時に、チームづくりにおいても手腕を発揮し、「チームマネジメント」の重要性を日本サッカー界に浸透させた。日本人指導者初の「プロサッカー監督」として、「世界に通じるサッカー」を模索しながら、長きにわたり第一線で活躍した。 

今井 恭司(いまい きょうじ) 1946111日生
1972年に行われた、元ブラジル代表のペレを擁するサントスFCと日本代表の試合を撮影したことをきっかけに、フリーランスとして日本代表戦や国内リーグ戦などサッカーの試合写真を撮り、『サッカー・マガジン』(ベースボール・マガジン社)をはじめとした数々のメディアにおいてサッカーの魅力を伝え続けてきた。日本のサッカーカメラマンの草分けであり、同時に第一人者である。約半世紀にわたり、「写真」という分野を通じて日本代表をはじめとした日本のトップチームとファンをつなぎ、サッカー界の発展に寄与した功績は大きい。

投票選考(該当者なし)

6名の候補者にて投票を実施しましたが、75%以上の得票を得る候補者がいなかったため、投票部門の掲額者はありません。今回の候補者で得票率10%以上の候補者は、次回以降の候補者名簿に3回まで掲載されます。
・加藤 久(111票/得票率74.0%)
・ラモス 瑠偉(85票/得票率56.7%)
・碓井 博行(34票/得票率22.7%)
・前田 秀樹(23票/得票率15.3%)
・田口 光久(13票/得票率 8.7%)
・渡辺 三男(12票/得票率 8.0%)
白票 22票 14.7%
有効投票者総数150人(満票150票、2票/1人) 投票依頼数201人(投票率74.6%)

今後のスケジュール

日本サッカー殿堂掲額式典9月10日(日)13:00~(予定)
JFAハウス 日本サッカーミュージアム内ヴァーチャルスタジアム

アーカイブ
JFA
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP