JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > 最新ニュース一覧 > キヤノン ガールズ・キャンプ JFAエリートプログラム女子U-13トレーニングキャンプがJ-GREEN堺でスタート

ニュース

キヤノン ガールズ・キャンプ JFAエリートプログラム女子U-13トレーニングキャンプがJ-GREEN堺でスタート

2018年05月12日

キヤノン ガールズ・キャンプ JFAエリートプログラム女子U-13トレーニングキャンプがJ-GREEN堺でスタート

キヤノン ガールズ・キャンプ JFAエリートプログラム女子U-13 トレーニングキャンプが5月10日(木)、大阪・J-GREEN堺でスタートしました。キヤノン株式会社による支援を受けて今年で5回目を迎えたこのキャンプに、今回は全国9地域から選出された57名の未来のなでしこたちが集合しました。初日はピッチで体幹トレーニング、フィジカル測定を行い、最後に3つのグル-プにてわかれてミニゲームを行いました。集合時、緊張した表情を見せていた選手たちも、トレーニングを通じてコミュニーケーションを深め、終盤には多くの笑顔が見られました。夜はフィジカル測定のフィードバック、株式会社明治による栄養セミナー、グループ別ミーティングを実施しました。

キャンプ2日目は3つのグループに分かれ、本格的なトレーニングがスタート。また、午後のトレーニング前には「キヤノンプログラム」を実施し、ゲストに高倉麻子監督を迎えました。高倉監督は、今回参加している選手たち自身が「世界で戦う」ことを確かな目標にしてほしいという想いを語りました。熱心に話を聞く選手たちの姿が多く見られ、「得意なプレーはなんですか」、「もっと良くしたいプレーはありますか」という質問に、多くの選手が積極的に手を挙げて発言していました。

キャンプはこのあと13日(日)まで、オンザピッチ、オフザピッチともに多くのプログラムに取り組んでいきます。

コーチ・選手コメント

轟奈都子 GKコーチ(ナショナルトレセンコーチ サブチーフ)
キャンプ初日はフィジカル測定とグループごとのゲームを行いました。フィジカル測定では、初めて経験する種目もあるなか、自分の持っている力を発揮しようと一生懸命取り組む姿がみられました。その後行ったゲームでは、初めて会う仲間が多い状況でも選手同士が積極的に声をかけ合いながらプレーしていました。夜のレクチャーではフィジカル測定のフィードバックとコアトレーニングの重要性、株式会社 明治様から栄養についてのお話をしていただきました。選手たちは真剣に話を聞き、自分の長所や課題、身体づくりや身体を強くするために重要なことの理解を深める大変貴重な時間になりました。2日目は午前中に「動きながらのテクニック」、午後は「ボールを奪う」をテーマにトレーニングを行いました。どのトレーニングにおいても選手たちは高い意識で取り組み、トライ&エラーを繰り返しながら理解を深めていきました。残りの2日間もオンザピッチ・オフザピッチ両面でより質を高め、選手たちにとって充実したキャンプになるよう、選手たちと共に一生懸命取り組んでいきたいと思います。

遠藤瑚子 選手(北海道リラ・コンサドーレ)
今日はディフェンスをテーマにトレーニングを行いました。その中で良かった点は、ボールが出るところを予測し、すぐに寄せて相手の自由を奪うことができたことです。また、声を出してコミュニケーションをとれば、相手の気持ちもわかってチームのプラスになるということがわかりました。逆に、ディフェンスをする時に一発で抜かれてしまうこともあったので、そこは限度を考えて小刻みなステップでディフェンスできるように改善します。このような環境でサッカーができること、サッカー協会や家族をはじめ、周りの全てに感謝してこれからもサッカーを続けていきたいです。

米田百佳 選手(JFAアカデミー福島)
このキャンプに来てまだ2日目ですが、サッカーはもちろん、様々なレクチャーもあり、たくさんのことを学びました。トレーニングでは、動きながらのパスやコントロール、1対1の対応などを教えてもらいました。レクチャーでは、なでしこジャパンを目指すなかで大切なことや必要なことを学ぶことができました。高倉監督からも話を聞くことができ、貴重な体験をたくさんすることができました。これからこのキャンプで学んだことを活かし、目標であるなでしこジャパンに少しでも近づけるように日々の練習を頑張りたいです。

石川萌絵 選手(F.C.Toyoake)
このキャンプのメンバーに選ばれた時は、とても嬉しい気持ちと不安な気持ちがありましたが、「自分の力を全て出そう」と決めて臨みました。キャンプ2日間を終えて、とても楽しく過ごすことができていますが、ただ、まだ自分の全力を出すことができていないと感じました。明日からは「全力を出す」ことと、これまでの練習でわかった自分の足りない部分を少しでも直せるように頑張りたいです。また、食事や挨拶などの大切さも学ぶことができたので、これを活かして、普段の生活から頑張っていきたいです。

スケジュール

5月10日(木) PM フィジカル測定/トレーニング/レクチャー
5月11日(金) AM トレーニング
PM トレーニング/レクチャー/ミーティング
5月12日(土) AM トレーニング
PM トレーニング/レクチャー/ミーティング
5月13日(日) AM ゲーム

特別協賛

キヤノン株式会社

アーカイブ
選手育成
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー