btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 選手育成 > JFAエリートプログラム > 日本におけるエリート養成システムの全体像

JFAエリートプログラム

日本におけるエリート養成システムの全体像

世界トップ10を目指して —三位一体+普及—

世界トップ10を目指して —三位一体+普及—

日本サッカー協会では、2002年ワールドカップ後の新スタートにあたり、「10年以内に世界トップ10を目指す」という大目標を掲げました。

それを実現するために、従来から掲げている「三位一体の強化策」に普及をプラスしました。すなわち、従来から、代表チームの強化ばかりでなくユース育成、そしてそれを指導する指導者の養成が一体となった総合力向上を目指していましたが、それだけでは不十分で、強化・育成と普及の両方を重視していくということです。普及によりしっかりとしたベースを築くことなくして、その上のトップの強化はありえないということです。

普及により、すそ野を広げ、広くて堅固なベースを基に高い山を築くことが重要です。

キッズを中心としたグラスルーツへの働きかけで生涯サッカーを愛し、楽しむ人たちを増やすこと、そのことがサッカー全体を支える大きな力になると考えています。

2003年度より、「キッズプログラム」を開始しました。U-6、U-8、U-10の子どもたちに、サッカーとの良い出会いの機会を提供し、ガイドラインを提示してその年代の子どもたちにとって良い環境・良い指導を与えることを目指しています。

また、レディースフットボール、ファミリーフットサル等の普及にもつとめ、日本サッカー界を大きく包んで支える力を得ています。

普及と強化・育成は、日本サッカー協会の使命です。
この両輪なくして 日本サッカーの発展はありえません。
長期的視野に立った選手育成

強化・育成の観点から、長期的視野に立った育成の考え方を非常に重要視しています。子どもは小さな大人ではなく、比例して一直線上に成長していくわけでもありません。さまざまな要素がさまざまな年代に別々の速度で伸びていき、年代毎にそれぞれ個別の特徴を示しながら最終的にバランスがとれて大人になっていきます。そのため、各年代には、その時にこそ伸ばすことのできる要素があるのです。このことは育成において、非常に大きな意味を持っています。それぞれの年代の特徴に適した良い環境・指導を与えて育成することが重要であるということです。

したがって、オンザピッチ、オフザピッチ共に、低年齢から働きかけたほうが良い要素があるのです。また、低年齢のうちに取り組ませても仕方のない要素もあります。このことに留意して、それぞれの年代にやるべきことをやって最終的な成長へと導いていくことが重要です。これは日本サッカー協会の育成の非常に大きなテーマです。

真の意味での「エリート」

「エリート」という言葉は日本では非常に抵抗感が強いものですが、それはこの言葉の真の意味が誤解されているためであるように思います。そして、その結果、遅れにつながっています。誤った「平等主義」により、社会全体でレベルの低下と共に、リーダー不在の状況が見られます。下の者に疎外感を味わわせないようにするということで、能力の高い者がなおざりにされ、伸びるはずの能力が伸ばせずにいるのが現状です。

平等とは、「能力に応じた機会の平等」であるべきです。

本当の意味のエリートは、社会の各分野でのリーダーであり奉仕者であり、確固とした倫理観と社会奉仕精神を兼ね備えている者達を言います。特権階級のことではなく、本来むしろ戦場で先頭に立って闘いに行く存在であり、その者達には常に重大な社会的義務が伴います。能力の高い者に、良い環境と指導を与え、そしてその者は、社会に対する責任を果たす存在となるということです。

私たちは、サッカー界で、真の意味でのエリートとなる人材を育てたいと思っています。それがサッカーの面でも必要である判断力やリーダーシップの面でも大いにプラスになると考えていますし、また、サッカー界あるいはそれを越えた社会で将来的にリーダーとなりうる人材を育成したいと考えています。

リーダー不在、判断力不足は、現代の日本社会の大きな社会問題であるとも言えます。

これに対し、私たちは、サッカー界の中でのアプローチをここに開始し、サッカー界から、スポーツ界から、社会に発信できればと思っています。

「世界基準」

スポーツ界は世界に眼を向けています。スポーツは、「世界」と闘う機会を持ち、常に「世界」を視野に入れています。

特にサッカーは、世界のスポーツであり、世界の実に多くの国で行われています。日本代表はその中で、世界のトップ10を目指しています。日本を代表して世界と対峙する機会を持ち、「世界に対する日本」を考えます。したがって、ドメスティックな基準、自分の周辺、あるいは日本国内の「勝った」「負けた」ではなく、常に世界基準を視野に入れていかなくてはなりません。国内の日常のレベルで満足していては、世界には決して追いつくことはできません。

したがって、私たちのエリート教育の目標となる基準は、「世界基準」です。

「世界基準」で日本をリードし、サッカーのみならず、広くスポーツ界、社会全体に発信できる、トータルなリーダーシップをそなえた人材の育成を目指そうとしています。

「ボトムアップ」と「プルアップ」

「ボトムアップ」と「プルアップ」 「ボトムアップ」と「プルアップ」

さまざまな世界でそのレベルを上げるときに「ボトムアップ」と「プルアップ」があります。ボトムアップは平等主義で行う教育のように、全体のレベルを上げることに大いに役立ちます。プルアップはある才能のある子どもたちのレベルを上げることによって、最終的に全体のレベルを引き上げることです。集団のレベルアップには、その両方が必要です。残念ながら、日本には、このプルアップ教育のシステムが欠けています。

このプルアップがなされていれば、仮に後から才能を開花させる子がいたとしても、より高い基準をベースとし目標とすることで、充分にその差は埋めることができると思われます。

日本サッカー協会は世界のトップ10、そして世界のトップを目指しています。これは、後天的な努力のみで達成されるものではありません。先天的な能力のある者に良い環境を与え、本人が努力してはじめて育っていくものなのです。

世界のトップ10を目指すには、今までと同じ方法では間違いなく追いつきません。

「選手は勝手には育たない。タレントが偶然育ってくるのを待つのもいいだろう。
しかしそれでは永遠に待ちつづけることになるかもしれない。」
ヨーロッパサッカー連盟技術委員長アンディ・ロクスブルク

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP