JFA.jp

JFA.jp

EN
JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会
JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会
[ 開会式 ] 2018/12/25(火) [ 競技期間 ] 2018/12/26(水)~2018/12/29(土)
[ 開会式 ] 2018/12/25(火)
[ 競技期間 ] 2018/12/26(水)~12/29(土)

福井県

敦賀FC・フレンズが10年ぶりに63チームの頂点に立つ

敦賀FC・フレンズ 3-2(前半3-1、後半0-1) 武生フットボールクラブ

JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会 福井県大会の決勝が11月3日(土)、丸岡スポーツランドサッカー場で行われました。 秋晴れの快晴の中で行われた決勝戦は、10年ぶり3回目優勝、そして全国出場を狙う敦賀FC・フレンズと5年ぶり6回目を狙う武生フットボールクラブの対戦となりました。

敦賀FREは決勝までの5試合で失点0という高い守備力で勝ち上がり、一方の武生FCは5試合で得点22点と高い攻撃力を持った非常に楽しみな対戦になりました。 試合は開始前半2分に動きました。左CKを得た敦賀FREの竹中悠真選手の正確なクロスにヘディングで合わせた橋本生輝ミラーン選手がゴールネットを揺らします。 対する武生FCも前半4分に右CKを獲得し、御手洗昊選手のクロスをGKがはじき、こぼれ球に対応した竹内汰一選手が右足で押し込んで、すぐさま同点へ。 その1分後、前半5分に敦賀FREのGK福本竜矢選手のロングフィードに反応した富本大翔選手が落ち着いて相手GKの位置を確認し、技ありのループシュートで勝ち越しました。 その後は、両チームともに落ち着きを取り戻し、敦賀FREは前線の富本選手が攻撃の起点となり多彩な攻撃を仕掛け、対する武生FCは中盤の御手洗選手が攻撃の起点となり互いに譲らない時間帯が過ぎました。 前半17分、敦賀FREは左CKのチャンスを獲得、先制点を生み出した竹中選手の正確なクロスに橋本選手が頭で合わせ、2点目の追加点を奪い3-1で前半を終了します。

10分間のハーフタイム後、反撃したい武生FCは御手洗選手にボールを集め果敢に敦賀FREゴールに向かいますが、総失点0点の相手DF陣のマーク、プレスが厳しく思うとおりに前を向けません。 しかし32分、武生FCが直接FKを獲得し、高岸果凛選手のクロスをGKが弾き、ポストに当った所を御手洗選手が押し込み1点差に。アディショナルタイムも果敢にゴールに向かった武生FCですが、ゴールを決めることが出来ず、試合終了。 3-2で勝利した敦賀FC・フレンズが、全日本U-12サッカー選手権大会が行われる鹿児島への切符を掴みました。

監督・選手コメント

木南渉 監督(敦賀FC・フレンズ)
決勝戦は先制しながら追い上げられるという難しい展開の中、選手たちは集中して決して逃げずに最後まで強い気持ちで戦い抜いてくれました。 今大会たくさんの方から応援をいただき、選手たちのパワーになったと思います。全国大会では応援して下さった方々への感謝の気持ちを忘れず、チーム一丸となって一次ラウンド突破を目標に頑張ります。

山本楽偉 選手(敦賀FC・フレンズ)
決勝という舞台で、自分たちがやって来たことを全て出しきって優勝出来たことは本当に嬉しいです。応援して下さった皆さんの期待に応えられるように、鹿児島で戦ってきます。

橋本生輝ミラーン 選手(敦賀FC・フレンズ)
竹中悠真選手の正確なクロスに合わせるだけでした。先制点を取れて嬉しかったです。

優勝 敦賀FC・フレンズ
準優勝 武生フットボールクラブ
3位 / 4位 春江町サッカースポーツ少年団A / 高椋サッカースポーツ少年団
努力賞 大虫フットボールクラブ
グッドマナー賞 福井市中央フットボールクラブ

  • 準優勝:武生フットボールクラブ

  • 3位:春江町サッカースポーツ少年団A

  • 4位:高椋サッカースポーツ少年団

開催期間

中央大会

2018年10月20日(土)~11月3日(土・祝)

決勝会場

武生東運動公園 陸上競技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー