JFA.jp

JFA.jp

EN
JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会
JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会
[ 開会式 ] 2018/12/25(火) [ 競技期間 ] 2018/12/26(水)~2018/12/29(土)
[ 開会式 ] 2018/12/25(火)
[ 競技期間 ] 2018/12/26(水)~12/29(土)

福岡県

アビスパ福岡U-12が接戦を制し、13年ぶりの決勝大会へ

アビスパ福岡U-12 1-0(前半0-0、後半1-0) 西南フットボールクラブ

JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会 福岡県大会の決勝が11月23日(金・祝)、県フットボールセンターで行われました。気温12℃と若干肌寒い中での決勝となりましたが、会場には多くのサポーターが詰めかけ、大声援の中での試合となりました。決勝は同じ福岡地区(福岡市及びその近隣地域)で活動するチーム同士の一戦となりました。パスワークを武器に中央大会トーナメント5試合で16得点と攻撃力を誇るアビスパに対し、粘りある守りとカウンター攻撃で接戦を制してきた西南FC。両者自分たちの持ち味を出せるかが勝負のカギとなりました。前半のアビスパは、素早いパス回しと鋭いドリブルで西南FCゴール前までボールを運ぶものの、西南FCの堅い守りに阻まれ、決定的なチャンスを作ることができません。対する西南FCは、粘り強い守備でアビスパの攻撃を防ぐと同時に、奪ったボールを素早く前線に送り、カウンターを仕掛ける展開となりました。

後半に入ると、アビスパは短いパスをつないでボールを支配すると同時に、横に動かしサイドの空いたスペースから攻撃を仕掛けていきます。試合が動いたのは36分、左サイドからのパスを重松怜音選手がしっかりとコントロールし、そのままシュート。これが決勝点となり、1対0でアビスパが勝利しました。

福岡県約300チームの頂点に立ったアビスパ福岡U-12は、13年ぶり4回目の決勝大会出場となりました。

監督・選手コメント

井上孝浩 監督(アビスパ福岡U-12)
攻撃も守備も「攻撃的に!」、これがチームコンセプトであり、今大会でよい成績を収めた大きな要因です。また、本大会を通して、選手はレベルの高い戦いを経験し、前向きに・耐えて・粘って戦うことの価値を見出したと思います。決勝大会に向けてしっかりと準備し、アビスパらしい戦いができるようがんばります。

楢崎佑馬 選手(アビスパ福岡U-12)
昨年の新人戦での悔しい思いを忘れずに、自分たちをしっかり磨いてきました。今回それが良い結果に結びついたことがとてもうれしいです。決勝大会でもスピーディーに、アグレッシブに、自分たちで考えるサッカーをして、優勝を目指します。

重松怜音 選手(アビスパ福岡U-12)
決勝点をとった場面は、日ごろ練習で何度もチャレンジしているので、しっかりシュートをイメージすることができました。6年生とのコンビネーションもどんどん良くなっていると思います。決勝大会でもしっかりゴールを決めて、優勝を目指したいです

優勝 アビスパ福岡U-12
準優勝 西南フットボールクラブ
3位 今宿サッカークラブ / FC立岩
努力賞 ラソス香月
グッドマナー賞 エリア伊都フットボールアカデミー

  • 準優勝:西南フットボールクラブ

  • 3位:今宿サッカークラブ

  • 3位:FC立岩

開催期間

中央大会

2018年11月11日(日)~11月23日(金・祝)

決勝会場

福岡フットボールセンター(予定)

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー