JFA.jp

JFA.jp

EN
JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会
JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会
[ 開会式 ] 2018/12/25(火) [ 競技期間 ] 2018/12/26(水)~2018/12/29(土)
[ 開会式 ] 2018/12/25(火)
[ 競技期間 ] 2018/12/26(水)~12/29(土)

兵庫県

試合巧者の兵庫フットボールクラブ2年連続出場を決める

兵庫フットボールクラブ 1-0(前半1-0、後半0-0) ヴィッセル神戸U-12

JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会兵庫県大会の決勝が11月25日(日)、みきぼうパークひょうご第1球技場で行われました。

決勝は兵庫県4種トップリーグ1部1位のヴィッセル神戸U-12と同3位兵庫フットボールクラブの対戦となりました。

兵庫県4種トップリーグが開催されて以降、3年連続でトップリーグ優勝チームが決勝大会出場権を獲得してきましたが、そのジンクスを破って兵庫FCが優勝しました。

試合は試合開始早々スルーパスからヴィッセル神戸高村睦弥選手が抜け出し、シュートを打つもポストに阻まれゴールにはなりません。ヴィッセル神戸が優位に試合を進める中、11分、兵庫FC春名陸選手の中央のドリブル突破を起点とし、最後は左サイドの橋塚純大選手がゴール右隅にシュート。先制ゴールを挙げました。堅守の兵庫フットボールクラブが先制点を守り、前半を折り返します。後半に入ってからは両チームの意地のぶつかり合いで激しい戦いとなります。ヴィッセル神戸はロングパスを多用し、サイドチェンジからの攻撃を中心に攻め、一方兵庫FCは春名選手、橋塚選手、首藤選手のパスワークから堅守速攻を狙い一進一退の後半となりました。シュート数はヴィッセル神戸が上回りましたが、兵庫FCの堅守の前に最後までゴールを割ることは出来ずに試合終了。兵庫フットボールクラブが2年連続10回目の決勝大会出場を決めました。

監督・選手コメント

永濱和紀 監督(兵庫フットボールクラブ)
ヴィッセル神戸U-12、センアーノ神戸ジュニアの分も全国では頑張りたいと思います。

首藤希 選手(兵庫フットボールクラブ)
優勝できてうれしかったです。練習の成果が発揮出来良かったと思います。全国大会での優勝を目指して頑張ります

橋塚純大 選手(兵庫フットボールクラブ)
優勝出来てうれしいです。優勝出来たのは、みんなが協力し一丸となって戦えたことが理由だと思うので、全国大会でも兵庫FCらしいサッカーをし、優勝したいと思います。

岡奨瑛 選手(兵庫フットボールクラブ)
優勝できてうれしいです。チーム一丸となって練習してきたことが決勝で出来てうれしかったです。これからも一生懸命練習して全国大会でも優勝します。

優勝 兵庫フットボールクラブ
準優勝 ヴィッセル神戸U-12
3位 / 4位 西宮サッカースクール / センアーノ神戸ジュニア
努力賞 センアーノ神戸ジュニア
グッドマナー賞 兵庫フットボールクラブ

  • 準優勝:ヴィッセル神戸U-12

  • 3位:西宮サッカースクール

  • 4位:センアーノ神戸ジュニア

開催期間

中央大会

2018年11月23日(金・祝)~11月25日(日)

決勝会場

みきぼうパークひょうご球技場

出場チーム

出場チーム一覧(PDF)はこちら

過去の大会はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー