JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > 最新ニュース一覧 > フットサルGKキャンプを大阪府大阪市で開催

ニュース

フットサルGKキャンプを大阪府大阪市で開催

2018年04月09日

フットサルGKキャンプを大阪府大阪市で開催

西日本では初となるフットサルGKキャンプが4月7日(土)~8日(日)の2日間、大阪府大阪市のマグフットサルスタジアムにて開催されました。

今回のキャンプでは全国からU-23の選手4名とU-18の選手6名の計10名が招集され、フットサル日本代表の内山慶太郎GKコーチとシュライカー大阪の定永久男GKコーチが指導にあたりました。3月に行われた東日本開催と同様に、2日間でミーティングを2セッションとトレーニングを3セッション行いました。

集合後行われたミーティングでは、内山GKコーチから「今回のキャンプの目標は『日本代表におけるプレーモデルの理解』と『再現性の高い基礎の獲得』。オンザピッチとオフザピッチの両面で1人ひとりが高い意識を持って臨んでほしい」というメッセージが伝えられた上で、フットサルGKの基本技術に関してフットサル日本代表の映像を用いながらのレクチャーがありました。また、プレー分析として複数のグループに分かれてGKのプレーに関する映像を分析するディスカッションと発表を行いました。

その後のトレーニングは「セービング」「ブロック」「グローバル」という3つのテーマに沿って行われ、どのセッションも高い強度の中で選手たちは積極的にトライをしていました。

最終日のミーティングでは、各自がキャンプ終了後の日常のトレーニングで継続した取り組みができるように、これまでのトレーニング映像を用いて選手たちの成果と課題が改めて共有されました。

短い期間ではありましたが、選手たちは自分たちの力を出し切り、そして強い意志と高い意識を持ってさらなる成長につなげられる収穫を得られる有意義な2日間となりました。

ダイレクターコメント

小西鉄平 JFAフットサルテクニカルダイレクター
3月の東日本開催に続き、今回は西日本での開催となりました。継続して招集した選手3名を含めた10名の選手達と1泊2日の3セッション行いました。全てのセッションにおいて我々が求める戦術的強度・集中力、身体的強度を維持出来た3セッションでした。ただし強度・集中力を維持するためにセッションが進むにつれて、回数を調整することが多くなったことも事実であり、選手達にはより強度高くプレーする回数を維持するためにも、下半身の筋力強化・パワー、そしてそれを繰り返す能力を身につけていって欲しいと思います。

また各セッションには、内山コーチから「ここに来ている意味は、ナショナルチームと同様の価値がある」ということ、定永コーチからは、「自分自身を高めるきっかけを作り、自分の型・軸を作っていって欲しい」といったメッセージも伝えていきました。参加した10名の選手達はそれぞれに成長するきっかけをつかんでくれたと思っています。

また、このような機会に選手を快く送り出してくださいました関係者の皆様には感謝の気持ちを伝えたいと思います。ありがとうございました。

今後も若い選手達にとって成長できる環境を創出していけるよう着実に確実に進んでいきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

選手コメント

GK 西滉太 選手(高松商業高)
フットサルの専門的な指導を受けるのが初めてで、すごく難しいと感じる反面とても楽しかったです。ミスを恐れず思いきり沢山のことにチャレンジすることが出来ました。ステップなど、ゴレイロの基礎の部分が自分には全然足りないと感じたので、日頃から意識してプレーしていきたいです。エラーだと思っていなかったようなプレーもエラーだったりして、レベルの高い所に身をおけたことですごく細かいところまで意識できるようになりました。今回のキャンプで学んだことを忘れずにオートマティックに出来るまで練習したいです。

GK 中澤航 選手(PSTCロンドリーナ)
まず、このような素晴らしい場を設けていただき、とても恵まれていると思いました。ありがとうございます。この2日間内容が濃く、とてもいい練習をすることができました。ミーティングでは、試合の映像を見て、良いところ悪いところを話し合いました。自分の意見と他の人の意見は違う部分があり、いろいろな意見があるんだなとあらゆる視点でその映像を見ることができました。練習では、日頃の練習から意識してやってきたつもりでも、細かなところが出来ていなかったり、構えの角度が最初と最後で異なるなど自分のクオリティを保てなかったりしました。全体的にまだまだ自分は未熟だと感じました。これから下半身強化をしっかりし、内山コーチと定永コーチに言われた自分に足りてない部分をしっかりと練習で身につけていきたいと思いました。

GK 太田圭 選手(フウガドールすみだファルコンズ)
今回のキャンプでの2日間は自分にとってとても貴重な経験となりました。キャンプでは最年少という事もあり先輩方に学ぶ事がとても多かったです。スピードやパワー、テクニックなど全国レベルのプレーを間近で体感できたのは自分にとって大きかったと思います。また、専門的なトレーニングでは、普段では絶対に指摘して貰えない所まで指摘してくださったので、自分自身まだまだ技術が足りていないと改めて実感しました。キャンプで感じた事、学んだ事を自チームに持ち帰りしっかりとプレーで実践できるように意識的にトレーニングしていきたいと思っています。今回は貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。

スケジュール

4月7日(土) PM トレーニング
4月8日(日) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更する場合があります。

関連情報
アーカイブ
選手育成
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー