btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 選手育成 > 最新ニュース一覧 > 「未来のなでしこプロジェクト」の第一パートナーとして キヤノン株式会社が「JFA地域ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会」と 「JFAエリートプログラム 女子U-13 スターティングキャンプ」に特別協賛

ニュース

「未来のなでしこプロジェクト」の第一パートナーとして キヤノン株式会社が「JFA地域ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会」と 「JFAエリートプログラム 女子U-13 スターティングキャンプ」に特別協賛

2013年08月06日

「未来のなでしこプロジェクト」の第一パートナーとして キヤノン株式会社が「JFA地域ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会」と 「JFAエリートプログラム 女子U-13 スターティングキャンプ」に特別協賛

公益財団法人 日本サッカー協会(JFA)は、女子サッカーの普及・育成事業を再編し、「未来のなでしこプロジェクト」と称してよりシステマチックな活動をしていくこととしました。
また、「なでしこビジョン」の理念に基いて本プロジェクトにご賛同いただくキヤノン株式会社と、「キヤノン ガールズ・エイト」「キヤノン ガールズ・キャンプ」の2事業の新規スポンサー契約を締結することとなりましたので、併せてお知らせいたします。
キヤノン株式会社は、JFAが進めている女子サッカーの普及・育成事業に対して企画発足段階から参画いただくなど、「未来のなでしこプロジェクト」パートナーとして多角的な支援・協力をいただきます。

未来のなでしこプロジェクト

サッカー日本女子代表の活躍により「女子サッカー」への注目が集まり、女子サッカーの大会整備や選手・指導者の育成プログラムの充実が求められています。そのような状況の中、JFAは「なでしこビジョン」の実現に向けた施策として普及・育成事業を再編し、「未来のなでしこプロジェクト」を立ち上げました。

「未来のなでしこプロジェクト」は、普及・育成に関する様々な事業を総称します。またこれまで事業ごとに協賛いただいていたものを、目的・考え方・方向性などへの共感・賛同をもとに、複数事業を多角的に支援いただくことで、日本女子サッカーのさらなる発展につなげていくことを目指しています。

未来のなでしこプロジェクト ロゴ

キヤノン ガールズ・エイト ~ JFA地域ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会 (仮称)

2003年から開催していた「JFA地域ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会」を、2014年度より新名称「キヤノン ガールズ・エイト ~ JFA地域ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会(仮称)」として開催します。
この大会は、毎年全国9地域で開催されている12歳以下の女子選手を対象とした8人制サッカー大会です。競技の場であるとともに、2014年度からは新たに開催される「キヤノン ガールズ・キャンプ」の参加メンバーを選考する場の一つとしても位置づけられます。

開催時期:2014年度より、毎年3月開催予定 (降雪地は別途検討)
開催場所:全国9地域(北海道・東北・関東・北信越・東海・関西・中国・四国・九州)
参加者数:合計 約2,000人

キヤノン ガールズ・キャンプ ~ JFAエリートプログラム 女子U-13 スターティングキャンプ (仮称)

世界基準の「個」を育成することを目的とした「JFAエリートプログラム」の1回目のトレーニングキャンプを、新たに「キヤノン ガールズ・キャンプ(仮称)」と呼び、全国のトレセン活動や上記「キヤノン ガールズ・エイト」から選考された13歳以下の女子選手を招集、これまでより多くの選手が参加できる、サッカー以外にもその分野の一流の講師を招くなど、さらなる充実を図ります。小学生年代からの目標、日本女子代表選手の登竜門となる育成プログラムとして、広く認知されることを期待しています。

実施時期:2014年度より、毎年5月開催予定
開催場所:J-GREEN堺(予定)
対象者:U-13年代の女子選手 40~50名

 

関連情報
アーカイブ
選手育成
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP