JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 選手育成 > JFAエリートプログラム > 最新ニュース一覧 > JFAエリートプログラム女子U-14タイ遠征、活動を終える
トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

ニュース

JFAエリートプログラム女子U-14タイ遠征、活動を終える

トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

2019年08月29日

JFAエリートプログラム女子U-14タイ遠征、活動を終える

8月23日(金)からスタートしたJFAエリートプログラム女子U-14タイ遠征、21名の選手たちは普段と違う環境の中でも積極的にトレーニングや試合に取り組み、全日程を終え28日(水)朝に帰国しました。
活動期間中、オフザピッチでは、3日目に東南アジア女子選手権の準決勝(ベトナム女子代表vsフィリピン女子代表)の視察、各自で事前に調べてきたタイの文化、食事、スポーツ、観光等についてのグループ発表、バンコクでの寺院見学等、多くのプログラムを行い、他国の文化に触れる機会を持ちました。

タイでは、この9月にAFC U-16女子選手権2019が開催されます。このタイ遠征に参加した選手たちも2年後には、この大会を目指します。この海外での経験がこのあと活きるよう、選手たちはそれぞれの活躍を誓い合い帰路につきました。

コーチ・選手コメント

加藤賢二 ナショナルトレセンコーチ/JFAアカデミー堺
今年度最初のエリートプログラムU-14は海外遠征、行き先は東南アジアのタイでした。エリートプログラムとしては日韓交流と大会参加以外での海外遠征は初めてのこと。日常と異なる環境、何かにつけてストレスを感じるであろう環境の中で、オン・ザ・ピッチではどこまで集中してサッカーに向き合えるか、オフ・ザ・ピッチでの仲間との関わり、時間の使い方、食べることの重要性を感じて欲しいという思いから今回の海外遠征を実現させました。真っ黒に日焼けした精悍な顔つきで集合した21名は、U-13での3回目のトレーニングキャンプ(3月/Jヴィレッジ)から半数のメンバーが入れ替わり、エリートプログラム初参加の選手も3名いました。わずか5日間の活動でしたが、3回のトレーニングと試合がU-16タイ女子代表とU-16チョンブリFC女子チームとの2試合。夜のミーティングでも女子ワールドカップの振り返りとサッカーのプレーの原則についての講義、そしてグループワークを行い、とても充実したものとなりました。特に2試合目は、前日にプレーの原則を確認したことで、プレーの選択の基準を明確にしてプレーすることができました。このチームは、プレーで自分の個性を主張出来る選手が揃っているという印象を持っています。守備面に課題のある選手はいるものの、今回の遠征で要求されたことに対して継続して取り組むことで、どんどん良くなっていくと強く感じています。しかし、オフ・ザ・ピッチの取り組みでは、課題が残りました。特に食事に関して、とにかく食べる量が不足していました。提供された食事は予想以上に豊富なメニューでしたが、積極的に手を延ばすことができませんでした。何度も食べることの重要性を説きましたが期間中に大きな変化は見られず、ほとんどの選手は体重が減少したまま帰国を迎えました。また、バスでの移動、トレーニングの準備でも全体的に、これまでになく自主性が低かったように感じました。次回は、日韓交流としてU-14韓国女子代表を迎えてのキャンプになります。オフ・ザ・ピッチの意識を改善することで、オン・ザ・ピッチにより良い影響が見られるキャンプにして欲しいと思います。

FP 野原歩乃果 選手(日テレ・メニーナ)
今回、私は初めての海外遠征でした。慣れない環境の中でもいつも通りのプレーができるように、オフでは自分の体のケアや休養を意識して行動するように心がけました。試合は海外の選手との対戦で、スプリントの違い、体の強さなど日本では体感できないことを身に沁みて感じました。また、トレーニングでは、初めて会う仲間ともコミュニケーションを取り合い、個々の力だけではなく、チームとしてのプレーを意識しました。今回、この遠征のトレーニングや試合を通して、攻守の切り替えの大切さやプレーの原則の重要さを改めて感じました。ボールを奪われたあとのファーストディフェンスなど3秒以内に取り返すことを意識しました。この遠征で学んだことを、チームに持ち帰り、成長していきたいと感じました。

FP 田中聖愛 選手(アルビレックス新潟レディースU-15)
私はこのタイ遠征で、プレー面では、自分の得意なドリブルでたくさんチャレンジすること、ピッチ外ではたくさんの人とコミュニケーションをとることを意識しました。ドリブルについては積極的にチャレンジでき、また、仕掛けるドリブルだけではなく、周りを見て空いているスペースに運ぶドリブルもできたと思います。ただ、パスミスが多く、ドリブルから味方の空いている状態を作ることができたのにパスがずれてしまいチャンスを作りきれなかったり、味方が受けづらいパスになってしまったりしました。今回出たこの課題は、普段のトレーニングから意識していこうと感じました。また、コミュニケーションに関しては、食事の時など自分から積極的に話すなどを心がけました。チームに戻ったら、今回の遠征でできたことは継続して、課題は改善していくようにしていきたいです。

スケジュール

8月24日(土) 7-1 トレーニングマッチ 対 U-16タイ女子代表 @IPE Training Ground
8月25日(日) TBC トレーニング
8月26日(月) 6-0 トレーニングマッチ 対 チョンブリFC(女子) @IPE Training Ground

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー