btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 選手育成 > JFAエリートプログラム > 最新ニュース一覧 > JFAエリートプログラム女子U-13韓国遠征での活動がスタート
NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

ニュース

JFAエリートプログラム女子U-13韓国遠征での活動がスタート

NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

2017年09月03日

JFAエリートプログラム女子U-13韓国遠征での活動がスタート<br>

JFAエリートプログラム女子U-13が、今年二回目となる活動を9月1日(金)から開始しました。今回の韓国遠征はJOC日韓競技力向上スポーツ交流事業の一環で、全国から20名の選手が選抜されました。羽田空港に集合した選手・スタッフはオープニングセレモニーに出席し、その後、株式会社明治による海外での食事に関するレクチャーを受けました。韓国到着後は、パジュナショナルフットボールセンターへ移動。翌日からのトレーニング、試合に備えました。

遠征2日目となる2日(土)は早速、午前に約1時間のトレーニングと20分×2本のトレーニングゲームを行いました。ソウルのオジュ中学校(女子)を相手に、2-0(1-0、1-0)で勝利。翌日からのU-13韓国女子代表との対戦につながる第一歩となりました。

コーチ・選手コメント

轟奈都子 GKコーチ日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ)
最初のミーティングで、キヤノンガールズキャンプからの約束である「観て・感じて・行動する」「失敗を恐れずに積極的に行動する」ことを再確認しました。また今遠征では「自覚と責任」を持って取り組むことをテーマとし、チームのために自分が何をすべきか、何ができるのかを常に考えて行動することを選手たちと共有しました。ほとんどの選手が初めての海外で、不安や戸惑いもある中、移動日である初日は多くの選手が周りの様子を伺いながら行動していました。ミーティングやトレーニングを重ねるにつれて、観て感じて行動しようとする選手やチームのために行動しようと積極的にトライする選手が増え始めてきました。守備をテーマにしたトレーニングの後のトレーニングマッチでは、粘り強い守備が多くみられ、オンザピッチの部分でも前向きに取り組んでいました。選手たちには、なでしこジャパンを目指す選手として、エリートプログラムの活動に参加している選手として、自覚と責任を持って積極的なトライを積み重ねてくれることを期待しています。より充実した6日間となるよう全員で高い意識をもって取り組んでいきます。

大曽根由乃 選手(スフィーダ世田谷FCユース)
今回の遠征場所はのどかな空気で過ごしやすく、韓国の方々の人柄も良くてコミュニケーションをたくさんとっています。2日(土)から本格的なトレーニングが始まり、午前は1対1、2対2、3対3をやりました。「世界と戦う選手になるにはどのような行動、プレーをしたらいいのか」を考え、意識して取り組むことができました。その後、韓国の中学生チームとトレーニングゲームを行いました。練習したことを実際に発揮できるようにプレーをしました。私はセンターバックでプレーし、相手の身長に負けず、トライすることもできました。明日は韓国との試合があります。チームの勝利に貢献できるようにプレーします。この場にいられることに自信を持ちながらも、全国から集まった自分よりはるかに上手い選手たちとサッカーができることに感謝して残りの四日間を過ごしていきたいです。

大山愛笑 選手(日テレ・メニーナ)
トレーニングの最初はうまく声を出すことができず、みんな少し静かでしたが、やっていくうちにだんだん慣れてきて声を出せるようになりチームの雰囲気も良くなりました。トレーニングゲームでは2本目からのスタートでした。1本目の選手たちにみんなで声かけができていて、良かったと感じました。ピッチに立った時は声出しや動くということを自分の中で意識しました。チームでは、パスのスペードを速くし、攻守の切り替えを速くすることが共通理解でした。攻撃では、ゴール前の人数が少なく、チャンスを作ることができませんでしたが、終盤はみんなが前に行く気持ちがあって得点を取り勝つことができました。ただ、パスのスピードが遅くてインターセプトされたり、セットプレーやGKがキャッチした時の切り替えをもっと速くして、ボールを持っている時間を増やし得点につなげていきたいです。今日の課題をしっかりと意識しながら、今後につなげられる試合にしたいです。

榊原琴乃 選手(常葉大学附属橘中)
今日から本格的なトレーニングが始まり、プレーを合わせていかなければいけない中で、初戦にしてはみんなで目標を意識しながら良いプレーができたと思います。球際の強さが課題ですが、ボールに強くいき1対1や連動でボールを奪えたこと、攻守の切り替えを速くできたところが良かったです。その一方で、ゴール前で関わる人数が少なく、パスの精度や個人の技術でもたくさんの課題が見つかりました。午後は、課題として出てきた個人の技術面をテーマにトレーニングをしました。パス&コントールなどの基礎を重点的に磨きました。最後の紅白戦では、少しですがトレーニングでやったことを活かすことができたと思います。次は韓国代表との試合があります。今日の試合やトレーニングの反省を活かして、自分のプレーを最大限に発揮し、チームで協力しながら勝てるよう頑張ります。

スケジュール

9月2日(土) AM/PM トレーニング
9月3日(日) AM/PM トレーニング/ゲーム vs U-13韓国女子代表
9月4日(月) AM/PM トレーニング/文化交流
9月5日(火) AM/PM トレーニング/ゲーム vs U-13韓国女子代表

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
選手育成
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP