btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 選手育成 > JFAエリートプログラム > 最新ニュース一覧 > キヤノン ガールズ・キャンプ JFAエリートプログラム女子U-13 トレーニングキャンプ 3日目は雨の中でトレーニング

ニュース

キヤノン ガールズ・キャンプ JFAエリートプログラム女子U-13 トレーニングキャンプ 3日目は雨の中でトレーニング

2017年05月14日

キヤノン ガールズ・キャンプ JFAエリートプログラム女子U-13 トレーニングキャンプ 3日目は雨の中でトレーニング

3日目を迎えたキヤノン ガールズ・キャンプは、朝から生憎の雨模様。そのため、夜に実施するプログラムを午前に実施するなど、スケジュールを変更してメニューを消化しました。

午前は強い雨の影響で急遽予定を変更し、「キヤノンプログラム」の夢シートを記入。選手たちは自分自身と向き合い、「キヤノン ガールズキャンプに参加して良かったこと」「将来の夢」「10年後の自分へのメッセージ」をシートに書き込みました。その後、帯同ドクターによる「サッカーと怪我」についてセミナーを実施。RICE処置の講義後、実際に選手間でアイシングを行うなど応急処置の基本知識を学びました。

午後は雨も止み、グラウンドでトレーニングを行い、各グループ「ポゼッション」に主眼を置いたメニューを消化。コーチの指示に耳を傾け、集中してトレーニングに臨む選手たちが印象的でした。また、このキャンプには指導者研修会として各地域の女子サッカーに関わる指導者も集まって講義や実技などを行っており、キャンプを通じて女子サッカーにおける育成・強化の方向性の共有を図りました。

緊張もほぐれ、選手間のコミュニケーションも活発になってきたキャンプもあと1日。最終日はゲームを中心としたメニューを予定しており、選手たちは最後まで全力でトレーニングに取組みます。

コーチ・選手コメント

井嶋正樹 ナショナルトレセンコーチ(東海大学熊本)
キヤノンガールズキャンプ3日目の午前中は、大雨の影響によりピッチでのトレーニングから室内でのミーティングへと変更になりました。ミーティングでは、U-17女子ワールドカップのTSGから世界基準のプレーや、日本の特徴や課題を映像を通じて整理することができ、日常のトレーニングがどれだけ重要であるかということが、さらに理解できた時間になったと思います。また、ドクターからは怪我の予防や処置対応についてレクチャーしていただき、選手たちも自身の身体について改めて考える良い機会になったと思います。午後はポゼッションをテーマにトレーニングしました。昨日まで積み上げたトレーニングテーマを意識して、新たなテーマにチャレンジしてくれたことにより、より良いトレーニングになったと思います。明日の最終日は試合形式のトレーニングになりますので 、今日までに積み上げたことを積極的に発揮してもらいたいと思います。

林愛花 選手(JFAアカデミー福島)
キヤノンガールズ・キャンプも残り1日となりました。雨により午前はピッチでサッカーはできませんでしたが、その分、私達がまず目指すU-17日本女子代表の戦術を知り、世界の選手のレベルを知ることで、午後からのトレーニングで意識しながらプレーすることができました。テーマは「ポゼッション」で、ゴールに向かうことに対して、どう準備すればいいのか、そして体の向きやファーストタッチを工夫することで、よりゴールに近くいけることなど自得しました。この3日間に与えられたテーマと新しいテーマ、両方意識しながらプレーするのは、とても難しかったですが、その中でレベルが高いトレーニングができて、とても良い経験になりました。(今後も)考えながらプレーすることを意識していき、身につけていきたいです。オフの場面では、「エリートキャンプ」のエンブレムをつけていることに対して、「自覚」と「責任」を持たないといけないということを、改めて実感しました。誤りはこれからしっかりと修正して、明日は悔いのないゲームをしてエリートキャンプをやりとげたいです。

森田千尋 選手(高知学園女子/JFAアカデミー今治)
今日の午前中のトレーニングは、雨で中止になり、そのかわりにレクチャーがありました。レクチャーで教わったことは、サッカーのトレンドやRICE(RがRest=安静、IがIce=冷却、CがCompression=圧迫、EがElevation=挙上)等についてでした。そして午後は晴れたのでトレーニングを行いました。今回のテーマは「ポゼッション」でした。昨日までの練習のテーマや今日のテーマを選手一人一人が意識して出来ました。体を相手とボールの間に入れる前に、自分の体の軸がぶれないように意識して守備をしたりしました。攻撃の面では、みんながボールに関わりシュートまでいけました。明日はチーム対抗戦があるので、これまでのテーマを皆、一人一人意識し、力を合わせて、試合終了の笛が鳴り終わるまで、全力で頑張っていきたいです。

林織羽 選手(ASハリマアルビオンユース/JFAアカデミー堺)
エリートプリグラムも残り1日です。今日まで行ったテクニック、守備・ポゼッションのプログラムでは、最後まで力強くやり遂げました。そして明日するフィニッシュでは、今日までトレーニングしてきたテクニック、守備、ポゼッションも意識していきたいです。このエリートプリグラムで身につけた、動きながらトラップすることや、ボールが出た瞬間に厳しく守備をする、相手のポジションとボールとゴールを意識してポゼッションすること、明日トレーニングするフィニッシュもプログラムが終わった後も続けていきます。そしてこのエリートプログラムでトレーニングしたことが、よりレベルアップしているように、またレクチャーでコーチが言われた、世界基準でサッカーができるように、日々努力します。

スケジュール

5月11日(木) PM フィジカル測定/トレーニング/レクチャー
5月12日(金) AM
PM
レクチャー/トレーニング
トレーニング/レクチャー
5月13日(土) AM
PM
トレーニング
トレーニング/レクチャー
5月14日(日) AM ゲーム

特別協賛

キヤノン株式会社

アーカイブ
選手育成
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP