JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 社会貢献活動 > JFAこころのプロジェクト TOP > 最新ニュース一覧 > JFAこころのプロジェクト「ZOJIRUSHIユメセンサーキット2019」参加小学校募集中

ニュース

JFAこころのプロジェクト「ZOJIRUSHIユメセンサーキット2019」参加小学校募集中

2019年01月30日

JFAこころのプロジェクト「ZOJIRUSHIユメセンサーキット2019」参加小学校募集中

日本サッカー協会は、7回目となる「ZOJIRUSHIユメセンサーキット」を全国10カ所で開催します。

「ZOJIRUSHIユメセンサーキット」は、JFAこころのプロジェクトの支援企業である象印マホービン株式会社の協賛で行われている「夢の教室」で、現在、同教室を開催する小学校を募集しています。

開催概要及び、募集要項は以下の通りです。希望される学校は下記の募集概要をお読みの上、お申し込みください。

ZOJIRUSHIユメセンサーキット2019開催概要

内容:
小学5年生(クラス単位)を対象とした「夢の教室」

対象:
全国の小学校 最大10校(1日2回、最大20回)

開催時期:
2019年4月下旬~9月(予定)

主催:
公益財団法人 日本サッカー協会

協賛:
象印マホービン株式会社

後援:
朝日小学生新聞

募集概要

応募対象:
全国の小学校(「夢の教室」を担当される代表者のお名前でご応募ください)

募集期間:
2019年1月21日(月)~3月1日(金)

※最終日17:00必着

応募先:
ユメセンサーキット事務局

応募方法:
所定の応募用紙に必要事項を記入し、事務局宛にFAX(06-6201-9303)または、郵送で申し込み

※応募用紙はHPよりダウンロード、もしくは事務局に電話・FAX・郵送・e-mailにて請求

選考方法:
応募校の中から、主催者が開催校を決定し、発表・通知

応募申し込みはこちら(象印マホービン株式会社公式サイト)

「夢の教室」

日本サッカー協会(JFA)の「JFAこころのプロジェクト」の活動で、各地の小・中学校の正課で実施している授業です。2007年に本格的にスタートし、これまでに13,000回を超える夢の教室を行ってきました。
クラスを受け持つ先生を「夢先生」といい、現役サッカー選手やプロ野球選手、プロテニスプレーヤーをはじめ、各競技のオリンピアン、パラリンピアン、そのOB・OG、さらにはアナウンサーやタレントなど多くの人材が名を連ねています。
授業は「ゲームの時間」と「トークの時間」から成り、「ゲームの時間」ではさまざまなゲーム(運動)を楽しみながら、ルールを守ることや力を合わせて目標を達成することなどを学びます。「トークの時間」は夢先生がこれまでの自身の経験を語り、子どもたちに夢について考えてもらう時間です。いつ、どんな夢を持ち、それを叶えるためにどういう努力をしてきたか、誰の言葉に勇気づけられたかなど、目標に向かって歩んできたそのプロセスを語ります。

詳しくはこちら

アーカイブ
社会貢献活動
NEWS メニュー
  • JFAこころのプロジェクトトップ
  • JFAこころのプロジェクトとは
  • 「夢の教室」概要
  • 夢先生の紹介
  • 実施一覧
  • 「夢の教室」実施自治体
  • プロジェクト支援企業・団体
  • JFAの理念

    サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
    人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

    JFAの理念・ビジョン・バリュー