JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 社会貢献活動 > ピンクリボン

日本サッカー協会(JFA)は、一般社団法人日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)と共に、乳がんの啓発活動である「ピンクリボン運動」に賛同し、「ピンクリボン月間」となる10月に行われる各種事業において同活動の啓発に取り組んでまいります。

JFAは「世界のなでしこになる」というなでしこvisionの下、日本サッカーに関わるすべての人々と共有し、遂行する目標を定め、日本女子サッカーのさらなる発展に向けて取り組んでいます。 そして、女子サッカーを通じて女性が輝く社会を実現させたいと考えています。こうした取り組みの一環としてJFAは2019年からピンクリボン運動に参画し、乳がんに対する社会の関心を高めるべく、啓発活動などを行ってきました。

今年は、10月18日(日)のJFAガールズフェスティバル(高円宮記念JFA夢フィールド)や同日に全国で開催されるなでしこリーグの各試合会場で上記のバナーを掲出するほか、選手と審判員がピンクのアームバンドを着用して啓発活動に努めます。

さらに、公益財団法人日本対がん協会の協力の下、なでしこリーグ所属クラブの選手に対するオンライン形式の勉強会に加え、フェスティバル会場ではパンフレットやバッジといった啓発アイテムの配布、マネキン触診体験など、より専門的な知見を得てこの問題に取り組みます。

ごあいさつ

田嶋 幸三 公益財団法人日本サッカー協会 会長 田嶋 幸三

WEリーグの「Women Empowerment」にあるように、私たちは女子サッカーを通じて女性の社会進出や女性が輝く社会を推進したいと考えています。女性活躍社会の実現には、全ての女性が心身ともに健康で、生き生きと活動できる環境を広げることが大切です。JFAは女子サッカーを通じて乳がんに対する理解を促進すべく、今年も「ピンクリボン月間」の啓発活動を行ってまいります。





今井 純子 公益財団法人日本サッカー協会 女子委員長 今井 純子

JFA女子委員会では、なでしこvisionで目標に掲げる「女性が輝く社会の実現」のために、サッカーを通じて様々な女性支援に取り組みたいと考えています。今年は、2021年秋のWEリーグ開幕を見据え、女性リーダーシップ研修やAssociate-Proライセンス講習会を開設、具体的な女性活躍支援に着手しました。このピンクリボン運動を通じて、男女を問わず多くの方が乳がんという女性特有の病気に関心を持ち、この問題に向き合うきっかけとなることを願っています。




岩上 和道 一般社団法人日本女子サッカーリーグ 岩上 和道

なでしこリーグの選手はその多くが20代、30代ということで、乳がんを心配する年齢層ではないかもしれません。しかし、他人事として横に置くのでなく、正しく理解して正面から向き合い、自分なりに考えて行動に移していく、そんなきっかけにしてほしいと思います。女子サッカー選手が社会との接点を大事にしながら、日本の輝く女性の象徴になれるように、この取り組みに関わって頂きたいと思います。




ごあいさつ

田嶋 幸三

公益財団法人日本サッカー協会 会長 
田嶋 幸三

WEリーグの「Women Empowerment」にあるように、私たちは女子サッカーを通じて女性の社会進出や女性が輝く社会を推進したいと考えています。女性活躍社会の実現には、全ての女性が心身ともに健康で、生き生きと活動できる環境を広げることが大切です。JFAは女子サッカーを通じて乳がんに対する理解を促進すべく、今年も「ピンクリボン月間」の啓発活動を行ってまいります。

今井 純子

公益財団法人日本サッカー協会 女子委員長 今井 純子
JFA女子委員会では、なでしこvisionで目標に掲げる「女性が輝く社会の実現」のために、サッカーを通じて様々な女性支援に取り組みたいと考えています。今年は、2021年秋のWEリーグ開幕を見据え、女性リーダーシップ研修やAssociate-Proライセンス講習会を開設、具体的な女性活躍支援に着手しました。このピンクリボン運動を通じて、男女を問わず多くの方が乳がんという女性特有の病気に関心を持ち、この問題に向き合うきっかけとなることを願っています。

岩上 和道

一般社団法人日本女子サッカーリーグ 
岩上 和道

なでしこリーグの選手はその多くが20代、30代ということで、乳がんを心配する年齢層ではないかもしれません。しかし、他人事として横に置くのでなく、正しく理解して正面から向き合い、自分なりに考えて行動に移していく、そんなきっかけにしてほしいと思います。女子サッカー選手が社会との接点を大事にしながら、日本の輝く女性の象徴になれるように、この取り組みに関わって頂きたいと思います。

乳がんとは

乳がんは、女性が患うがんの中で最も多いがんで、年間1万4千人以上の方が亡くなっています。2018年のデータでは、女性全体の部位別がん死亡数では5位ですが、年代別に見ると25歳から64歳では1位になります。 また、年々その数は増えています。乳がんは、早期発見が重要で、早期に見つかれば比較的治りやすいがんです。
(公益財団法人日本対がん協会公式Webサイトより引用)

― 乳がんを知ろう! -

乳がんの基礎知識(日本対がん協会)
『もっと知りたい乳がん』(日本対がん協会)

よみもの

イベント

過去の取り組み

2019年、ピンクリボン月間である10月になでしこジャパンが初めてピンクリボン運動に参加しました。選手やスタッフは、女性の健康を願いピンクリボン運動に賛同の意を表するため、ピンク色のリボンやブレスレットを付けて活動に臨みました。詳しくはこちら

また、同月にIAIスタジアム日本平で行われたカナダ女子代表戦では、スポンサー各社のピッチ看板がピンクに染められたほか、選手たちが着用したユニフォームの背番号も特別仕様でピンク色が採用されました。

日本対がん協会

PARTNER

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー