btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 社会貢献活動 > ONE GOALキャンペーン

ONE GOALキャンペーン

「ONE GOALキャンペーン」とは

ONE GOALキャンペーン

アジアの5歳未満の子ども3億5000万人のうち4分の1は低体重で、1億人が発育不良です。アジアの子どもたちがより良い食生活で、成長に必要な栄養を適切に摂取し、健やかに成長するため、ONE GOAL キャンペーンでは、アジアにいる14億人のサッカーファンとともに、各国政府、企業、市民社会と協力しながら、子どもたちの健康で活動的なライフスタイルが実現することを目指します。

名称:ONE GOALキャンペーン
主催:公益財団法人 日本サッカー協会(JFA)
協力:特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)
親善大使:北澤豪氏(JFA理事)、高倉麻子氏(なでしこジャパン(日本女子代表)監督)

「ONE GOAL」を知っていますか?

「ONE GOAL」を知っていますか?

「ONE GOAL」とは、アジアサッカー連盟(AFC)が「アジアのすべての子どもに栄養を」という“ワンゴール”に向かって実施している社会貢献活動です。

アジアには、栄養不良(栄養が足りない、または、栄養が多すぎる)の子どもが5億6,300万人もいます。アジアの子どもたちがより良い食生活で、健やかに成長するため、「ONE GOAL」では、アジアにいる14億人のサッカーファンとともに、各国政府、企業、市民社会と協力しながら、子どもたちの健康で活動的なライフスタイルが実現することを目指しています。

公益財団法人日本サッカー協会(JFA)と国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンが協力し、サッカーを通して、アジアと日本の子どもたちの栄養改善を目指し啓発活動を実施しています。

中西哲生さんからも応援メッセージをいただきました

中西哲生さんからも応援メッセージをいただきました

プロサッカー選手に限らず、サッカーをしている人すべてにとって、「食べる」ことはとても重要です。
「You are what you eat.」という言葉を、ご存じでしょうか。
これは、「あなたは、あなたが食べるものでできている」といった意味の言葉です。
あなたが口にするものについてより深く知ることで、効果的に栄養がとれ、しっかりした体づくりにつながると思います。 「きちんと食べる」ことを、ぜひ実践してください。

皆さん、こんにちは、ONE GOAL親善大使の北澤豪です。
私がサッカーを通じて、たくさんのチャンスと世界中に多くの友達(仲間)を得ることができたのは、第一に健康で元気だったからです。
しかし、アジアでは、栄養不良などの問題を抱えながらそのチャンスを獲得する機会すら与えられない子どもたちが多くいます。
日本でもまたそれとは違った食糧問題があります。世界を目指すことも大事ですが、世界は多様だということを知る事が大切です。子どもたちの健康で活動的な生活がおくれる様、栄養改善のゴール(ONE GOAL)を目指そう!

ONE GOAL親善大使
北澤 豪氏(日本サッカー協会理事)

皆さん、こんにちは。ONE GOAL親善大使の高倉麻子です。
日本には、国民一人一人が自分たちの食について考えたり、食に関する様々な知識を身に 付けるための、「食育」という取り組みがあります。
強いサッカー選手になるためには、サッカーの練習だけではなく、しっかりと食べることが大切です。口から摂取した食べ物で身体はつくられているからです。
サッカーは、万国共通のスポーツ。アジアでも、最も競技人口の多いスポーツの一つです。
サッカーを通して食の大切さを学び、一人でも多くの子供たちが健康な生活を送れるよう になってほしいと願っています。

ONE GOAL親善大使
高倉 麻子氏(なでしこジャパン(日本女子代表)監督)

アジアの5歳未満の子ども3億5,000万人のうち4分の1は低体重で、1億人が発育不良です。

日本は、多くの途上国と状況は異なるものの、インスタント食品の日常化や不規則な食生活、格差社会の拡大等により、望ましい栄養摂取できていない子どもたちがいます。

  • バングラデシュバングラデシュ

    世界の中でももっとも栄養状態の悪い国の一つです。未就学児の54%(950万人以上)が発育不良です。

  • ベトナムベトナム

    5歳未満の子どもの3分の1が、慢性的な栄養不足による発育不良です。

  • インドネシアインドネシア

    5歳未満の子どもの36%が発育不良である一方で、12%の子どもが栄養過多です。

  • カンボジアカンボジア

    新生児の1割以上が、2,500グラム未満で生まれてきます。5歳未満の子どもの4割が発育不良です。

  • インドインド

    世界で最も多く(6,100万人)の発育不良の子どもたちがいます。一方で、世界第3位の肥満大国でもあります。

  • パキスタンパキスタン

    58%の世帯が食糧を安定して手に入れることができず、たった3%の子どもしかその年齢に必要な栄養を摂取できていません。

  • ラオスラオス

    4割以上の子どもが発育不良ですが、その割合は北部の高地で一層高く、約6割です。

  • アフガニスタンアフガニスタン

    5歳未満の子どもの約4割が発育不良です。

  • フィリピンフィリピン

    400万人の未就学児が、年齢に対して低体重です。

日本での今後の取り組み

JFAとして日本のサッカー界に対してアジアと日本の子どもたちの栄養改善に関するアドボカシー(啓発)活動を展開し、ワールド・ビジョン・ジャパンの協力のもとアジア各国で栄養改善の事業を実施します。具体的には、主催の競技会での情報発信や、指導者・審判員・選手等を通じた啓発活動等を行います。

「ONE GOALキャンペーン」サイトはこちら
「ワールド・ビジョン・ジャパン」サイトはこちら

ONE GOALキャンペーン

社会貢献活動
関連情報

JFA.jp SITEMAP