JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 最新ニュース一覧 > 柏と青森山田は勝点1を分け合う 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第5節

ニュース

柏と青森山田は勝点1を分け合う 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第5節

2018年05月07日

柏と青森山田は勝点1を分け合う 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第5節

ピックアップマッチ

柏レイソルU-18 1-1(前半1-1、後半0-0)青森山田高校

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグEASTは5月6日(日)に第5節を開催し、柏レイソルU-18(千葉)と青森山田高校(青森)が対戦しました。

青森山田は「開始15分は勢いよく行こう」という黒田剛監督の指示どおり、試合開始直後から猛攻を仕掛けると、その勢いが奏功してPKを獲得します。このPKをMF檀崎竜孔選手(#10)が冷静に決めて、青森山田が先制点を奪いました。その後も風上に立った青森山田は、前線からの迫力あるプレスで柏に自由を与えず、攻撃では左サイドの檀崎選手を起点に、FW佐々木銀士選手(#9)、FW小松慧選手(#13)のDFラインの背後を突く動きから柏のゴールを脅かしました。

ただ、この試合は「アタッカー陣の調子が良かったので、彼らを起用するために4-4-2で臨みました」と柏の山中真監督が振り返ったように、FW森海渡選手(#9)、FW正田徳大選手(#11)、FW鵜木郁哉選手(#12)、FW細谷真大選手(#14)、4人のFW登録選手を並べる柏が徐々に持ち味のパスワークを生かして青森山田のプレスをかわし、主導権を奪い返します。40分にはMF山下雄大選手(#7)を起点に左サイドから攻撃を仕掛け、MF小野寺巧選手(#6)のスルーパスに抜け出した細谷選手がGKとの1対1を制して同点ゴールを決めました。

後半は、前半終了間際に追いついた柏が、風上に立った勢いも利用してペースを握りました。パスをつなぎながら相手の陣形へ入っていく遅攻と、正田選手と鵜木選手の両サイドを使った縦に速い攻撃を使い分け、セカンドボールを回収しては何度も厚みのある攻撃を繰り広げていきます。中でも存在感が際立っていたのが森選手です。67分と85分にはペナルティーエリア内での巧みな仕掛けから決定的なシュートを放ちますが、それぞれポストとバーを直撃し、得点には至りませんでした。

試合終了間際にもセットプレーのチャンスを得た柏でしたが「あそこで決めていれば勝点3が入ったので、そこで決められなかったのは普段の練習で足りないところがあったからだと思います」とDF杉井颯選手(#4)が悔やんだように、逆転を狙ったヘディングシュートはわずかに枠を逸れました。

一方、後半の青森山田は「ミスも多くて、連係も取れず、相手の流れとなる時間帯が多くて、自分たちのペースをつかめなかった」(三國ケネディ エブス選手/DF #5)と苦しい時間帯が続きました。それでもショートカウンターとセットプレーから少ないながらもチャンスをつくりましたが、63分のCKから生まれたビッグチャンスでは、DF豊島基矢選手(#3)のシュートは左ポストを逸れ、青森山田も決定機を生かせません。

結局両者ともにチャンスで決めきれませんでしたが、互いに持ち味を発揮した見応えのある攻防を繰り広げた結果、試合は1-1の引き分けに終わりました。

監督・選手コメント

山中真 監督(柏レイソルU-18)
今日は調子の良い選手がピッチに立つという考えのもと、アタッカー陣の調子が良かったので、彼らを起用するために4-4-2で臨みました。立ち上がりにPKで失点してしまいましたが、前半のうちに追いつき、後半は狙いどおりの攻撃ができたと思います。シュートがポストやバーに当たる不運もありましたが、森海渡が自分で運んでいってシュートまでいく形を見せてくれたのは彼の成長を垣間見ることができたと思います。ここまでの3試合と同じように、今日も内容的には悲観するものではなく、自分たちのやりたいことはおおよそ選手たちはやってくれています。ただ、ちょっとしたところで勝点を失っているのでそこを修正していきたいと思います。

DF #4 杉井颯 選手(柏レイソルU-18)
また僕が失点に絡んでしまいました。(PKを与えてしまった)ああいうところでファウルをしないで奪えるか、そこは自分自身の課題だと思います。でも前半のうちに同点に追いついて、後半は何度もチャンスがありました。僕も最後のセットプレーではチャンスがあったので、あそこで決めていれば勝点3が入ったので、それで決められなかったのは普段の練習でも足りないところがあったからだと思います。ああいうところで決められる選手になりたいです。

黒田剛 監督(青森山田高校)
先制点は一つの鍵だったので、開始15分は勢いよく行こうと試合に入りました。柏はかなりポゼッションのうまいチームなので、前からプレスに行こうというプランで入りました。運良く点が取れたので、その状況を維持できればよかったですけど、守備コンセプトが明確に表現されておらず、そのマークのズレから同点にされてしまいました。その後もリスタートやショートカウンターで何度かチャンスはありましたが、そこで取り切れませんでした。これはここ3試合ずっとそうなんですが、決定力のところが課題だと思います。

DF #5 三國ケネディ エブス 選手(青森山田高校)
個人としてもチームとしても全然動けていませんでした。ミスも多くて、連係も取れず、相手の流れとなる時間帯が多くて、自分たちのペースをつかめなかったことが勝てなかった要因だと思います。今日の試合も(ゴールを)決められるところで決めていれば勝てる試合でした。そういったゲームが3試合も続いています。今日の試合で言うならば、後ろの選手が失点をしなければ、1-0で勝てていたとも思います。なので、失点をゼロに抑えることが必要でした。

その他の試合結果

浦和レッドダイヤモンズユース 2-1(前半2-0、後半0-1)富山第一高校
流通経済大学付属柏高校 3-1(前半2-1、後半1-0)FC東京U-18
鹿島アントラーズユース 1-0(前半1-0、0-0)清水エスパルスユース
ジュビロ磐田U-18 1-0(前半0-0、後半1-0)市立船橋高校

浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)と富山第一高校(富山)の一戦は、浦和が前半に岡村勇輝選手(FW #7)と波田祥太選手(FW #17)のゴールで2点をリードします。富山第一も80分に小森飛絢選手(FW #10)の得点で1点差に詰め寄りますが、試合は2-1で浦和が勝利しました。ホームにFC東京U-18(東京)を迎えた流通経済大学付属柏高校(千葉)は、中井颯人選手(MF #6)のゴールで先手を取ります。一時は同点とされますが、2点を追加し、3-1で勝点3を手にしました。首位の鹿島アントラーズユース(茨城)は、清水エスパルスユース(静岡)と対戦。前半の小沼樹輝選手(MF #8)のゴールを守り抜き、鹿島は5戦全勝で第1クールを終えました。市立船橋高校(千葉)と対戦したジュビロ磐田U-18(静岡)は、互いにスコアレスで迎えた58分に岩元ルナ選手(MF #7)にゴールが生まれ、1-0でプレミアリーグ初勝利を挙げました。

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

EAST 第6節

2018年6月23日(土)
15:00 清水エスパルスユース vs FC東京U-18(エスパルス三保グラウンド)

2018年6月24日(土)
11:00 市立船橋高校 vs 鹿島アントラーズユース(船橋市法典公園(グラスポ) 球技場)
11:00 青森山田高校 vs ジュビロ磐田U-18(青森山田高校グラウンド)
16:00 柏レイソルU-18 vs 富山第一高校(日立柏総合グラウンド(人工芝))
17:00 浦和レッドダイヤモンズユース vs 流通経済大学付属柏高校(船橋市法典公園(グラスポ) 球技場)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー