JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 第4回みんなが選ぶ高円宮杯プレミアリーグベストゴール賞
高円宮杯U-18サッカーリーグ2017
高円宮杯U-18サッカーリーグ2017

第4回みんなが選ぶ高円宮杯プレミアリーグベストゴール賞

第4回みんなが選ぶ高円宮杯プレミアリーグベストゴール賞

投票は終了いたしました。
たくさんの投票ありがとうございました。

出場20チームが選出した自チームのベストゴール動画(エントリーNo.1~20)の中から、得票数により20ゴールの中からプレミアリーグのベストゴールを決定いたしました。

順位チーム名得票数
1ジュビロ磐田U-186,532回
2京都サンガF.C.U-186,133回
3鹿島アントラーズユース2,458回
実施期間 2018/11/27(火)~12/13(木)17:00
発表 12/15(土)の高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 ファイナル当日、ハーフタイムに会場内にてベストゴールを発表します。
賞品 「ベストゴール受賞チーム」に下記をプレゼント
投票方法
・投票は1日1回までとなります。
・各投票ボタンを誤って押した場合や「Twitterで投票する」ボタンを押した後にツイートしなかった場合も、投票数に加算されますのでお気をつけください。
・会社や学校、ご自宅など、同一のIPアドレスを使用している環境からの投票は1回とカウントされ、その日中は同一IP内の他の方の投票が行えなくなります。予めご了承ください。

EAST

  • エントリー No.1
    青森山田高校

    第1節 vsFC東京U-18(43分)

    開幕戦最初のゴールとなった、この思い切りのいいシュートからの得点がチームに勢いと自信をもたらした。

    得点者:9 佐々木 銀士常にチームの攻撃の起点となり、空中戦での強さや、高い決定力が売りのストライカー。

  • エントリー No.2
    鹿島アントラーズユース

    第11節 vs柏レイソルU-18(64分)

    得意の左足でのニアの上を抜いたミドルシュート。2対1で迎えた後半20分の貴重な追加点。

    得点者:7 佐々木 翔悟左足でのクロス、セットプレーからのプレースキック、シュートが得意。

  • エントリー No.3
    浦和レッドダイヤモンズユース

    第7節 vsFC東京U-18(63分)

    前半2点のビハインドを背負いながら、引き分けに持ち込んだFC東京戦。反撃の狼煙となった後半の1点目。池高のクロスに波田がニアで“ピタリ”と合わせた!

    得点者:17 波田 祥太体格を活かしたポストプレーやゴール前への飛び込みが特徴。献身的な守備でもチームに貢献する。

  • エントリー No.4
    市立船橋高校

    第12節 vs浦和レッドダイヤモンズユース(57分)

    戦術的変更を行い、チームの方向性、形がこの試合を契機に定まっていった象徴的なゴール。

    得点者:12 西堂 久俊左利きで、スピード、サイズ、テクニックに優れる。切り替え、連続性を身につけ、ハードワーク出来るようになって欲しい。

  • エントリー No.5
    柏レイソルU-18

    第13節 vs市立船橋高校(34分)

    チームとして共有してきた形。攻守の切り替え時に相手を上回るスプリントで出ていけた。ランニングのコースもゴールに向かっており、タイミングも良かった。

    得点者:11 正田 徳大スピードに乗った縦への突破を武器に、タイミングの良い裏への飛び出しで点も取れるサイドアタッカー。

  • エントリー No.6
    流通経済大学付属柏高校

    第6節 vs浦和レッドダイヤモンズユース(6分)

    インターハイ予選敗退のショックから立ち直る値千金の決勝ゴール。華麗で技術的に高い得点ではないが、流経のプレッシングならではの得点。

    得点者:9 岡本 竜高い技術としなやかなプレーが特徴だが、スピードやヘディングの強さも併せ持ち、ボランチからFWまで幅広くプレーできる貴重な選手。

  • エントリー No.7
    FC東京U-18

    第7節 vs浦和レッドダイヤモンズユース(40分)

    ピッチ中央の2本の縦パスで相手を崩し、ゴールへの最短経路で得点となったサッカーの本質を体現した見事なゴール。

    得点者:11 今村 涼一ザ・ゴールハンター。荒削りながらも、切れのあるドリブルからの鋭いシュートが持ち味のセンターフォワード。

  • エントリー No.8
    富山第一高校

    第15節 vs柏レイソルU-18(32分)

    不屈の精神でボールをつないだカウンターアタック。最後は魂のこもったミドルシュート。これぞゴラッソ!

    得点者:25 加治 駿佑複数のポジションを高い水準でこなすハードワーカー。誰からも愛されるプレイヤー。

  • エントリー No.9
    清水エスパルスユース

    第3節 vs柏レイソルU-18(88分)

    試合終盤でのチーム全員の勝ちたいという気持ちから生まれた勝ち越しゴール。

    得点者:19 山崎 稜介得点嗅覚を持ち、ゴール前での駆け引きやシュート技術も高く、試合を決定づけるゴールを奪える選手。

  • エントリー No.10
    ジュビロ磐田U-18

    第5節 vs市立船橋高校(58分)

    ジュビロU-18として初のプレミア・初勝利・初得点とクラブの歴史に残るゴールとなりました。

    得点者:7 岩元 ルナスピードの乗ったドリブルで攻撃の起点となっている!

WEST

  • エントリー No.11
    名古屋グランパスU-18

    第13節 vs東福岡高校(78分)

    チームで大切にしている止める・蹴る・運ぶ・外す・ボールに寄るが結実して生まれたゴール。

    得点者:27 榊原 杏太ボールを受けることに対して全く恐れのないサッカー少年。

  • エントリー No.12
    京都サンガF.C.U-18

    第14節 vs阪南大学高校(90+2分)

    追いつかれた直後のCKでの逆転弾。選手の勝利への思いが強い得点、次につながる値千金のゴール。

    得点者:7 江川 慶城とてもリーダーシップがあるCB。オン、オフ共に統率力があり、チームに貢献し続ける選手。

  • エントリー No.13
    阪南大学高校

    第2節 vs名古屋グランパスU-18(77分)

    難しい体勢からのゴラッソ。

    得点者:6 和田 育貪欲にゴールを狙うFW。キャプテンとしてチームを引っ張る。

  • エントリー No.14
    ガンバ大阪ユース

    第10節 vs名古屋グランパスU-18(41分)

    常にゴールを狙い高い技術を持つ原田らしい一撃。約45mの美しい甲を描いたスーパーゴール。

    得点者:14 原田 烈志絡み良し。フィニッシュ良し。様々な形から得点できる器用なFW。チーム得点王。

  • エントリー No.15
    セレッソ大阪U-18

    第5節 vs名古屋グランパスU-18(10分)

    プレスから素早い攻撃で、セレッソ大阪のスタイルを象徴するゴール。

    得点者:9 根木 洸希今シーズンはキャプテンを任され、チームの先頭に立って闘っている。

  • エントリー No.16
    ヴィッセル神戸U-18

    第1節 vsサンフレッチェ広島(84分)

    激しい攻防の中、引き分けで終了するかと思われた終盤に右サイドを駆け上がり、ゴール左隅へ流し込むシュートで勝利を引き寄せた!

    得点者:9 小田 裕太郎スピードに乗ったドリブル突破で相手DFを翻弄し、左右両足で強いシュートが打てるアタッカー。

  • エントリー No.17
    米子北高校

    第6節 vs名古屋グランパスU-18(80分)

    ハーフウェーラインから独走。そして、PA外から右足を振りぬいたファインゴール。

    得点者:11 原田 海スピードと緩急をつけたドリブルで相手を翻弄する2年生アタッカー。

  • エントリー No.18
    サンフレッチェ広島F.Cユース

    第2節 vsガンバ大阪ユース(56分)

    前半に2点を先制された展開。2点のビハインドの状況からのゴール、チームに2-2に追いつく勢いを与えたゴール。

    得点者:14 大堀 亮之介豊富な運動量と緩急のドリブルからの突破が持ち味、2列目からの飛び出しでゴールに絡むことが出来る選手。

  • エントリー No.19
    アビスパ福岡U-18

    第12節 vs阪南大学高校(52分)

    絶対に負けられない試合で、セットプレーから試合を決定づけるミドルシュート!

    得点者:2 坂口 翔太サイドでのアップダウンを精力的にこなしクロスボールでチームに貢献する選手。

  • エントリー No.20
    東福岡高校

    第1節 vs京都サンガF.C.U-18(8分)

    プレミア開幕前のチームの不調を吹き飛ばし、プレミア開幕好スタートを切るきっかけとなったゴール。

    得点者:17 吉岡 幸陽小柄だが、テクニックがあり、相手が嫌がるプレーをする選手。口数は少ないが、プレーでチームを鼓舞する。

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー
Tweet