JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 広島が阪南大を破り、連勝! 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第4節

ニュース

広島が阪南大を破り、連勝! 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第4節

2018年04月30日

広島が阪南大を破り、連勝! 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第4節

ピックアップマッチ

阪南大学高校 0-3(前半0-1、後半0-2)サンフレッチェ広島F.Cユース

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWESTは4月29日(日)に第4節を開催し、阪南大学高校(大阪)とサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)が対戦しました。

試合の主導権を握ったのは、広島でした。開始と共に後方からのロングボールでサイド攻撃を引き出し、阪南大高を押し込むと、3分には「裏へのボールを常に狙っている」と話すDF鈴直樹選手(#5)が自陣から、相手DFの背後にロングボールを配球。フリーで抜け出したMF影山兼三選手(#18)がGKとの1対1を決めて、広島が先制しました。

均衡を崩してからは、人数をかけた守りでサイド攻撃をケアした阪南大高に手を焼きましたが、焦れずに落ち着いたボール回しでゲームをコントロール。守備も「相手は裏に蹴ってくるのは分かっていたので、裏への対応や競った時のカバーを意識した」(鈴選手)ことが奏功し、決定機を与えません。

後半も広島のペースで試合が進み、47分には右CKから、MF松本大弥選手(#4)がヘディングシュートをたたき込みました。以降も高い位置からのボール奪取を狙った阪南大高のプレスをかわし、テンポの良いボール回しからチャンスを作ります。52分には相手DFのクリアミスがゴール前でフリーのFW渡部快斗選手(#9)に渡りましたが、シュートは左ポスト。57分にもMF大堀亮之介選手(#14)の一撃が、クロスバーに直撃するなど試合を決定付ける追加点を奪うことができません。

試合終盤には、「守備に力を入れ過ぎて、攻撃があまりできなかった」(北村隼選手/DF #4)と耐える時間が続いた阪南大高にも好機が訪れます。76分には入ったばかりのMF中村陽紀選手(#13)のスルーパスから、ペナルティーエリアに抜け出したFW和田育選手(#6)がゴールを狙いましたが枠を捉えることができませんでした。ピンチをしのいだ広島は、81分に大堀選手がダメ押しとなるゴールを奪い、3-0で試合を終えました。

監督・選手コメント

濱田豪 監督(阪南大学高校)
0-1というスコアは自分たちにとってチャンスだと思っているので、立ち上がりの失点は気にしていませんでした。相手のロングボールに対する対応も伝えており、前半の出来は悪くなかったのですが、後半の入りに与えた2失点目が痛かったです。試合終盤に和田が迎えたようなチャンスをつくることができれば、0-1という状況で(終盤を)迎えるのが理想的な展開。狙い通りの試合展開に持ち込まないと、勝点は積めないので、もっと徹底していきます。

DF #4 北村隼 選手(阪南大学高校)
立ち上がりに失点してからはチーム全体で連続失点は避けようと考えていたので、得点は取れなくても1失点で抑えようと気持ちを切り替えました。後半は前から奪えるチャンスがあれば奪おうと指示を受けたのですが、暑さのせいか、思っていた以上に運動量が少なく、ボールを奪いきることができませんでした。広島は個々の能力が高く、チーム全員の動きが統一されているように感じました。トラップやパスなど一つひとつのプレーが上手かった相手に対し、僕たちはミスが多かったように感じます。

沢田謙太郎 監督(サンフレッチェ広島F.Cユース)
相手DFの裏を攻めようと考えていたので、うまく先制点が取れて良かったです。この2試合は、失点が続いていたので、ロングボールのこぼれ球から、カウンターを受けないように警戒していました。今日も2点差にしてからピンチを作られてしまったので、もっと上手く守れるようになりたいです。(大堀)亮之介と(影山)兼三が点を取ったり、トレーニングの中でも、FWの存在感が出てきました。チャンスメークに関しても、ビルドアップと長いボールを織り交ぜた攻撃ができるようになっているので、質を上げていきたいです。

DF #5 鈴直樹 選手(サンフレッチェ広島F.Cユース)
今季は無失点で終えた試合が無かったので、今日は失点しないことを意識して試合に挑みました。前半は相手が引いていたので、DFラインが高い位置をとって、ボールを回せばチャンスがつくれると思っていました。終盤は危ない場面もありましたが、それ以外のピンチは抑えることができました。ミスも少なく良い試合ができたので、次の試合につなげたいです。開幕からの2試合は勝てませんでしたが、ここから負けないよう頑張ります。トップチームも良い状態なので、俺らも勢いに乗っかって、優勝を目指します。

その他の試合結果

セレッソ大阪U-18 5-1(前半3-0、後半2-1)ガンバ大阪ユース
ヴィッセル神戸U-18 4-1(前半1-1、後半3-0)米子北高校
東福岡高校 1-4(前半0-0、後半1-4)名古屋グランパスU-18
アビスパ福岡U-18 3-5(前半1-2、後半2-3)京都サンガF.C. U-18

セレッソ大阪U-18(大阪)とガンバ大阪ユース(大阪)による大阪ダービーは、12分のDF西尾隆矢選手(#13)の得点を皮切りに5点をマークしたC大阪が大勝しました。東福岡高校(福岡)は名古屋グランパスU-18(愛知)から先制点を奪いましたが、終盤の連続失点により、逆転負け。ホームに米子北高校(鳥取)を迎えたヴィッセル神戸U-18(兵庫)は、FW泉柊椰選手(#11)とMF船越大夢選手(#8)が2点ずつ奪い、快勝しています。アビスパ福岡U-18(福岡)とのアウェイゲームに挑んだ京都サンガF.C. U-18(京都)は、FW服部航平選手(#9)が2試合連続でのハットトリックを達成し、5-3で勝利しています。

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

WEST 第5節

2018年5月5日(土・祝)
15:00 ヴィッセル神戸U-18 vs アビスパ福岡U-18(いぶきの森球技場)

2018年5月6日(日)
11:00 サンフレッチェ広島F.Cユース vs 東福岡高校(吉田サッカー公園)
11:00 米子北高校 vs ガンバ大阪ユース(とりぎんバードスタジアム)
13:00 名古屋グランパスU-18 vs セレッソ大阪U-18(トヨタスポーツセンター)
19:00 京都サンガF.C. U-18 vs 阪南大学高校(京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー