JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 最新ニュース一覧 > 鹿島、上海上港と10年ぶり8強入りをかけて対戦~ACLラウンド16~

ニュース

鹿島、上海上港と10年ぶり8強入りをかけて対戦~ACLラウンド16~

2018年05月07日

鹿島、上海上港と10年ぶり8強入りをかけて対戦~ACLラウンド16~

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018は今週からノックアウトステージに入り、東地区は5月8日(火)、9日(水)に第1戦、同15日(火)、16日(水)には第2戦が開催されます。日本から唯一、ラウンド16へ駒を進めた鹿島アントラーズは10年ぶりの8強進出をかけて、昨年ベスト4の上海上港(中国)と9日にホーム、16日(水)にアウェイで対戦します。

4月18日(水)に終了したグループステージから約3週間で、大会はノックアウトステージを迎えました。

4月3日(火)のグループステージ第5節で16強進出を確定させていた鹿島は、同17日(火)のホームでの最終節で水原三星ブルーウィングス(韓国)に0-1で敗れて今大会初黒星を喫し、グループHを2位で突破。その結果、グループFを首位で勝ち抜いた上海上港とラウンド16で対戦することになりました。両者は初の顔合わせです。

上海は、初出場の2016年から3年連続でグループステージを勝ち抜いています。昨季は準決勝で優勝した浦和レッズに接戦の末に2戦合計1-2で敗れたものの、4強入りを果たしました。その前年の大会にはグループステージでガンバ大阪に2勝を挙げるなどでグループ首位を突破して準々決勝まで進出。優勝した全北現代モータース(韓国)に敗れましたが、初出場でベスト8という成績でした。

今季は、グループステージで川崎フロンターレとのアウェイ戦を1-0で勝って波に乗ると、第5節のホーム戦も1-1で引き分けて1位突破を決めました。

国内リーグでも3月の開幕戦から6連勝で、現在も首位をキープしていますが、5月5日(土)までの直近2試合で今季初の2連敗。すでにACLグループステージ突破を決めた後の第6節のアウェイでのメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)戦を1-2で落として以降では、公式戦通算1分け3敗と負けが先行しています。

とはいえ、元代表FWフッキ選手やMFオスカル選手、FWエウケソン選手のブラジル人トリオをはじめ、中盤で攻守の要を務めるウズベキスタン代表MFオディル・アフメドフ選手らが健在。中国代表FW武磊(ウー・レイ)選手は現在中国スーパーリーグで9試合10ゴールを挙げて得点ランクトップの活躍で、隙を与えると危険な選手が揃っています。ACLではオスカル選手が4得点、エウケソン選手が3得点をマークしています。

鹿島MF三竿健斗選手も、「外国人選手の能力が高く、中国選手もいい選手がいる。難しい試合になると思う」と警戒しながら、「1対1など組織力で対応して勝ちたい」と話しています。

鹿島は今季ACLではホーム戦未勝利ですが、5日(土)のJリーグではホームの浦和戦に1-0で勝って2連勝をマーク。後半は相手に押し込まれる場面もありながら、FW金崎夢生選手がPKで奪った1点を守り切る粘り強さを発揮しました。金崎選手は2試合連続得点で、リーグ得点ランク2位の7ゴールを挙げています。

戦力面でも一時はケガ人が相次いで選手起用に苦しみ、MFレアンドロ選手は依然として治療のために戦列を離れていますが、DF西大伍選手やMF遠藤康選手など、徐々に負傷から復帰してきています。

大岩剛監督も、「2連勝はうれしい。戦力が戻ってきて、選手のチョイスには悩むところがある」と話し、「選手はこの連戦の中、非常によく頑張ってくれている。しっかり相手を分析して、総力戦で目の前の試合を戦っていきたい」と語っています。

2002年から始まったACLで鹿島は初年度を含めて今大会で8度目の出場ですが、ベスト8入りは2008年大会のみ。昨年を含めて4大会でラウンド16止まりが続いており、大会方式が異なる2008年大会も含めいずれもノックアウトステージの最初のラウンドで敗れています。

リーグ戦2連勝に貢献したGK曽ヶ端準選手は、「ここを突破できない状況が続いている。まずホームで勝って、突破できるように戦いたい」と意気込みを口にしました。

9日(水)の鹿島対上海上港戦は、カシマサッカースタジアムにて19:00キックオフの予定です。

なお、東地区このほかの組み合わせは、ACL初出場の天津権健が同じ中国で2度のアジア制覇を経験している 優勝の広州恒大と、タイリーグ王者ブリーラム・ユナイテッドは2016年優勝の全北現代 と、また、蔚山現代は水原三星ブルーウィングスとの韓国チーム同士の対戦に臨みます。

ベスト8以降の対戦カードは、ラウンド16第2戦終了後に行われる組み合わせ抽選で決まります。

大会期間:2018年1月30日(火)~2018年11月10日(土)

ラウンド16 第1戦
5/9日(水) 19:00 キックオフ
鹿島アントラーズ(日本) vs 上海上港(中国)
会場:茨城県立カシマサッカースタジアム

ラウンド16 第2戦
5/16(水) 20:00 キックオフ
上海上港(中国) vs 鹿島アントラーズ(日本)
会場:上海体育場

日程・結果など大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー