JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会 TOP > 最新ニュース一覧 > 西大伍選手(鹿島アントラーズ)が出場選手にメッセージ「自分なりの楽しみ方を見つけてほしい」 JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会 後編

ニュース

西大伍選手(鹿島アントラーズ)が出場選手にメッセージ「自分なりの楽しみ方を見つけてほしい」 JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会 後編

2018年12月22日

西大伍選手(鹿島アントラーズ)が出場選手にメッセージ「自分なりの楽しみ方を見つけてほしい」 JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会 後編

JFA 第42回全日本U-12サッカー選手権大会が12月26日(水)に開幕します。ここでは第23回大会に出場した西大伍選手(鹿島アントラーズ)に2018シーズンの振り返り、大会に出場する選手たちへメッセージを送っていただきました。

※このインタビューは12月3日(月)に行いました。

――鹿島に移籍して来て今年で8年目です。2011年に来たときと、今ではやっていることが全く違うように見えるのですが?

西 ぜんぜん違いますね。試合に出続けられているというのもあるし、あとはタイミングや運もあると思います。2年前のFIFAクラブワールドカップでレアル・マドリード(スペイン)と対戦できて、より高いレベルを知ることで自分の中の基準を上げることができました。

あとは、サッカー以外のところでいろんな人に会うことを意識しています。ピッチの上でタイミングをずらしたりする“間”とかは、女性とデートで身につくかもしれないし、歳上の経営者の方と話していて身につくかもしれない。そこで得た考え方で日常が変わるので、サッカーは練習の中だけではないと思います。この間もあるバンドのライブを見に行ったらギタリストがすごくかっこよくて。

――西選手自身も、そういう感動を与えるためにピッチに立っているのでは?

西 そうですね。それをできないとプロじゃないと思いますね。義務ですね。だから、わざと難しいトラップしてみたり、というのをここ2年くらいやっています。

――2018年は大きなけがからのスタートでした。リハビリの期間ではどんな出会いがあったのですか?

西 初めて大きいけがをしてそこからのスタートだったので、今となってはそのけがの期間が大事だったなと思います。これからにつながる1年でした。その期間で表現力の先生に会いました。自分がピッチに立ったときにどう見せるか、という部分はレッスンしてもらっています。あとは、エネルギーを受け取ること。試合前に緊張しちゃう人とかいるじゃないですか。それはたぶん応援してくれている人のパワーに負けてしまっているからなんです。だから、応援してくれる人のパワーも、相手のファンのパワーも全部受け取って自分の力に変えればいい、ということを教わりました。

――ゴール裏のサポーターに体を向けて、腕を開いて、日光を浴びるようなポーズをしているのは、そういう意味があったんですね。

西 そうそう。受け取っているんですよ。だからAFCチャンピオンズリーグ決勝のときも10万人が集まったイランのサポーターのパワーももらっていたんです。

――先ほど話にも出ましたがクラブワールドカップがあります。どんな大会にしたいですか?

西 前回で、できる、ということはすごく感じました。楽しむという意味では、普段の試合よりはより楽しめるのかもしれないですね。

――レアル・マドリードとの再戦が期待されます(※鹿島は12月20日の準決勝でレアル・マドリードと対戦し1-3で敗退)。これまでプロとして何百試合戦った中でも特別な試合になったのではないでしょうか?

西 まったく違いましたね。先ほども言いましたけど基準を知れたのもそうだし、自信にもなりました。たぶん、ああいう相手の方がやりやすいんですよ。僕のちょっとしたフェイントも受け取ってくれるんで。

――フェイントしたことさえ気づかないレベルではなく、その動きをどういう意図をもってやったのか理解してくれるわけですね。

西 子どもとサッカーをやっても、より大きいキックフェイントをしないと分かってもらえないじゃないですか。そういう意味ですごくやりやすかったです。

――では最後に、今大会に出場する選手にメッセージをお願いします。

西 僕が大会に出たときトップだった選手たちはほとんどがプロになれていません。それは本人の勘違いもあるかもしれないけれど、親の勘違いが大きいと思います。だから、子どもたちには、自分のサッカーとか、自分の人生の正解は、たぶん自分にしか見つけられない、ということを伝えたいです。自分なりに工夫だったり、楽しみ方を見つけてほしいと思います。人に聞くことも大事ですし、素直さを忘れないというのは前提ですけど、君たち自身一人一人にしかできないことが絶対にあるから、そういう部分を大事にしてほしいと思います。

開催期間:2018年12月25日(火)~12月29日(土)

開会式
大会期間:2018年12月25日(火)
会場:鹿児島市民文化ホール

1次ラウンド・ラウンド16
大会期間:2018年12月26日(水)-27日(木)
会場:鹿児島ふれあいスポーツランド

準々決勝
大会期間:2018年12月28日(金)
会場:鹿児島県立鴨池補助競技場

準決勝・決勝
大会期間:2018年12月28日(金)-29日(土)
会場:白波スタジアム

※全会場、鹿児島県鹿児島市

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

過去の大会はこちら

特別協賛

  • YKK
  • 花王

協賛

  • 日本マクドナルド
  • 日清製粉グループ
  • 日清オイリオグループ
  • ゼビオ

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー