JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-21 2018年 > 最新ニュース一覧 > U-21日本代表、1-0の勝利でベスト8進出~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

ニュース

U-21日本代表、1-0の勝利でベスト8進出~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

2018年08月25日

U-21日本代表、1-0の勝利でベスト8進出~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

第18回アジア競技大会に出場しているU-21日本代表は8月24日(金)、インドネシアのブカシでU-23マレーシア代表とラウンド16を戦い、終了間際の上田綺世選手による得点で1-0とし、ベスト8進出を決めました。準々決勝は27日(月)、この日中国に勝利したサウジアラビアと対戦することになります。

グループステージ最終節から中4日で迎えた試合。GKには小島亨介選手、ディフェンスラインは原輝綺選手、立田悠悟選手、板倉滉選手、ボランチに渡辺皓太選手、松本泰志選手、サイドは右に長沼洋一選手、左に杉岡大暉選手、シャドーに岩崎悠人選手、旗手怜央選手、ワントップには前田大然選手が入りました。

前半、日本はベトナム戦の反省を活かして球際に激しく行き、ボールを保持しながら得点チャンスを伺います。6分、長沼選手のロングボールに岩崎選手が抜け出すも相手ディフェンスにシュートまで持ち込ませてもらえません。8分、立田選手の縦パスを旗手選手が左の杉岡選手へ。再び旗手選手を経由して岩崎選手がペナルティエリア内でシュートを放ちますがバーの上へ。するとマレーシアも12分、日本ディフェンスの裏にパスを通し、シュートまで持ち込みますがこれは大きく枠外へと流れます。今度は31分、旗手選手が素早くディフェンスの間にパスを通し、前田選手が受けてシュート、しかし枠を捉えることができません。チャンスは作り出すものの、日本は精度を欠き、前半を0-0で折り返します。

後半、なかなか得点が生み出せない日本に、マレーシアのカウンターが襲いかかります。57分、58分と立て続けにシュートを打たれますが、ともにゴールマウスの外。逆に日本は相手GKとディフェンスの間のスペースをサイドから狙っていきますが、決定的なシュートにつなげることができません。73分にはサイドからつなぎ、前田選手が落としたボールを杉岡選手が左足で狙いますが、GKのセーブにあいます。76分、日本は前田選手に代えて上田選手をピッチへ。互いにチャンスを迎えながらも決めきれないまま迎えた終盤、松本選手が素早く裏のスペースへとロングボールを送ります。これに反応した上田選手がペナルティエリア内で後ろから倒され、PKを獲得。これを自らゴール右に決め、90分にようやく得点を挙げます。アディショナルタイムもマレーシアが立て続けにゴールを狙いますが、「チャンスもピンチもあったなかで、後ろがしっかり支えてくれた」と岩崎選手が振り返ったように、合計12本のシュートを浴びながらも踏ん張り、試合は終了。U-21日本代表は1-0で準々決勝進出を決めました。

大会はこの日、ラウンド16の残りの4試合が行われ、日本のほか、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、朝鮮民主主義人民共和国がベスト8に駒を進めています。準々決勝は27日(月)に行われ、U-21日本代表対U-21サウジアラビア代表の一戦はPakansari Stadiumで現地時間16:00キックオフ予定です。

監督・選手コメント

森保一 監督
チャンスを作りながらも決められず、どちらに転ぶかわからない試合のなかで選手たちがグループステージ3試合の反省を活かし、なおかつ次に進むために絶対勝つんだという強い気持ちを持って戦ってくれました。特に、前回のベトナム戦では球際で上回られて難しい試合になったことを踏まえ、今日はハードワークして戦う姿勢が見られました。ただこの先のラウンドにおいては、すべてのクオリティーと、個としてチームとしての判断力を上げなくてはいけないと思っています。

DF #4 板倉滉 選手(ベガルタ仙台)
センターバックやGK、ボランチを含め、リスク管理の部分で声を掛け合って臨みました。なかなか点が入らなかったなかで、失点ゼロで抑え、勝ち進むことができたことは良かったです。もっと早い時間帯にチームとして得点が欲しかったですが、次に切り替えてやっていきたいです。次のサウジアラビア戦は間違いなく難しい一戦になりますが、次も試合ができることが嬉しいですし、目の前に集中して、いい準備がしたいです。

DF #7 原輝綺 選手(アルビレックス新潟)
ベトナム戦の入りが悪かったので、立ち上がりから球際に激しく、セカンドボールもしっかり拾っていこうと臨みました。前半で1点取れていれば良かったですが、なかなか(ゴールを)こじ開けられない時間帯が続きました。相手の一瞬の隙をつくことはできましたが、もう少し守備でしっかりしなければいけない場面もありました。アジアが厳しい戦いだということはわかっていますが、ピッチに立っていることでしかわからない難しさ、厳しさがあります。簡単な大会ではないからこそ、得られるものは大きい。一つでも多く試合をして経験値を上げたいです。

FW #15 上田綺世 選手(法政大学)
ベンチから、途中から出たら何をすべきかを考えながら見ていました。タフなゲームで両チームが間延びしていた時間帯だったので、チームメイトが疲れているなか、いかに走って身体を張って得点できるかだと思っていました。グループステージでは多くのチャンスがありながら得点できなかったので、PKですが得点という結果を残せてよかったです。(代表活動で)絶対何かを持ち帰ろうと思って毎回臨んでいます。ベスト8に進んでまた試合ができる、成長する機会が増えたことを嬉しく思います。

スケジュール

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)
8月14日(火) 1-0 第1戦 vs ネパール(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月15日(水) - トレーニング
8月16日(木) 4-0 第2戦 vs パキスタン(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月17日(金) - トレーニング
8月18日(土) - トレーニング
8月19日(日) 0-1 第3戦 vs ベトナム(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月20日(月) - トレーニング
8月21日(火) - トレーニング
8月22日(水) - トレーニング
8月23日(木) - トレーニング
8月24日(金) 1-0 ラウンド16 vs マレーシア (Bekasi/Patriot Stadium) 
8月25日(土) - トレーニング
8月26日(日) - トレーニング
8月27日(月) 16:00
(18:00)
準々決勝 vs サウジアラビア(Cibinong/Pakansari Stadium)
8月28日(火) - トレーニング
8月29日(水) 16:00or19:30 準決勝(Cibinong/Pakansari Stadium)
8月30日(木) - トレーニング
8月31日(金) - トレーニング
9月1日(土) 15:00
18:30
3位決定戦(Cibinong/Pakansari Stadium)
決勝(Cibinong/Pakansari Stadium)

※時間はすべて現地時間。( )内は日本時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

大会期間:2018/8/18(土)~2018/9/2(日)

【男子】準々決勝
8月27日(月) 18:00[日本時間] vs サウジアラビア代表

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー