JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-21日本代表、集中したトレーニングで連携深める~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

ニュース

U-21日本代表、集中したトレーニングで連携深める~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

2018年08月23日

U-21日本代表、集中したトレーニングで連携深める~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

U-21日本代表は8月22日(水)、24日(金)に行われるノックアウトステージ初戦(ラウンド16)のU-23マレーシア代表戦に向けて午前中にトレーニングを行いました。

グループステージ第3戦のベトナム戦から中4日で迎えるマレーシア戦に向けて、チームは20日にリカバリーメニューでコンディションを調整。翌21日は狭いエリアでの9対9+フリーマンのあと、守備陣はラインコントロールを、攻撃陣はコンビネーションや仕掛けと分かれて確認を行いました。22日には、5対5のポゼッションに加え、最後は10対10の紅白戦をフルピッチに近いエリアで行い、森保一監督の声がこだまするなか、細かな修正や連携強化をピッチ上でしっかりと図りました。

「合っていなかったところを確認できたことで、次につながる」と松本泰志選手が言えば、杉岡大暉選手も「ラインコントロールの準備や揃える部分を確認できた」と手ごたえを口にしています。

さて、この日は松本選手の20回目の誕生日。夕食時、渡辺皓太選手が音頭を取ってバースデーソングを歌い、全員でお祝いしました。3戦連続での出場となり、チームで最も出場時間の長い松本選手。「たくさんボールに触って散らして、隙があれば縦パスを狙いたい」と日々充実した様子を見せています。

選手コメント

GK #1 小島亨介 選手(早稲田大学)
トレーニングのなかでトライしないと精度、判断は上がっていかない部分があるので、いい感触が得られています。(ベトナム戦の敗戦を受けて)チームとしての共有を次に向けて高められればと思います。(GKは)試合に出られるのは一人です。選ばれている人もそうでない人もそこを狙うことはすごく大事。その強い気持ちの集まりが個を強くすると思っています。

DF #5 杉岡大暉 選手(湘南ベルマーレ)
マレーシアは韓国に勝っていて強敵だと思いますが、しっかり全員でいい準備をして、チーム一丸となってしっかり勝ちたいです。僕ら守備陣としては、連動してスライドして、しっかりスペースを埋められればと思います。アジア大会は東京オリンピックにつながる大事な大会ですし、ワールドカップでいうアジア予選のようにアジアは越えなければいけない壁。しっかり勝たなくてはいけないと思っています。

FW #9 旗手怜央 選手(順天堂大学)
前線の選手たちがいい距離感でプレーできるよう、試合中も互いに話しながらやりたいと思います。個人としては、その先の選択肢が多くなるパスを意識しています。ゴールだけではなくて、アシストもパスも出せるよう、前線とのつなぎ役になれればと思っています。出場チャンスがあれば、次の試合ではもっとそういった面も出したいです。

スケジュール

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)
8月14日(火) 1-0 第1戦 vs ネパール(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月15日(水) - トレーニング
8月16日(木) 4-0 第2戦 vs パキスタン(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月17日(金) - トレーニング
8月18日(土) - トレーニング
8月19日(日) 0-1 第3戦 vs ベトナム(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月20日(月) - トレーニング
8月21日(火) - トレーニング
8月22日(水) - トレーニング
8月23日(木) - トレーニング
8月24日(金) 19:30
(21:30)
ラウンド16 vs マレーシア (Bekasi/Patriot Stadium) 
8月25日(土) - トレーニング
8月26日(日) - トレーニング
8月27日(月) 16:00or19:30 準々決勝(Bekasi/Patriot Stadium or Cibinong/Pakansari Stadium)
8月28日(火) - トレーニング
8月29日(水) 16:00or19:30 準決勝(Cibinong/Pakansari Stadium)
8月30日(木) - トレーニング
8月31日(金) - トレーニング
9月1日(土) 15:00
18:30
3位決定戦(Cibinong/Pakansari Stadium)
決勝(Cibinong/Pakansari Stadium)

※時間はすべて現地時間。( )内は日本時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

大会期間:2018/8/18(土)~2018/9/2(日)

【男子】ラウンド16
8月24日(金) 21:30[日本時間] vs マレーシア代表

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー