JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-21日本代表、グループ首位突破をかけてベトナム戦へ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

ニュース

U-21日本代表、グループ首位突破をかけてベトナム戦へ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

2018年08月19日

U-21日本代表、グループ首位突破をかけてベトナム戦へ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

U-21日本代表は18日(土)、アジア競技大会のグループステージ第3戦・対U-23ベトナム代表戦を翌日に控え、ジャカルタ郊外のチカランで最終調整を行いました。

午前中に行われたトレーニングは、ウォーミングアップからボール回し、パス&コントロールへと進むと、その後は非公開で戦術の確認を行いました。ノックアウトステージに向けてD組を首位通過したい日本は現在、ベトナムと勝ち点、得失点差、得点数で並んでいます。このため、第3戦が90分を通して引き分けだった場合は、今大会のレギュレーションにより、即PK戦が適用されることになります。

1月のAFC U-23選手権中国2018で準優勝したベトナムは、AFC U-23選手権準優勝メンバーを中心に、オーバーエイジ枠としてフィールドプレーヤーを3名入れてきました。8月上旬にはウズベキスタン、オマーン、パレスチナとの親善大会を行うなど、入念な準備をしてインドネシア入りしています。初戦のパキスタン戦に3-0、ネパール戦は2-0で勝利し、勢いを持って日本に挑んできます。

一方の日本は、2試合を終えて登録選手全20名がピッチに立っています。森保一監督はパキスタン戦のあと、「いいシミュレーションができた。全員が戦力」と語り、選手を入れ替えながらも、第1戦から第2戦にかけて見られた改善点に対し、手応えを口にしていました。第2戦・パキスタン戦から中2日で迎える一戦。トレーニングを積み重ねる時間が短いなか、キャプテンの三好康児選手は「試合のなかで思ったこと、また分析を伝え合って、出し合って、トレーニング以外の場面で互いに感じながらできている。相手を崩すうえで、今後は精度がより必要になる。全員で切り替えて戦いたい」と力強くコメントしていました。

グループステージ第3戦・対U-23ベトナム代表戦は、8月19日(日)現地時間16:00キックオフです。

監督・選手コメント

森保一 監督
今できる最善の準備はできたと思います。大会に入って1戦目、2戦目と内容も上げていきながらここまで来たので、勝ち点3という結果を求めつつ、チームとしてクオリティー、内容をさらに上げていくことを考えています。この2試合はボールを保持する時間が長かったですが、ベトナム戦は攻守においての球際の戦い、守備で相手の動きに対応することなど、最初の2試合ではなかった状況がたくさん生まれます。しっかり想定して戦います。

MF #6 初瀬亮 選手(ガンバ大阪)
遠征を重ねるごとに、チームがいい方向に向かっているので、連携をもう少し深めていければと思っています。日本は相手がやりにくいシステムだと思いますし、ボールを握れる、かつ握られてもカウンターを狙えるので、だからこそクオリティーを上げていきたいです。この大会で結果を出すことがチームにとって本当に大事なので、そこを意識していきたい。ベトナムは力のあるチーム。そこに勝ってこそのノックアウトステージだと思っています。しっかり集中したいです。

FW #15 上田綺世 選手(法政大学)
試合に向けていい準備ができたと思います。ベトナムは質が高く、今年のAFC U-23選手権でも2位になっている、絶対に負けられない相手です。初戦のネパール戦は得点を決められず悔しい思いをしたので、背後への動き出しやゴールを見せたいです。(旗手選手、三笘選手など)大学生が活躍できているので、大学生の質や「ここまでできる」というのを見せられればと思います。チームにとって、優勝に向けて勢いに乗るために重要な試合。しっかりチャンスをモノにして、チームを勝利に導きたいです。

スケジュール

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)
8月14日(火) 1-0 第1戦 vs ネパール(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月15日(水) TBC トレーニング
8月16日(木) 4-0 第2戦 vs パキスタン(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月17日(金) TBC トレーニング
8月18日(土) TBC トレーニング
8月19日(日) 16:00
(18:00)
第3戦 vs ベトナム(Cikarang/Wibawa Mukti Stadium)
8月20日(月) TBC トレーニング
8月21日(火) TBC トレーニング
8月22日(水) TBC トレーニング
8月23日(木)
8月24日(金)
16:00or19:30 ラウンド16 (Bekasi/Patriot Stadium or Cikarang/Wibawa Mukti Stadium) 
8月25日(土) TBC トレーニング
8月26日(日) TBC トレーニング
8月27日(月) 16:00or19:30 準々決勝(Bekasi/Patriot Stadium or Cibinong/Pakansari Stadium)
8月28日(火) TBC トレーニング
8月29日(水) 16:00or19:30 準決勝(Cibinong/Pakansari Stadium)
8月30日(木) TBC トレーニング
8月31日(金) TBC トレーニング
9月1日(土) 15:00
18:30
3位決定戦(Cibinong/Pakansari Stadium)
決勝(Cibinong/Pakansari Stadium)

※時間はすべて現地時間。( )内は日本時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

大会期間:2018/8/18(土)~2018/9/2(日)

【男子】グループステージ
第1戦 8月14日(火) 21:00[日本時間] vs ネパール代表
第2戦 8月16日(木) 18:00[日本時間] vs パキスタン代表
第3戦 8月19日(日) 18:00[日本時間] vs ベトナム代表

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー