JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > オリンピック日本代表、コロンビア戦から一夜明けマナウス最後の練習

ニュース

オリンピック日本代表、コロンビア戦から一夜明けマナウス最後の練習

2016年08月09日

オリンピック日本代表、コロンビア戦から一夜明けマナウス最後の練習

リオデジャネイロオリンピックに出場中の日本代表チームは8月8日(月)、第二戦のコロンビア戦から一夜明けてマナウスの地での最後の練習を行いました。

照りつける強い日差しの中、手倉森誠監督の「準々決勝進出へ望みを繋いだ。苦難を味わいながら進んでいるからこそ逞しくなれる。自分たちは絶対にドラマを起こせる、起こす覚悟を持って今日もやっていこう」というメッセージを受けて練習を始めたオリンピック日本代表。コロンビア戦に出場した選手たちはウォーキングやストレッチなどでリカバリートレーニングを実施。疲労を考慮して別メニューをこなした浅野拓磨選手(アーセナル)を除く8名の選手たちは、7人組のパス&コントロール、5対2のポゼッション、フォーメーションとこなし、最後は1サーバー+3対3の練習で、コンビネーションを入念に確認しました。

夜にはマナウス空港から5時間半のフライトを経て、第三戦の地・サルバドールへ移動しました。マナウスに比べ湿度が低く、海風が吹くサルバドールの町で選手たちは静かに1日の活動を終えました。明日はいよいよスウェーデン戦に向けた最後の練習を行います。

選手コメント

DF #4 藤春廣輝 選手(ガンバ大阪)
初戦は固く入ってしまいましたが、二戦目はチャンスもたくさんあったので、その中で自分のオウンゴールで勝てた試合を壊してしまいました。0-2からチームが追いついてくれたおかげで三戦目まで望みが繋がったので、個人的には切り替えて次の試合で100%の力を出せるように頑張りたいです。攻撃面でも初戦より二戦目の方がコミュニケーションも取れ、上手くボールを回せていましたし、攻撃の形は世界にも肩を並べるレベルにあると思うので、どこが相手でも通用すると思います。勝つしか無いので、全員攻撃・全員守備で1点をもぎとって勝ちたいです。三戦目に勝って決勝トーナメントに行けるよう頑張りますので、応援宜しくお願いします。

FW #13 興梠慎三 選手(浦和レッズ)
コロンビア戦の前半は非常に良い崩し(の場面)が何度もありましたが、最後に決めきれないところは、まだまだだなと感じています。負けたら敗退ということで、みんな必死に戦って三戦目に望みを繋げました。みんな次へ切り替えているので、しっかり準備してスウェーデン戦に臨みたいです。攻撃では一人ひとりがはっきりと特長を出せていると思います。守備は、2試合とも先に失点してしまっているので、先に得点できればチャンスがあると思います。

MF #18 南野拓実 選手(ザルツブルク)
コロンビア戦は途中から入りましたが、2失点していても2点獲ればいいと思っていました。前の試合でも追いつけるムードを感じていましたし、1点獲れれば粘り強さはあると分かっていました。厳しい状況が続いていますが、同点にできたのはよかったと思います。相手も3点目だけは取らせないようにしていましたが、獲れるチャンスはありました。そこは最後のところの質の問題だと思います。

GK #12 中村航輔 選手(柏レイソル)
コロンビア戦は初先発でしたが、いつも通りできたかと思います。(当日の)チームミーティングで言われて「やってやろう」という気持ちでいました。少しはチームに尽くせたかと思いますが、2失点目は自分のキックミスから招いた結果なので、次回出場機会を得られたときはさらに良いパフォーマンスを出せるよう準備したいと思います。次に勝てば他力でも決勝トーナメント進出が決まるという状況に持ち込めたことを前向きにとらえて戦いたいと思います。

MF #10 中島翔哉 選手(FC東京)
コロンビアはナイジェリアより守備の固いチームだったので、0-2になって士気が落ちると勝ち目はないと思って、チームで声を掛け合っていましたし、絶対に諦めたくないと思っていました。この大会は諦めないことがすごく重要です。(自分の)プレーで気持ちの部分も助けられたらいいと思っていました。次は絶対に勝たないといけないですし、少しでも勝つ確率が上げられるように、自分がそういうプレーができるようにしたいです。勝ち切れるチームになりたいです。

DF #5 植田直通 選手(鹿島アントラーズ)
失点が続いているので、そこは改善しなければなりません。コロンビア戦の2失点目は僕ももう少し早く判断できていればと、悔いが残ります。前回、今回で出た課題はたくさんあるので、しっかり改善してグループ最終戦で勝ちたいと思います。前半0-0で行って、後半までゼロで行ければ攻撃陣が必ず点を獲ってくれると思っているので、次はそういう試合展開にしたいです。次に勝てば何が起こるか分からないですし、僕たちにも十分可能性はあると思います。

スケジュール

第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ) サッカー競技(男子)
8月4日(木) 4-5 グループB 第一戦 vs ナイジェリア(@Amazonia Arena)
[日本時間:8月5日(金) 10:00]
NHK総合にて生中継
8月5日(金) 未定 トレーニング
8月6日(土) 未定 トレーニング
8月7日(日) 2-2 グループB 第二戦 vs コロンビア(@Amazonia Arena)
[日本時間:8月8日(月) 10:00]
フジテレビ系列にて全国生中継/NHK BSにて全国生中継
8月9日(火) PM 公式練習
8月10日(水) 19:00 グループB 第三戦 vs スウェーデン(@Fonte Nova Arena)
[日本時間:8月11日(木) 7:00]
※以降のスケジュールは、勝ち上がりにより決定
8月13日(土) 16:00
22:00
準々決勝(グループ1位の場合)vs グループA 2位(@Fonte Nova Arena)
準々決勝(グループ2位の場合)vs グループA 1位(@Corinthians Arena)
8月14日(日) 未定 トレーニング
8月15日(月) 未定 トレーニング
8月16日(火) 未定 トレーニング
8月17日(水) 13:00
16:00
準決勝(@Maracana/リオデジャネイロ)
準決勝(@Corinthians Arena/サンパウロ)
8月18日(木) 未定 トレーニング
8月19日(金) 未定 トレーニング
8月20日(土) 13:00
17:30
3/4位決定戦(@Mineirao/ベロオリゾンテ)
決勝(@Maracana/リオデジャネイロ)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

「‪#‎若きサムライ応援‬」を付けてオリンピック日本代表への応援メッセージをツイートしよう!

日本サッカー協会では、第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)に出場するサッカー日本代表への応援メッセージをTwitter上で募集しています。応援投稿用ハッシュタグ「#若きサムライ応援」を付けて、応援メッセージをツイートしてください。

「#若きサムライ応援」タイムライン:#若きサムライ応援

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー