JFA.jp

JFA.jp

EN

U-23日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-23 2016年 > 第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ) > 最新ニュース一覧 > オリンピック日本代表、初戦一夜明けて軽めの調整

ニュース

オリンピック日本代表、初戦一夜明けて軽めの調整

2016年08月06日

オリンピック日本代表、初戦一夜明けて軽めの調整

リオデジャネイロオリンピックに出場中の日本代表チームは8月5日(金)、グループB初戦のナイジェリア戦から一夜明けてマナウスで練習を行いました。

日中の暑さが夕方のスコールで和らいだ中、選手たちは二手に分かれて練習行い、ナイジェリア戦に先発出場した選手たちはウォーキングやストレッチなどで疲労回復に努めました。

一方、それ以外の選手たちは3人一組でのパス交換を行い、3対3の対人トレーニングをエリアの大きさを変えながらパススピードや切り替えの早さ、精度などを意識して実施。ストレッチや体幹トレーニングにも取り組みました。

バックアップだったFW鈴木武蔵選手(アルビレックス新潟)が大会メンバー入りしたためで、急きょバックアップとして招集され、昨日午後ブラジルに到着したFWオナイウ阿道選手(ジェフユナイテッド千葉)も、元気にこの日の練習から参加しています。

また、日中にはホテルでチームミーティングを行い、前夜4-5で敗れた第1戦ナイジェリア戦の得点場面と失点場面の映像を見ながら、細部にわたって攻守の良い点や問題点を確認しました。

DF岩波拓也選手(ヴィッセル神戸)は、「世界のレベルになると、引いて守って全部はね返せるレベルではない。最後は個でやられる。それはブラジル戦でも分かったこと。前からプレッシャーにいかないといけない」と話しています。

初日を終えてグループBで4位の日本は7日(日)の第2戦ではAmazonia Arenaにてコロンビアと対戦します。グループ上位2位までが準々決勝へ進出できます。

選手コメント

DF #2 室屋成 選手(FC東京)
昨日の試合は、早い時間帯に失点して慌ててしまって、いつもは無いような自分たちのミスで失点を重ねてしまいました。初戦のむずかしさもあったと思いますが、球際で多く負けてしまって、そうなるとどうしても受け身になってしまいます。次は自分たちからどんどん仕掛けてプレーしていきたいです。コロンビアは個人の能力が高いので、まずは守備の面でやらせないことを考え、その中でうまく攻撃につなげたいと思います。グループリーグ突破の可能性はあるので、前を向いて全力で戦います。

FW  #16 浅野拓磨 選手(アーセナル)
昨日の試合で失点部分は一人のミスではありません。チーム全体で守備から入って、失点を少なくするのが課題です。きのうは相手に崩されての失点はそんなに多くなかったので、1つ前でプレーを切っておくべきでした。寄せられるところで、もう一つ寄せられるようにして、そういうことをチーム全体で高めていって、攻撃はいいので続けていきたいと思います。自分が出れば何とかするという気持ちでピッチに立っているので、チーム全体で最低でも1点差に抑えられれば、勝負に出られますし、僕の強みもそこだと思っています。

MF #7 原川力 選手(川崎フロンターレ)
今日のミーティングでの映像を見ても感じましたが、相手にボールを持たせすぎました。ボールを奪いに行きづらいと感じていたのですが、後ろを気にせず、もっと前に行くべきでした。ブラジル戦で感じたことをナイジェリア戦で活かせませんでした。課題が明確になったので、今度は次に活かさないといけないと思います。コロンビアは横パスや縦パスを虎視眈々と狙って、どんどんボールを奪いに来るイメージがありますし、奪った後のスピードは南米特有だと思います。相手を見ながら上手くやりたいと思います。

DF #17 岩波拓也 選手(ヴィッセル神戸)
ナイジェリア戦はベンチから見ていて、すぐ追いつけたところで試合を落ち着かせられると良かったが、ファーストプレーでやられてしまいました。十分勝てる内容でしたし、負ける相手ではなかったと思いますが、5失点は本当に簡単なミスからでした。攻撃陣は歯がゆいと思いますし、5失点はチームとして反省しなければなりません。もう少し前からプレスにいってもよかったと思います。残りの2つを勝てば可能性があります。明後日また試合があるので、切り替えてやっていきたいです。もったいない試合をして、このまま終われば後悔します。ピッチで結果を残せるように準備したいです。

GK #12 中村航輔 選手(柏レイソル)
ナイジェリアは強みを活かしていたと思います。自分たちはミスが重なってしまったので、そこは修正しなければなりません。もう残りの2試合に勝つしか決勝トーナメントに進めないので、1戦1戦戦っていきたいと思います。

スケジュール

第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ) サッカー競技(男子)
8月4日(木) 4-5 グループB 第一戦 vs ナイジェリア(@Amazonia Arena)
[日本時間:8月5日(金) 10:00]
NHK総合にて生中継
8月5日(金) 未定 トレーニング
8月6日(土) 未定 トレーニング
8月7日(日) 21:00 グループB 第二戦 vs コロンビア(@Amazonia Arena)
[日本時間:8月8日(月) 10:00]
8月9日(火) PM 公式練習
8月10日(水) 19:00 グループB 第三戦 vs スウェーデン(@Fonte Nova Arena)
[日本時間:8月11日(木) 7:00]
※以降のスケジュールは、勝ち上がりにより決定
8月13日(土) 16:00
22:00
準々決勝(グループ1位の場合)vs グループA 2位(@Fonte Nova Arena)
準々決勝(グループ2位の場合)vs グループA 1位(@Corinthians Arena)
8月14日(日) 未定 トレーニング
8月15日(月) 未定 トレーニング
8月16日(火) 未定 トレーニング
8月17日(水) 13:00
16:00
準決勝(@Maracana/リオデジャネイロ)
準決勝(@Corinthians Arena/サンパウロ)
8月18日(木) 未定 トレーニング
8月19日(金) 未定 トレーニング
8月20日(土) 13:00
17:30
3/4位決定戦(@Mineirao/ベロオリゾンテ)
決勝(@Maracana/リオデジャネイロ)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

「‪#‎若きサムライ応援‬」を付けてオリンピック日本代表への応援メッセージをツイートしよう!

日本サッカー協会では、第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)に出場するサッカー日本代表への応援メッセージをTwitter上で募集しています。応援投稿用ハッシュタグ「#若きサムライ応援」を付けて、応援メッセージをツイートしてください。

「#若きサムライ応援」タイムライン:#若きサムライ応援

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー