JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > SAMURAI BLUE > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、ベルギー戦へ調整

ニュース

SAMURAI BLUE、ベルギー戦へ調整

2018年06月30日

SAMURAI BLUE、ベルギー戦へ調整

2018 FIFAワールドカップロシアでベスト16進出を決めたSAMURAI BLUE(日本代表)は6月29日(金)、突破を決めたグループH最終のポーランド戦から一夜明けて、大会ベースキャンプ地のカザンでラウンド16のベルギー戦へ向けて調整を行いました。

前日夕方からの試合後、大会チャーター機でヴォルゴグラードからカザンに戻ってきたチームは、この日の夕方から練習を再開しました。

グループステージ最終のポーランド戦で、日本は0-1で敗れたものの、コロンビアがセネガルを1-0で下したことで、日本はフェアプレーポイントでセネガルに勝ってグループ2位に入り、突破が決定。ラウンド16でグループGを3戦全勝で首位突破したベルギーと対戦することになりました。

冒頭15分で公開された部分では、ポーランド戦で先発したメンバーと、交代出場した3人のなかの長谷部誠選手(アイントラハト・フランクフルト)と大迫勇也選手(ベルダー・ブレーメン)はフィールドに姿を見せず、室内でリカバリー中心の軽めの内容で早めに終了しました。

それ以外の控えのメンバーと途中交代で入った乾貴士選手(レアル・ベティス)は、ピッチ中央でストレッチや体幹強化などを入念に行った後、リフティングやヘディング、パス交換などを実施。GKも控えだった中村航輔選手(柏レイソル)と東口順昭選手(ガンバ大阪)の二人がフィールドでパス交換などを行いました。その後は非公開にして、戦術練習に取り組みました。

日本は16強進出がかかったポーランド戦の終盤、セネガルの0-1ビハインドの情報を得ると、得失点差を考えて0-1の状態で失点を重ねるリスクを考慮して攻めに出ず、ボールキープで試合を終えました。その手法を選んだ西野朗監督が試合後に指揮官自身が「不本意」だったことを口にしていましたが、一夜明けてチーム全体でミーティングを実施しました。

キャプテンの長谷部選手は、「ミーティングで監督、選手、スタッフ全員が発言して、次の試合へ一つになってやれる雰囲気ができた」と話して、改めてチームが結束してノックアウトステージでの戦いに臨めると話しました。

ベルギーとは昨年11月の欧州遠征でも対戦(0-1)していますが、長谷部選手は「手応えもあったが、その感覚で行くとやられる」と警戒しています。

チームは30日(土)にカザンで練習後に試合を行うロストフ・ナ・ドヌに移動します。

選手コメント

FP #2 植田直通 選手(鹿島アントラーズ)
グループステージを突破して良かったという気持ちですが、次の試合がすぐに来るので、気持ちを新たにして次に向かっています。今回のワールドカップには本気のベルギーがいます。自分は100%の準備をすることを心がけて、それがチームのためになると信じてやっています。

FP #5 長友佑都 選手(ガラタサライSK)
疲れたなと思うと体も本能的に疲れるので、脳のコントロールが必要です。あまりいろいろ状況に敏感にならない、ナーバスやネガティブにならないで、常にポジティブでいることを心掛けています。ポーランド戦にいい形で勝っていたら自信が過信に変わっていたかもしれません。負けて、やっぱり甘くないと教えられた気がしますし、もう一回自分たちの気持ちが引きしまって、より一層緊張感があります。2010年の時もベスト16に行きましたが、今回は本当にワクワクしています。自分たちの力を信じていますし、絶対に行けるという強い気持ちがあります。

FP #8 原口元気 選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)
1試合出なかったことで体力的にすごく戻ってきました。問題なくトップコンディションで行けます。昨日の試合のことは、勝負の世界に生きて国を背負って真剣勝負をしている人だったら、僕らの気持ちがわかると思います。僕は恥ずべきことではないと思いますし、突破したことに対して誇りをすごく感じるし、このグループの強さを今までで一番強く感じます。個人ではなく、このチームが勝つために全員が動いているなと感じています。

FP #17 長谷部誠 選手(アイントラハト・フランクフルト)
この2か月いろいろあって監督が変わって、グループステージ敗退の緊張が多い中でラウンド16へ進めていることは、チームの自信になります。次の試合に誰がでるか分かりませんが、個人よりチームを第一に考えてやりたいです。日本が到達したことのないベスト8入りへ、良い状態でチャレンジできることはポジティブに考えていますし、楽しみです。

FP #19 酒井宏樹 選手(オリンピック・マルセイユ)
昨日の試合については、当然、普通のことです。どの職業の人でも一度でも道を究めようとすれば、理解できることだと思います。結果で示せるようにしたいと思います。ブーイングがありましたが、全く問題なくやっていました。あの試合展開で、交代にメッセージを込めてくれると思って、そこは信じていました。ベルギーは昨年11月の時ですらすごいチームでしたが、もっと熟成しています。策はあるようでないものです。基本的なことをやるしかありません。ベスト8は今までにないことなので、達成したいです。

  • 長友佑都 選手(ガラタサライSK/トルコ)インタビュー

  • 乾貴士 選手(レアル・ベティス/スペイン)インタビュー

  • 長谷部誠 選手(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)インタビュー

スケジュール

2018 FIFA World Cup Russia
6月19日(火) 2-1 第1戦 vs コロンビア代表(Mordovia Arena)
6月20日(水) PM トレーニング
6月21日(木) PM トレーニング
6月22日(金) AM トレーニング
6月23日(土) PM 公式会見・公式練習
6月24日(日) 2-2 第2戦 vs セネガル代表(Ekaterinburg Arena)
6月25日(月) PM トレーニング
6月26日(火) AM トレーニング
6月27日(水) PM 公式会見・公式練習
6月28日(木) 0-1 第3戦 vs ポーランド代表(Volgograd Arena)
6月29日(金) TBC トレーニング
6月30日(土) TBC トレーニング
7月1日(日) TBC 公式会見・公式練習
7月2日(月) 21:00 ラウンド16 vs ベルギー代表(Rostov Arena)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

2018FIFAワールドカップロシア

大会期間:2018年6月14日(木)~2018年7月15日(日)

ラウンド16
7月2日(月) 21:00 [現地時間] / 7月3日(火) 3:00 [日本時間]
vs ベルギー代表

大会情報はこちら

 

夢を力に2018

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー