btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > AFCフットサル選手権ウズベキスタン2016 キルギスタン代表に敗れ、ワールドカップ出場を逃す

ニュース

AFCフットサル選手権ウズベキスタン2016 キルギスタン代表に敗れ、ワールドカップ出場を逃す

2016年02月19日

AFCフットサル選手権ウズベキスタン2016 キルギスタン代表に敗れ、ワールドカップ出場を逃す

AFCフットサル選手権ウズベキスタン2016 ノックアウトステージ 5位決定プレーオフ1回戦 vs フットサルキルギスタン代表
2016年2月18日(木) キックオフ 16:00 (現地時間) 試合時間 40分 (前後半各20分間のプレーイングタイム)
Universal Stadium(ウズベキスタン/タシュケント)

フットサル日本代表 2-6(前半0-2、後半2-4)フットサルキルギスタン代表

得点
10分 失点(フットサルキルギスタン代表)
13分 失点(フットサルキルギスタン代表)
24分 失点(フットサルキルギスタン代表)
26分 逸見勝利ラファエル(フットサル日本代表)
30分 失点(フットサルキルギスタン代表)
36分 失点(フットサルキルギスタン代表)
39分 星翔太(フットサル日本代表)
40分 失点(フットサルキルギスタン代表)

スターティングファイブ
GK:藤原潤(バルドラール浦安)
FP:滝田学(ペスカドーラ町田)、森岡薫(名古屋オーシャンズ)、仁部屋和弘(バサジィ大分)、西谷良介(フウガドールすみだ)

マッチレポート

AFCフットサル選手権ウズベキスタン2016に出場中のフットサル日本代表は18日、5番目のワールドカップ出場権をかけ、プレーオフ1回戦でフットサルキルギスタン代表と対戦しました。
グループステージから応援に駆けつけていくれている日本人サポーターの声援を胸に、選手たちは試合に臨みます。
しかし試合は前半10分、13分と失点を喫してしまい、前半は2点ビハインドのままキルギスタンのペースで折り返します。
ハーフタイムでミゲル監督は「シナリオとしては最悪の前半だったね。これをどう捉えるか。自分達がやってきたことを信じて後半を戦うだけ。私達が絶対に勝てるという気持ちは変わらないし、これがワールドカップ出場権をかけた最後のチャンスだから。まずは1点を取れば大丈夫。落ち着いて普段通りにみんなで戦っていこう!」と選手たちに声をかけました。
そして日本は後半初めからパワープレーを実施、得点を取りにいきます。しかし集中したキルギスタンの守備意識の高さ、パワープレー返しに苦しみ、24分には逆に追加点を相手に許してしまいます。日本は、26分に逸見勝利ラファエル選手が得点を挙げ、逆転に向け勢いを取り戻すも、30分、36分とまたも失点を喫してしまいます。39分には星翔太選手が得点を取り、意地を見せるも40分にも失点を許し、2-6で敗れました。

この非常に悔しい敗戦により、フットサル日本代表のFIFAフットサルワールドカップ コロンビア2016出場権の獲得はなりませんでした。

選手コメント

FP #9 森岡薫 選手(名古屋オーシャンズ)
AFCフットサル選手権が終了しました。今はまだ悔しい気持ちしかありません。もう一度チャンスがあればやり直したい気持ちです。現地まで応援に来てくれてたサポーター、これまで支えてきてくれた皆さんに感謝していますし、それゆえに残念な結果になってしまい、本当に申し訳なく思っています。本来であれば、すぐにでも切り替えて次のステップに「進みたい」と言いたいところですが、今はまだ自分達がどうすべきか考える時間ばかりです。ただこれで日本代表が無くなるわけではないので、この経験を無駄にせず日本のフットサル界全体が躍進できるよう、自分自身も考えて行動していきたいと思います。

GK #12 藤原潤 選手(バルドラール浦安)
昨日の(準々決勝での)敗戦から迎えた大事な一戦に負けてしまい、ワールドカップの出場権を獲得できませんでした。日本のフットサルの歩みを止めてしまった思いで今は頭が一杯です。ただテレビ中継を始め、現地に来て応援して頂き感謝の気持ちでいっぱいです。フットサル日本代表はワールドカップに出場できませんが、日本のフットサル界はこれからも続きます。今日の敗戦をしっかり自分の中で整理して、これからも日本のフットサルの為にプレーしていきたいと思います。本当に応援ありがとうございました。

FP #6 小曽戸允哉 選手(シュライカー大阪)
昨日の準々決勝のベトナム戦に負け、今日の順位決定戦のキルギスタン戦にも敗れ、ワールドカップ出場権をとることが出来ませんでした。沢山の応援やサポートをしていただいて、結果を残せなかったことに責任を感じます。本当に苦しい結果となってしまいましたが、それは全て自分達の力が足りなかったから。この結果をしっかりと受けとめ、新しいスタートとしていけるようにしていきたいと思います。

スケジュール

AFCフットサル選手権ウズベキスタン2016
2月11日(木) 1-0 vs  フットサルカタール代表(ウズベキスタンスタジアム)
2月12日(金) PM トレーニング
2月13日(土) 11-1 vs  フットサルマレーシア代表(ウズベキスタンスタジアム)
2月14日(日) PM トレーニング
2月15日(月) 3-1 vs  フットサルオーストラリア代表(ウズベキスタンスタジアム)
2月16日(火) PM トレーニング
2月17日(水) 4-4
(PK:1-2)
準々決勝 vs フットサルベトナム代表(ユニバーサルスタジアム)
2月18日(木) 2-6 5~8位決定戦 プレーオフ第1戦 vs  フットサルキルギスタン代表(ユニバーサルスタジアム)

※時間は全て現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※上位5チームが、FIFAフットサルワールドカップコロンビア2016™(2016/9/10~10/1)出場権を獲得

AFCフットサル選手権ウズベキスタン2016[2016年2月10日(水)~2月21日(日)]

大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP