btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 最新ニュース一覧 > U-23日本代表 1月31日夜に帰国

ニュース

U-23日本代表 1月31日夜に帰国

2016年02月01日

U-23日本代表 1月31日夜に帰国

AFC U-23選手権 カタール 2016を制し、リオデジャネイロオリンピック出場権を獲得したU-23日本代表が、1月31日夜に帰国しました。

空港で大勢のファン・サポーター、報道陣や関係者に迎えられた選手たちは、時折り笑顔を見せるなどリラックスムード。同時に歓迎ぶりを目の当たりにして、成し遂げた仕事の大きさを感じていた様子でした。

この後、空港内の施設で帰国記者会見を実施。手倉森誠監督、キャプテンの遠藤航選手、副キャプテンの岩波拓也選手と大島僚太選手が登壇しました。

チームを率いた手倉森監督は、「国民の期待に応えられて良かったです。アジアのチャンピオンになってリオデジャネイロに行く、全勝で優勝するという目標を達成することができました。これからは日本サッカー界の歴史を変えるべく、オリンピックでのメダル獲得に向けて力を注いでいきたいと思います」とコメント。最終ラインでチームを支えた岩波選手は、「素晴らしい仲間やスタッフと戦うことができてとてもうれしく思います。なかなか勝てなかった時期に、厳しい声をかけてくれた方たちにも感謝しています」と話しました。

今大会を全勝で終えた日本ですが、優勝までの道のりは平坦なものではありませんでした。6試合のうち4試合が1点差の勝利で、3点差をつけたイランとの準々決勝も、延長戦までもつれ込んでいます。こうした接戦の連続をチーム一丸となって勝ち抜いた要因について、手倉森監督は次のように語りました。

「このチームの強みは、これまで年代別代表の世界大会に出場できず、悔しさからくる反骨心を持っていること。選手もスタッフも、何も成し遂げていない者同士、みんなで力を合わせることが大事だと理解していた」

激闘の連続を戦い抜いてアジアの頂点に立ったU-23日本代表。選手たちはつかの間の休息を経て、それぞれの所属先に戻ります。「優勝という結果に満足せず、一人一人がどれだけ成長するかが、オリンピックでのカギ」と遠藤選手が、「これからはオリンピックでメダルを獲得するという目標に向かって準備したい」と大島選手が話すように、23歳以下の選手たちのリオデジャネイロオリンピックに向けた戦いが、ふたたび始まります。

監督・選手コメント

手倉森誠 監督(U-23日本代表監督)
国際試合の経験が少ない中で、今回のオリンピック予選を通じて戦いながら強くなっていければと腹をくくっていました。勝負に徹して、いかに勝ちを引き寄せられるか。今大会に関しては、忍耐強さやゲームコントロールなどが随分高まったと思います。ゲームをするたびに成長できる、強くなれる可能性を示せた集団だったと思います。選手はピッチに立てば勇敢に戦い、非常に頼もしく感じました。アジアの頂点に立ったことで、代表チームのみならず、各クラブの育成の刺激になり、良い強化が進んでいけばと思います。

MF #3 遠藤航 選手(浦和レッズ)
今大会はキャプテンとしてチームをまとめること、プレーでしっかり引っ張っていくということを意識して戦いました。ゲームの流れが悪いときにいかに我慢して、ゲームの状況を読みながら戦うかという部分で、チームとして手応えを感じました。大会を通じて自分たちが主導権を握れないという時間帯が多かったことは課題です。もっと自分たちでアクションを起こしながら主導権を握るサッカーを世界で見せられればと思います。さらにチームとしても個人としても成長できるように頑張っていきたいと思います。

DF #4 岩波拓也 選手(ヴィッセル神戸)
チームメートやスタッフと1カ月近く共に過ごし、最後の決勝戦まで戦うことができたことをうれしく思います。これまでアジアでベスト8で敗れ続けてきて、厳しい戦いをものにできていませんでしたが、今大会は延長に入った試合など厳しい試合で勝利することができ、手応えを感じました。アジアチャンピオンになりましたが、世界と戦う上では全てレベルアップしていかなければいけないと感じています。まずはJリーグで結果を残していきたいです。

MF #8 大島僚太 選手(川崎フロンターレ)
チームとして目標に掲げてきた6戦全勝を達成することができ、途絶えさせることのできない責任やプレッシャーをチームで乗り越えられたことは良かったと思います。これまでアジアで負けている世代が一つのチームになって活動していく中で、負けた悔しさが練習の厳しさにつながっていましたし、その結果、まとまりが良い方向に行って結果が出たと思います。オリンピックでメダルを取るという目標がありますので、そこに向けてしっかり準備していかなければいけないと思います。

JFA-TV

スケジュール

AFC U-23選手権 カタール 2016
1月13日(水) 1-0 グループステージ第一戦 vs U-23朝鮮民主主義人民共和国代表
(@Grand Hamad Stadium)
1月14日(木) AM トレーニング
1月15日(金) PM トレーニング
1月16日(土) 4-0 グループステージ第二戦 vs U-23タイ代表
(@Grand Hamad Stadium)
1月17日(日) AM トレーニング
1月18日(月) 17:45 公式トレーニング(@Suhaim Bin Hamad Stadium)
1月19日(火) 2-1 グループステージ第三戦 vs U-23サウジアラビア代表
(@Suhaim Bin Hamad Stadium)
1月20日(水) AM トレーニング
1月21日(木) TBC 公式トレーニング(@未定)
1月22日(金) 3-0 ノックアウトステージ準々決勝 vs U-23イラン代表
(@Abdullah Bin Khalifa Stadium)
1月23日(土) AM トレーニング
1月24日(日) PM トレーニング
1月25日(月) PM トレーニング
1月26日(火) 2-1 ノックアウトステージ準決勝 vs U-23イラク代表
(@Abdullah Bin Khalifa Stadium)
1月27日(水)   OFF
1月28日(木) PM トレーニング
1月29日(金) PM トレーニング
1月30日(土) 3-2 ノックアウトステージ決勝 vs U-23韓国代表 
(@Abdullah Bin Khalifa Stadium)

※時間は全て現地時間

女子サッカー アジア最終予選(リオデジャネイロオリンピック2016)

2016年2月29日(月)〜2016年3月9日(水)
なでしこジャパン(日本女子代表)/オーストラリア/韓国/中国/ベトナム/朝鮮民主主義人民共和国
全チーム総当り 15試合記載(上位2チームが出場権獲得)

2月29日(月) vs オーストラリア女子代表
3月2日(水) vs 韓国女子代表
3月4日(金) vs 中国女子代表
3月7日(月) vs ベトナム女子代表
3月9日(水) vs 朝鮮民主主義人民共和国女子代表
日本戦全て大阪/キンチョウスタジアムにて19:35キックオフ(予定)
チケット発売中!

チケット販売情報など大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

Official Partner

Official Supplier

Supporting Companies

JFA.jp SITEMAP