JFA.jp

JFA.jp

EN

大学 日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 大学女子 2019年 > 最新ニュース一覧 > ユニバーシアード日本女子代表 開催地イタリアで韓国代表とトレーニングマッチ

ニュース

ユニバーシアード日本女子代表 開催地イタリアで韓国代表とトレーニングマッチ

2019年07月01日

ユニバーシアード日本女子代表 開催地イタリアで韓国代表とトレーニングマッチ

ユニバーシアード日本女子代表は現地時間6月30日(日)、ユニバシアード競技会開催地であるイタリアにてユニバーシアード韓国女子代表とトレーニングマッチ(20分、20分)を実施しました。

28日(金)に現地へ到着し、この日は軽く調整。29日(土)は11対11の形式でチーム戦術の確認を行いました。現地入りしてから3日目となるこの日は雲一つない、イタリアらしい晴天の中のゲームとなりました。
試合は韓国の激しいフィジカルに苦しみつつも、序盤から日本がペースをつかみます。開始12分にはスローインからDF工藤真子(NO.2)がマイナスに出したパスをFW大内梨央(No.9)がダイレクトでファーサイドに蹴りこみ、先制。14分にはCKをショートコーナーから中に入れたクロスをFW小山由梨奈(No.17)がヘディングシュートでコントロールして流し込み、2ゴール目を挙げます。
11人中9人を入れ替え臨んだ後半も、日本がペースを握ります。30分にはやや右サイド寄りの場所でMF茨木美都葉(No.7)とのワンツーからFW今田怜那(No.6)がペナルティーエリアに持ち込み、落ち着いて3点目を決めます。3-0と韓国代表を引き離し、そのまま試合終了となり、大会初戦に向けて弾みをつける結果となりました。
ユニバーシアード日本女子代表は7月1日(月)は現地でトレーニングを実施し、7月2日(火)開催国イタリア代表との開幕戦を迎えます。

選手コメント

DF #4 石田菜々海 選手(帝京平成大)
大会前最後のトレーニングマッチだったので攻撃している時の守備のマークの確認やラインコントロール、ファーストディフェンダーなど細かいところまでコミュニケーションをとることを意識しました。最初は相手陣地でなかなかプレーできずにいましたが、徐々に相手にも慣れワンタッチで崩すことや高い位置でボールを保持することができ、得点を取って勝てたことは良かったと思います。しかしヨーロッパの相手に対しての準備やカバーリングはもっと意識していかないといけないと思います。2日後のイタリア戦に向けていい準備をしていきたいです。

DF #5 常田菜那 選手(東洋大)
今日の韓国とのトレーニングマッチでは、昨日選手間で話し合ったことを活かせている場面が増えたと感じました。その中でももっとつめていける部分や修正する部分はあるので、そこをもっとコミュニケーションをとって良い状態で初戦に臨みたいと思います。私自身世界大会は初めてで緊張感、ワクワク感、色んな想いがあります。この環境を全てプラスに捉えて、思い切りプレーしたいと思います。チームとしても 助け合い、支え合いながら一戦一戦勝ちにいきます!応援よろしくお願いします!

MF #7 茨木美都葉 選手(日本体育大)
初戦前最後の練習試合に勝てたことはすごく良かったと思います。判断を早く前に当てる意識がある時間帯はすごくいいと思いますが、押し込まれる時間帯ではもっと全員で守備をしていかなければならないと感じました。イタリアは日差しも強く暑いですが、徐々に慣れて個人的にはパフォーマンスも良くなってきていると思います。初戦に向けてチームの雰囲気も明るく楽しく良い方向に向かっているのでこの調子で初戦を迎えたいと思います。

MF #15 鈴木日奈子 選手(山梨学院大)
ユニバーシアード韓国女子代表と試合をして、まず前後半勝利で終われたことはとても良かったです。その中で連携や判断の部分で細かなミスが生じていたので、そこは仲間とよくコミュニケーションをとり、本大会までに改善していきたいです。また、個人的に下げるパスを選択していることが多かったので、失わない中で優先順位の高い方を選択できるようポジショニングや観ておくことを意識していきたいです。個人としてもチームとしても最高のパフォーマンスで初戦を迎えられるよう、いい準備をしていきたいです。

MF #20 村上真帆 選手(早稲田大)
20分ハーフという短い時間での試合でしたが、3得点し無失点で終えることができたのは良かったと思います。韓国代表はシンプルに自分たちの裏のスペースにディフェンスラインから1発でロングフィードを入れてくることが多かったですが、それに対してしっかり準備と予測をし、対応できたことが無失点に繋がったと思います。攻撃では、ゴール前までボールを運ぶことは多かったですが、もっとシュートを狙えるシーンがあったと思うので、常にゴールを意識しながら果敢にシュートを狙っていきたいと思います。

スケジュール

6月23日(日) PM トレーニング
6月24日(月) AM/PM トレーニング
6月25日(火) AM トレーニング
5-0 トレーニングマッチ vs. チャイニーズ・タイペイ女子代表
6月26日(水) AM トレーニング
1-3 トレーニングマッチ vs. 飛龍高校
6月27日(木) AM トレーニング
6月29日(土) TBC トレーニング
6月30日(日) 3-0 トレーニングマッチ vs. ユニバーシアード韓国女子代表
7月1日(月) TBC トレーニング
第30回 ユニバーシアード競技大会(2019/ナポリ)
7月2日(火) 18:00 グループリーグ 第1戦 対イタリア女子代表
7月3日(水)~7月5日(金) TBC トレーニング
7月6日(土) 18:00 グループリーグ 第2戦 対アメリカ女子代表
7月7日(日) TBC トレーニング
7月8日(月) TBC 順位決定戦
7月9日(火) TBC トレーニング
7月10日(水) TBC 順位決定戦
7月11日(木) TBC トレーニング
7月12日(金) TBC 順位決定戦

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第30回 ユニバーシアード競技大会(2019/ナポリ)

大会期間:2019/7/3(水)~2019/7/14(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー