JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > ユニバーシアード日本女子代表 チャイニーズ・タイペイ女子代表とのトレーニングマッチを実施

ニュース

ユニバーシアード日本女子代表 チャイニーズ・タイペイ女子代表とのトレーニングマッチを実施

2019年06月26日

ユニバーシアード日本女子代表 チャイニーズ・タイペイ女子代表とのトレーニングマッチを実施

ユニバーシアード日本女子代表は6月25日(火)、チャイニーズ・タイペイ女子代表とトレーニングマッチ(30分、40分、30分)を実施しました。
この日は午前中に、11対11のゲームでチーム戦術やセットプレーの確認を行い、午後のトレーニングマッチへ臨みました。1本目はボールを保持する時間は対戦相手よりも長いものの、簡単にボールを下げたり、選手同士の意図が合わずに微妙にパスがずれることが多く、中々ゴールが生まれません。また、自分たちのミスからボールを失い、相手にゴール前に迫られることもしばしば。25分にはカウンターからGKとの1対1のシーンを作られてしまいます。しかし、これはGK福田まい選手(No.1)が冷静に対応し、事なきを得ます。インターバルでは、望月聡監督からパスの距離感、守備の距離感をもっと大事にして、オフザボールに時間に観ておくこと。ゴールへ向かうため縦パスを意識すること、もっとコーチング・コミュニケーションを取ることが選手へ伝えられました。
2本目は3名の選手を入れ替え、キックオフ。インターバルの指示を受け、縦への推進力が生まれます。開始2分、左サイドMF鈴木日奈子選手(No.15)のクロスをFW千葉玲海菜選手(No.8)が決め待望の先制点。9分にも千葉選手が連続ゴール、また14分にはMF村上真帆選手(NO.20)がゴールを決め、3-0とします。20分にはGKを含む6名の選手を入れ替えました。26分には交代で入ったFW大内梨央選手(No.9)がゴール。そのまま、4-0で2本目を終えます。

最後の3本目は相手の疲労もあり、日本代表の一方的に攻める展開となりましたが、得点は1点にとどまり、そのまま1-0で試合終了となりました。
ユニバーシアード日本女子代表は6月26日(水)飛龍高校とのトレーニングマッチを行う予定です。

コーチ・選手コメント

田代久美子 コーチ(山梨学院大)
このチームの目標であるユニバーシアード競技大会において優勝するために、良い積み上げができていると感じています。「チームビルディングで強い組織をつくる」というテーマで合宿2日目にASEを実施し、選手個々の意外な一面が発見できたり、課題解決に向けて何が重要なのかを共有することができました。合宿3日目は戦術理解を高めるトレーニングやチャイニーズタイペイとのトレーニングマッチを実施する中で、望月監督から求められる「攻守において距離感にこだわり、速い判断でプレーする」場面が随所に見られました。まだ、多くの課題があるものの、各々が理解し、修正する力があることを証明してくれたので大変心強く感じました。初戦までの残りの期間で競争、共有を重ね、目標達成に向けてチーム一丸となって取り組んでいきたいと思います。

DF #12 関口真衣 選手(日本体育大)
今日の試合は、決めきるところを決めきれない部分が目立ったり、簡単なミスが多かったりしましたが、前回の合宿よりも連携したプレーが数多く、勝利で終わる事が出来たので、嬉かっです。私自身、海外で試合するのは初めてなので、多くのことにチャレンジして、チームの勝利に少しでも貢献できるように頑張ります。日の丸を背負っている以上、責任と自覚を持ってプレーしたいです。今後とも応援よろしくお願いします。

MF #8 千葉玲海菜 選手(筑波大)
午前中にはゲーム形式で確認を行いこのゲームに挑みました。どんな試合でも負けてはいけないという中で、1本目は見方との距離感が悪かったり、決定機を決められなかったりと得点することができませんでした。しかし、2本目からはお互いがコミュニケーションを取ることで改善することができ、得点まで行くことができました。本大会では、勝ちにこだわり、全員で優勝を掴みに行きたいです。

FW #17 小山由梨奈 選手(山梨学院大)
私は2本目からの出場でした。1本目の試合で相手のサイドバックの裏は狙い目だと感じていたので、サイド攻撃は有効的だということを常に頭に入れ、ゴールに少しでも近づくためにはどうしたらいいのか常に考えながらプレーしました。フォワード同士の関わりとボランチとの距離感は重要になってくるので、距離感が良くなった時にワンツーやワンタッチ、ツータッチでゴールへもっていけたのは良かったと思います。また、もっと仲間の良さや自分の良さを引き出せるようにどうしたらいいか考え、自分のポテンシャルをいかしたプレーができるようにしていきたいです。

スケジュール

6月23日(日) PM トレーニング
6月24日(月) AM/PM トレーニング
6月25日(火) AM トレーニング
5-0 トレーニングマッチ vs. チャイニーズ・タイペイ女子代表
6月26日(水) AM トレーニング
PM トレーニングマッチ vs. 飛龍高校
6月27日(木) AM トレーニング
6月29日(土)~7月1日(月) TBC トレーニング
第30回 ユニバーシアード競技大会(2019/ナポリ)
7月2日(火) 18:00 グループリーグ 第1戦 対イタリア女子代表
7月3日(水)~7月5日(金) TBC トレーニング
7月6日(土) 18:00 グループリーグ 第2戦 対アメリカ女子代表
7月7日(日) TBC トレーニング
7月8日(月) TBC 順位決定戦
7月9日(火) TBC トレーニング
7月10日(水) TBC 順位決定戦
7月11日(木) TBC トレーニング
7月12日(金) TBC 順位決定戦

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第30回 ユニバーシアード競技大会(2019/ナポリ)

大会期間:2019/7/3(水)~2019/7/14(日)
会場:未定

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー