JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-17 2018年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表、ロシアに2点リード許すも追いつき同点、勝ち点1を獲得~UAEフットボールカップ~

ニュース

U-17日本代表、ロシアに2点リード許すも追いつき同点、勝ち点1を獲得~UAEフットボールカップ~

2018年02月27日

U-17日本代表、ロシアに2点リード許すも追いつき同点、勝ち点1を獲得~UAEフットボールカップ~

UAE Football Cup 第1戦 vs U-17ロシア代表
2018年2月26日(月) キックオフ時間16:00(現地時間) 試合時間90分(45分ハーフ)
The complex of UAE FA(ドバイ/UAE)

U-17日本代表 2-2(前半0-1、後半2-1)U-17ロシア代表

得点
8分 失点(U-17ロシア代表)
50分 失点(U-17ロシア代表)
67分 松田詠太郎(U-17日本代表)
90分 藤尾翔太(U-17日本代表)

スターティングメンバー
GK:三井大輝
DF:山﨑大地、岩井龍翔司、馬場晴也、半田陸
MF:松田詠太郎、山崎稜介、松本凪生、山本理仁
FW:ブラウンノア賢信、斉藤光毅

サブメンバー
GK:板橋洋青
DF:橋本柊哉、木村誠二、畑大雅
MF:岩本翔、有田恵人、小林夏生
FW:藤尾翔太、宮城天

交代
HT 山崎稜介 → 岩本翔
60分 松本凪生 → 宮城天
67分 ブラウンノア賢信 → 藤尾翔太
84分 岩井龍翔司 → 畑大雅

マッチレポート

今大会初戦は、平均身長が日本より3cm程高く、体格に勝るU-17ロシア代表との対戦となりました。試合開始早々から2,3人の選手が同時にピッチに倒れるほど、両チーム激しいボールの奪い合いになります。U-17ロシア代表は、ワントップを前線に残し、ペナルティエリア前方15m辺りにブロックを作り、ボールを奪うとシンプルにカウンターを狙ってきます。対するU-17日本代表は、相手に狙い所を絞らせないように早くボールを動かし、フィールドを広く使おうとします。ところが、8分 相手のコーナーキックから#10に決められ、先制を許してしまいます。早い時間帯に同点に追いつきたい日本は、左サイドの山崎陵介選手、右サイドの松田詠太郎選手を起点に攻撃を組み立てますが、ロシア代表の徹底したブロックは固く、アーリークロスもつながらず、FWブラウンノア賢信選手と斉藤光毅選手へのパスもなかなか通すことが出来ません。ボランチ、ディフェンスラインでボールは繋げるものの、前線には良い形でボールを繋げずに、そのままロシアのブロックを崩せないまま1点ビハインドで前半を折り返します。

後半も早々の50分、DFのパスミスから相手の#8に追加点を許し0-2とされます。なんとか1点を返したい日本は、徐々に前線にボールが入るようになります。そして、67分 斉藤選手が前線でボールをキープし、右サイドの松田選手に繋ぐと、ワンタッチで中に切り込み、左足を振り抜き1点を返します。69分藤尾翔太選手が右サイドを持ち上がってクロスを上げたところを、岩本翔選手がシュート、惜しくもゴールマウスの上に外れるも、得点を機に交代で入った選手が好機を演出します。そして、75分 斉藤選手がPKを獲得して同点のチャンスを得ます。斉藤選手が自らこのPKを蹴るも、相手ゴールキーパーの好セーブに阻まれ得点出来きません。その後も足が止まりだした相手に幾度となく好機を作る日本、最後まで諦めずに攻撃を続けた90分再び右サイドの松田選手が中央へクロスしたところを、斉藤選手が頭で合わせます。相手ゴールキーパーに一度は弾かれますが、それを藤尾選手がボレーでネットを揺らして同点とします。最後の最後に追いついた日本は2-2で初戦を終えました。

選手コメント

GK #1 三井大輝 選手(名古屋グランパスU-18)
今回、初招集していただき大変嬉しく思います。今日の試合は、チームとしては0-2にされて、そこから何とか追いつくことができたのでよかったと思いますが、決して勝てない相手ではなかったので勝ちたかったです。個人としては2失点してしまい、両方とも防げる失点だったので自分の実力不足を感じました。しかし、その中で自分の力を発揮することができたのでそこは継続していきたいです。そして、あと2試合残っているので2連勝できるようにいい準備をしていきたいと思います。

DF #6 馬場晴也 選手(東京ヴェルディユース)
立ち上がり、簡単なミスが全体で多く、うまく試合に入ることができませんでした。自分達のペースになってからはラインを高く保ってコンパクトに試合が運べましたが、ロングボールの処理の部分でミスが目立ったので改善したいです。残り2試合あるので、いろんなものを吸収できるようにやっていきたい。

MF #17 松田詠太郎 選手(横浜F・マリノスユース)
今日の試合は初めての試合で緊張しましたが、自分のプレーも出せたし、課題も見つかったのでよかったです。試合の内容は自分たちのペースで試合を進められましたが、勝ちきれなかったことは悔しいです。でも0対2で負けてる中みんな諦めず集中して2対2まで持って行ったのは、今後に繋がると思います。あと2戦はチームとしても個人としてもしっかり結果を残せるよう頑張ります。

FW #9 ブラウンノア賢信 選手(横浜F・マリノスユース)
今日のロシア戦は引いて守られて、前半はなかなか裏に抜けることができず、ゴールへの意識が少し低かったです。後半は高い位置で起点になり、チャンスを作ることができました。試合を通して、シュートの数が少なかったことと、マークを外す動きがあまりできていなかったので、次の試合はもっと意識して試合に臨みたいです。

スケジュール

UAEフットボールカップ
2月26日(月) 2-2 第1戦 vs U-17ロシア代表 (The Complex of UAE FA)
2月27日(火) TBC トレーニング
2月28日(水) 19:00 第2戦 vs U-17アラブ首長国連邦代表 (The Complex of UAE FA)
3月1日(木) TBC トレーニング
3月2日(金) 16:00 第3戦 vs U-17バーレーン代表 (The Complex of UAE FA)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

UAEフットボールカップ

大会期間:2018/2/26(月)~2018/3/2(金)
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー