JFA.jp

JFA.jp

EN

U-16日本女子代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-16女子 2019年 > HiFA 平和祈念 2019 Balcom BMW CUP 広島女子サッカーフェスタ TOP > 最新ニュース一覧 > U-16日本女子代表 大会2連勝 ~HiFA 平和祈念 2019 Balcom BMW CUP 広島女子サッカーフェスタ

ニュース

U-16日本女子代表 大会2連勝 ~HiFA 平和祈念 2019 Balcom BMW CUP 広島女子サッカーフェスタ

2019年08月11日

U-16日本女子代表 大会2連勝 ~HiFA 平和祈念 2019 Balcom BMW CUP 広島女子サッカーフェスタ

HiFA 平和祈念 2019 Balcom BMW CUP 広島女子サッカーフェスタ vs. Gold Coast United FC U-16
2019年8月10日(土) キックオフ時間 17:00 試合時間 70分(35分×2)
エディオンスタジアム広島(広島県)

U-16日本女子代表 14-0(前半10-0、後半4-0)Gold Coast United FC U-16

得点
2分 丹野凛々香(U-16日本女子代表)
6分 大山愛笑(U-16日本女子代表)
9分 丹野凛々香(U-16日本女子代表)
11分 箕輪千慧(U-16日本女子代表)
15分 西尾葉音(U-16日本女子代表)
17分 箕輪千慧(U-16日本女子代表)
20分 太田萌咲(U-16日本女子代表)
22分 丹野凛々香(U-16日本女子代表)
24分 井手ひなた(U-16日本女子代表)
35分 丹野凛々香(U-16日本女子代表)
61分 浜野まいか(U-16日本女子代表)
62分 丹野凛々香(U-16日本女子代表)
67分 浜野まいか(U-16日本女子代表)
69分 根府桃子(U-16日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:野田にな
DF:小山史乃観、林愛花、石川璃音、太田萌咲
MF:丹野凛々香、天野紗、大山愛笑、箕輪千慧
FW:西尾葉音、浜野まいか

サブメンバー
GK:服部茜汐香
DF:櫨川結菜、井手ひなた
MF:荻久保優里、佐藤千優、西郡茉優、猪瀨結子
FW:根府桃子

交代
19分 石川璃音 → 井手ひなた
26分 西尾葉音 → 荻久保優里
47分 荻久保優里 → 猪瀬結子
58分 林愛花 → 根府桃子
58分 太田萌咲 → 西郡茉優

マッチレポート

U-16日本女子代表は8月10日(土)にエディオンスタジアム広島でHiFA 平和祈念 2019 Balcom BMW CUP第2戦目を迎え、オーストラリアのクラブチームGold Coast United FC U-16と対戦しました。

試合開始後3分、MF大山愛笑選手が相手DFの背後をつくパスを出すと、MF丹野凛々香選手が反応し、相手をかわしてシュート。先制点を挙げます。
続く6分、相手ペナルティエリア外でボールを受けたMF大山選手がロングシュートを決め、2-0とします。
さらに10分には、相手DFの背後へ抜けたMF丹野選手がこの試合2点目を挙げ3-0。
続けて11分、MF丹野選手がクロスを送るとMF箕輪千慧選手が合わせてゴール。
15分には、相手ゴール前のスペースでボールを受けたFW西尾葉音選手がシュートを決めると、続けて17分にはMF箕輪選手がこの試合自身2点目を決め、6-0。
21分には、MF天野紗選手からMF箕輪選手、DF太田萌咲選手と繋ぎ、DF太田選手が相手をかわしてシュートを決めます。
続けて22分、PKを獲得すると、MF丹野選手が冷静に決め、8-0。
24分、MF大山選手のコーナーキックをDF井手ひなた選手が頭で合わせてゴール。
35分にMF丹野選手が相手DFをドリブルでかわしてゴールを決め、10-0で試合を折り返します。

後半に入り、守備を固めてきた相手に対し、ボールを保持するも、ゴールを奪えない時間が続きます。
そして、59分、MF西郡茉優選手からのパスを受けたMF丹野選手がクロスを送ると、FW浜野まいか選手が合わせて11-0とします。
続けて、60分にFW浜野まいか選手からのクロスにMF丹野選手が合わせて、この試合自身5点目を決めます。
64分には、相手ゴール前でボールを受けたFW浜野選手が相手DFをドリブルでかわし、ゴール。
試合終了間際の67分には、MF西郡茉優選手のクロスにFW根府桃子選手が頭であわせて14-0で試合を終えました。

また、試合後の夕食では、この日誕生日を迎えた井手ひなた選手の誕生日をチーム全員で祝いました。

U-16日本女子代表は、8月11日(日)に、U-16長崎県選抜と対戦します。

選手コメント

DF #2 井手ひなた(藤枝順心高校)
AFC U-16女子選手権の初戦で対戦する、オーストラリアのクラブチームとの対戦となりました。
クラブチームが相手でしたが、負けられないと思い試合に臨みました。
前半で途中出場すると知らされていたので、途中から出場しても試合勘にすぐ馴染めるよう、準備をしました。
初戦ではチーム全体的に決定力が課題でしたが、今日の試合は前日の練習の成果が出て、たくさん点を取れて良かったです。パスも初戦よりミスが少なく、繋げていました。
守備では、前半、海外の選手との体格差があり、1vs1で負けている部分や、前を向いてボールを持たれることもあったのでハーフタイムで改善し、チーム全員で意識して取り組めたと思います。
明日が、今大会最終戦となるため、全員で気持ちを高めて頑張りたいです。

MF #11 丹野凛々香(浦和レッズレディースユース)
アップから全員で盛り上げて、試合に入ることができました。
前半のうちに10点取れたことはとてもよかったですが、後半になって相手が自陣に引いて守る形になり、なかなか得点まで行くことができなくなりました。
ボールは保持できていた中で、ゴール前でのアイデアや精度の部分が足りなかったと思います。
最後の長崎県選抜との試合では、今日の試合の反省点を自分たちで解決し、1か月後のAFC U-16女子選手権につなげられるようにしていきたいです。
また、個人としても結果を残せるプレーを心掛けていきたいと思います。

FW #14 浜野まいか(セレッソ大阪堺ガールズ)
今日の試合では、9月に行われるAFC U-16女子選手権へ向けての大切な試合の一つでした。
試合の入りが良く、練習でも取り組んだコンビネーションを上手く発揮でき、前半早々から得点を取ることができました。
ですが後半、相手も戦術を変えてきて、それにうまく対応できずになかなか点が取れませんでした。
試合の中で、味方同士でコミュニケーションを取り合い、修正していくことがとても大切だと感じました。
この試合では、自分自身の課題もたくさん見つけることができ、次に繋がる意味のある試合になりました。
残り1試合を無駄にせず、次の1戦でも試合を通して成長したいです。

スケジュール

HiFA 平和祈念 2019 Balcom BMW CUP 広島女子サッカーフェスタ
8月8日(木) 4-0 vs U-16広島県選抜(エディオンスタジアム広島)
8月9日(金) AM 合同平和学習
PM トレーニング
8月10日(土) 14-0 vs Gold Coast United FC U-16(エディオンスタジアム広島)
8月11日(日) 16:00 vs U-16長崎県選抜(エディオンスタジアム広島)
8月12日(月) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

HiFA 平和祈念 2019 Balcom BMW CUP 広島女子サッカーフェスタ

大会期間:2019/08/08(木)~2019/08/11(日)
会場:広島/エディオンスタジアム広島

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー