JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-16日本女子代表 大会初戦でU-16広島県選抜に勝利

ニュース

U-16日本女子代表 大会初戦でU-16広島県選抜に勝利

2019年08月09日

U-16日本女子代表 大会初戦でU-16広島県選抜に勝利

HiFA 平和祈念 2019 Balcom BMW CUP 広島女子サッカーフェスタ vs. U-16広島県選抜
2019年8月8日(木) キックオフ時間 17:00 試合時間 70分(35分×2)
エディオンスタジアム広島(広島県)

U-16日本女子代表 4-0(前半2-0、後半2-0) U-16広島県選抜

得点
19分 西尾葉音(U-16日本女子代表)
24分 猪瀨結子(U-16日本女子代表)
49分 丹野凛々香(U-16日本女子代表)
70分 浜野まいか(U-16日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:服部茜汐香
DF:佐藤千優、林愛花、荻久保優里、井手ひなた
MF:西郡茉優、太田萌咲、天野紗、猪瀨結子
FW:西尾葉音、根府桃子

サブメンバー
GK:野田にな
DF:櫨川結菜、石川璃音、小山史乃観
MF:箕輪千慧、丹野凛々香、大山愛笑
FW:藤野あおば、浜野まいか

交代
46分 西郡茉優 → 箕輪千慧
46分 西尾葉音 → 浜野まいか
46分 根府桃子 → 丹野凛々香
50分 井手ひなた → 小山史乃観
50分 太田萌咲 → 大山愛笑

マッチレポート

U-16日本女子代表は8日(木)、快晴のエディオンスタジアム広島でHiFA 平和祈念 2019 Balcom BMW CUP 広島女子サッカーフェスタの初戦を迎えました。

試合前のミーティングで狩野倫久監督は選手たちに向け「全ての取り組み、行動、発言がチームのためになるように、自覚と責任を持って取り組もう」と話しました。

8月の暑さの中、試合はキックオフ。
試合開始3分にMF猪瀨結子選手が相手DFをドリブルでかわしてシュートを打つもゴールの枠を捉えられません。続く6分、FW根府桃子選手のスルーパスからFW西尾葉音選手がシュートを打つも、相手GKに阻まれます。その後も決定機を作りますが、得点を挙げることができません。

19分、FW西尾選手がスルーパスに反応し、相手DFの背後に抜け出してゴール、今大会チーム初得点を挙げ1-0とすると、24分には、MF天野紗選手、FW西尾選手とつなぎ、クロスに合わせたMF猪瀨選手がゴール。2-0で試合を折り返します。

後半36分、DF佐藤千優選手が相手DFをドリブルでかわしシュートを打つも、ゴール左に外れます。49分には後半から出場したFW丹野凛々香選手が、相手GKがキャッチしようとしたボールをゴールへ押し込み3-0と点差を広げます。さらに試合終了間際の70分にはFW丹野選手からパスを受けたMF猪瀨結子選手がシュート。これはポストにはじかれますが、FW浜野まいか選手が押し込んで4-0として試合を終えました。

U-16日本女子代表は、10日(土)にオーストラリアのクラブチーム、Gold Coast United FC U-16と対戦します。

選手コメント

DF #7 荻久保優里 選手(セレッソ大阪堺ガールズ)
今日の試合では立ち上がりからアグレッシブで攻撃的なサッカーしていこうと意識して戦いました。ですが前半は単純なミスが多かったり、決定的なシーンを決めきれなかったり、いい方向にゲームを運ぶことが出来ませんでした。その中でもコミュニケーションを取り、励ましの声、コーチングの声をかけ改善していこうとしました。ハーフタイムにはサブの選手がタオルを使って仰いでくれたり、氷を渡してくれたりしてチーム全体で団結して後半に臨みました。後半は立ち上がりから勢いよくゴールを目指していくプレーが増え、少しですが相手を圧倒するシーンを作ることができました。交代して入った選手もワンツーや個人での突破で果敢にゴールを目指し、さらに勢いが増しました。まだまだ味方とのコンビネーションやタイミングが合っていないので、これからはもっとコミュニケーションをとって団結力を高めていきたいと思います。

DF #19 佐藤千優 選手(大阪学芸高)
今日は、今大会の初戦で、チームとしても、個人としても、とても気持ちが入っていました。しかし、前半はなかなか上手くボールが回せず、ハーフタイムに気合を入れ直し、後半に臨みました。
今回の活動は自チームの大会直後ということで、ハードなスケジュールで参加している選手が多く、トレーニングの回数も多くないので合わせるのが難しい部分もありました。しかし、9月の大会本番では、そんなことは言い訳にできないので、どんな時も自分の力を出し切れる選手がチームに貢献できると思いました。
広島は地元でもあり、たくさんの方々が応援に来てくださっていて、この大会が開催されていることにも感謝しなければいけないと感じました。
やれることを全力でやることで見ている人に感謝を伝えられると思うので、自分ができる精一杯のことをこれからしていこうと思います。

MF #17 猪瀨結子 選手(マイナビベガルタ仙台レディースユース)
大会初戦ということで、チーム全員でウォーミングアップの時から盛り上げて雰囲気を作り、結果でも内容でも相手を圧倒することをみんなで共有して試合に臨みました。
結果は4-0と勝つことができましたが、ミスが多くあり内容で圧倒することができなかったので、次の試合までにコミュニケーションを取るなどして、改善できるようにしたいです。
また、得点のチャンスはたくさんあったと思うので、さらに結果で圧倒できるように決定力を上げていきたいです。
そして、大会を運営してくれている方々など、関わってくださる全ての方への感謝の言葉、気持ちを忘れずに、残りの試合も頑張っていきたいと思います。

スケジュール

HiFA 平和祈念 2019 Balcom BMW CUP 広島女子サッカーフェスタ
8月8日(木) 4-0 vs U-16広島県選抜(エディオンスタジアム広島)
8月9日(金) AM 合同平和学習
PM トレーニング
8月10日(土) 17:00 vs Gold Coast United FC U-16(エディオンスタジアム広島)
8月11日(日) 16:00 vs U-16長崎県選抜(エディオンスタジアム広島)
8月12日(月) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

HiFA 平和祈念 2019 Balcom BMW CUP 広島女子サッカーフェスタ

大会期間:2019/08/08(木)~2019/08/11(日)
会場:広島/エディオンスタジアム広島

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー