JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル 2017年 > 第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(2017/アシガバット) > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 準々決勝でヨルダン代表に4-1で快勝 〜第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(2017/アシガバット)

ニュース

フットサル日本代表 準々決勝でヨルダン代表に4-1で快勝 〜第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(2017/アシガバット)

2017年09月24日

フットサル日本代表 準々決勝でヨルダン代表に4-1で快勝 〜第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(2017/アシガバット)

第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ
準々決勝 vs フットサルヨルダン代表
2017年9月23日(土) キックオフ時間13:00(現地時間) 試合時間40分(前後半各20分)
Multifunctional Sport Venue Hall-1(トルクメニスタン/アシガバット)

フットサル日本代表 4-1(前半1-1、後半3-0)フットサルヨルダン代表

得点
3分 室田祐希(フットサル日本代表)
11分 失点(フットサルヨルダン代表)
27分 植松晃都(フットサル日本代表)
36分 室田祐希(フットサル日本代表)
39分 橋本優也(フットサル日本代表)

スターティングメンバー
GK:矢澤大夢
FP:植松晃都、室田祐希、清水和也、上村充哉

サブメンバー
GK:三浦拓、上原拓也
FP:原辰介、田村佳翔、堀米将太、八木聖人、齋藤功一、森村孝志、橋本優也

マッチレポート

第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズに参加しているフットサル日本代表はグループCを1位で突破し、23日(土)に準々決勝を迎えヨルダン代表と対戦しました。今大会は若手主体のメンバー構成ながらも、試合を重ねるごとに成長を見せるフットサル日本代表はグループステージでの勢いそのままに臨みます。

前半開始3分、相手クリアボールを拾ったキャプテンの室田祐希選手が1対1で相手を交わしてゴールを奪い早々に先制します。序盤に良い形で先制点を奪った日本でしたが、徹底して守備網を敷きカウンターを狙うヨルダンから追加点を奪えず、膠着状態が続きます。すると11分、日本のミスを突いたヨルダンに得点を奪われ同点とされてしまいます。その後も両チーム決定機を迎えるもペースは変わらず、1-1で前半を折り返します。

ハーフタイム、ブルーノ・ガルシア監督は「ここまでのグループステージで見せていた集中力・強度が全くない。このままでは勝てないぞ。必ずチャンスは来る。もう一度自分たちで立て直し、準決勝に進もう。」と選手を後半に送り出します。

後半に入り徐々に自分たちのペースを作り出した日本は28分、植松晃都選手が味方シュートのこぼれ球を押し込みヨルダンを突き放します。これで冷静さを取り戻した日本は、36分に相手ゴール前で植松選手のパスを受けた室田選手がシュートを押し込み、この日2点目のゴールで突き放します。試合残り2分、ヨルダンがパワープレーを仕掛けましたが、相手のパスミスを見逃さずカットした橋本優也選手が無人のゴールに蹴り込み4-1と試合を決定付け、そのまま試合は終了しました。

引いて守る難しい相手に対し勝利した日本は準決勝に進出し、24日(日)の19:00(日本時間23:00)にウズベキスタン代表と対戦します。

監督・選手コメント

ブルーノ・ガルシア 監督
無事に準決勝進出のチケットを手に入れることができ嬉しく思います。アジアの強豪が参加する大会で、しっかりとベスト4に入れたことが大きな意味を持つ結果だと思っています。今日のヨルダン代表との試合は予想していた通り難しい試合でした。個人技に優れた選手もいますし、引いて守ってカウンター攻撃が得意なチームでした。結果は4-1でしたが、前半に関しては同等の戦いだったと思います。後半に入り得点を決めたことで冷静さを保ち、優位に試合を進めることができました。選手たちのモチベーションも試合を進めるごとに上がってきています。準決勝のウズベキスタン代表戦も難しい試合になると思いますが、試合までの短い時間の中で良い準備をして試合に臨みたいと思います。

GK #2 矢澤大夢 選手(フウガドールすみだ)
ヨルダン代表の好守に攻めあぐね、なかなか得点できずカウンターで何本か決定機を作られてしまいました。前半は1-1と自分達の思い通りのプレーができずロッカーでは再度みんなで喝を入れ直し、後半に挑みました。ピンチは何本かありましたが、植松選手のゴールからいい流れを作ることができました。明日の準決勝はウズベキスタン代表ですが、チーム一丸となって決勝に進めるよう全力で頑張ります。

FP #6 植松晃都 選手(湘南ベルマーレ)
今日のヨルダン戦は厳しい時間帯が多く難しい試合展開でしたが、しっかりと得点を積み重ねて勝利出来たことは良いことだと思います。明日のウズベキスタン代表との試合も厳しい試合になると思いますが、チーム一丸となりしっかりと勝ち進み、優勝して日本へ帰れるよう頑張ります。

FP #13 橋本優也 選手(名古屋オーシャンズサテライト)
今日の試合で勝ってベスト4進出が決まりました。僕たちが目指してるのはあくまでも優勝です。次の準決勝も気を引き締めて試合に臨みたいと思います。

スケジュール

第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ  
9月16日(土) 1-1 トレーニングマッチ vs フットサルトルクメニスタン代表
9月17日(日) 2-2 トレーニングマッチ vs フットサルウズベキスタン代表
9月18日(月) 5-2 グループステージ 第1戦 vs フットサルレバノン代表
9月19日(火) AM トレーニング
9月20日(水) AM/PM トレーニング
9月21日(木) 6-4 グループステージ 第2戦 vs フットサルタイ代表
9月22日(金) AM/PM トレーニング
9月23日(土) 4-1 準々決勝 vs フットサルヨルダン代表
9月24日(日) 19:00 準決勝 vs フットサルウズベキスタン代表
9月25日(月) AM/PM トレーニング
9月26日(火) 17:00/19:00 3位決定戦 / 決勝

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(2017/アシガバット)

大会期間:2017年9月16日(土)~2017年9月26日(火)
日程・結果、招集メンバーなど大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー