JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 初戦レバノン代表に勝利〜第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(2017/アシガバット)

ニュース

フットサル日本代表 初戦レバノン代表に勝利〜第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(2017/アシガバット)

2017年09月19日

フットサル日本代表 初戦レバノン代表に勝利〜第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ(2017/アシガバット)

第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ
グループステージ 第1戦 vs フットサルレバノン代表
2017年9月18日(月) キックオフ時間13:15(現地時間) 試合時間40分(前後半各20分)
Multifunctional Sport Venue Hall-1(トルクメニスタン/アシガバット)

フットサル日本代表 5-2(前半1-1、後半4-1)フットサルレバノン代表

得点
18分 植松晃都(フットサル日本代表)
19分 失点(フットサルレバノン代表)
21分 上村充哉(フットサル日本代表)
22分 失点(フットサルレバノン代表)
33分 八木聖人(フットサル日本代表)
34分 清水和也(フットサル日本代表)
36分 堀米将太(フットサル日本代表)

スターティングメンバー
GK:矢澤大夢
FP:清水和也、室田祐希、植松晃都、上村充哉

サブメンバー
GK:三浦拓、上原拓也
FP:森村孝志、田村佳翔、堀米将太、原辰介、八木聖人、橋本優也、齋藤功一

マッチレポート

第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズに参加しているフットサル日本代表は18日(月)、グループステージ初戦を迎えフットサルレバノン代表と対戦しました。両チームとも大会初戦ということもあり、ゲーム序盤は互いに慎重な立ち上がりで進みます。日本代表はキャプテンの室田祐希選手を中心に、体格に勝るレバノンを相手に、ワンタッチ、ツータッチの素早いテンポでボールを回し、相手のスキを伺います。

すると18分、右サイドでボールを受けた植松晃都選手が右足を振り抜き、先制点を奪います。このままリードして前半を折り返すかと思われましたが、前半終了間際にレバノン代表に同点に追いつかれ、1-1で前半を折り返します。

ハーフタイムにブルーノ・ガルシア監督は「後半は難しい試合になる。それでも自分たちは負けていないし、非常に良い部分が出せている。相手は後半に絶対運動量が落ちてくる。自分たちを信じて、自分たちの戦いをしよう」と選手を送り出します。

後半に入ると、上村充哉選手が早々に追加点を奪います。このまま勢いに乗るかと思われましたましたが、レバノンの攻撃を止めきれず、すぐさま同点に追いつかれてしまいます。

その後は両チーム拮抗した内容が続きましたが、33分に八木聖人選手が値千金のミドルシュートを決めてレバノンを突き放し、流れを変えます。これで精神的にも余裕ができ、ペースを完全に掴んだ日本代表は34分に清水和也選手、36分に堀米将太選手がゴールを挙げて終わってみれば大量5得点。5-2で大会初戦を勝利で飾りました。

フットサル日本代表は21日(木)、現地時間11:00(日本時間15:00)にフットサルタイ代表とグループステージ第2戦を戦います。

監督・選手コメント

ブルーノ・ガルシア 監督
選手たちのパフォーマンスは非常にポジティブな印象を与えるものでした。今日の勝利はただの勝利でなく、次の試合に繋がるものだったと思います。ゲーム内容も、試合前に共有していたゲームプラン通りしっかり遂行できていました。相手は個人レベルも非常に高いチームでしたが、落ち着いて対応することができました。我々は国際大会が初めての選手も多く、その中でこの試合に勝ち切れたことは、この大会を進んでいく上で大事な勝利だったと思います。次のタイ代表は非常に優れたチームではありますが、私たちはその相手に向けた準備を確実に行っていくのみです。

FP #5 堀米将太選手(シュライカー大阪)
まず大事な初戦を勝利することができ、ホッとしています。ですが、まだ何も成し遂げていないので、今日の試合で出た課題を修正し、第2戦のタイ戦に向けてしっかりと準備していきたいと思います。

FP #11 清水和也 選手(フウガドールすみだ)
大事な初戦レバノン戦を勝利することができました。苦しい時間帯もありましたが、全員で乗り越え勝利を掴み取ることができました。次のタイ戦に向けて最高の準備をし、チーム一丸となって臨みたいと思います。

FP #14 上村充哉 選手(湘南ベルマーレ)
初戦は難しい試合でしたが、勝利することができました。同点に追いつかれる時間帯もありましたが、そういった課題も含めてタイ戦までの2日間で修正をしていきたいと思います。そしてグループ1位を目指して戦いたいと思います。

スケジュール

第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ  
9月16日(土) 1-1 トレーニングマッチ vs フットサルトルクメニスタン代表
9月17日(日) 2-2 トレーニングマッチ vs フットサルウズベキスタン代表
9月18日(月) 5-2 グループステージ 第1戦 vs レバノン
9月19日(火) AM トレーニング
9月20日(水) AM/PM トレーニング
9月21日(木) 11:00 グループステージ 第2戦 vs タイ
9月22日(金) AM/PM トレーニング
9月23日(土) tbc 準々決勝
9月24日(日) tbc 準決勝
9月25日(月) AM/PM トレーニング
9月26日(火) tbc 決勝、3/4位決定戦

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー