btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > バーモントカップ 第27回全日本少年フットサル大会 > 最新ニュース一覧 > 出場チーム紹介 vol.4 バーモントカップ 第27回全日本少年フットサル大会

ニュース

出場チーム紹介 vol.4 バーモントカップ 第27回全日本少年フットサル大会

2017年08月13日

出場チーム紹介 vol.4 バーモントカップ 第27回全日本少年フットサル大会

8月18日(金)~8月20日(日)、東京都にてバーモントカップ 第27回全日本少年フットサル大会が開催されます。都道府県予選を勝ち抜いた47チームと前年度の予選参加チーム数が最も多かった北海道から1チームを加えた計48チームが参加。4チームずつ12グループに分かれリーグ戦(1次ラウンド)を行い、各グループ1位のチームと2位のうち成績上位4チーム、合計16チームがノックアウト方式の決勝ラウンドに進出し、小学生年代のフットサル日本一の栄冠を目指します。

今回は下記6チームをご紹介します。

大久保少年サッカークラブ (富山県代表)

栗山邦彦 監督
富山市の大久保小学校校区を中心に活動しています。設立から38年の老舗チームで、バーモントカップ全国大会も今回が3回目の出場。2008年には全日本少年サッカー大会の全国大会に出場しました。これまでに200人を超える卒部生を輩出し、その中にはJリーグの選手も輩出しています。1対1で負けない、ボールを持ったら取られないという強い気持ちを持てるように指導しています。声のかけ方を含め、チーム一丸となって相手に向かっていくサッカーを目指しています。

鈴木公貴 選手
バーモントカップの富山県大会は、決勝戦まではいつもよりも上手く戦えたなと思っていたのですが、決勝戦はとても緊張しました。全国大会ではチームが一丸となって、負けたチームの想いや気持ちも背負って、一試合一試合を頑張りたいです!

テイヘンズFC金沢U-12 (石川県代表)

廣茂幸雄 監督
1968年にクラブを結成し今年で設立49周年を迎えました。クラブ名の由来は、石川県サッカーの底辺拡大と、我々がその底辺となり、また三角形の底辺から頂点(トップ)を目指して頑張ろうと言う意味が込められています。ジュニア年代では、蹴る止める運ぶを基本とし、一人ひとりが個人スキルを習得するようにトレーニングしてます。本大会では、その成果を試しあい一試合一試合勝ち抜いて頂点を目指して頑張りたいと思います。

松本賢太 選手
初めての全国大会です。チーム一丸となり戦います。

高椋サッカースポーツ少年団 (福井県代表)

高本隆 監督
「日本最古の天守閣、丸岡城」「日本一短い手紙、一筆啓上」そして、「サッカーの町、丸岡町」、福井県坂井市丸岡町のチームです。 高椋小学校の児童で構成するスポーツ少年団です。創団41周年目で全国大会初出場になります。全国の強豪チームと対戦するのが楽しみです。最後まで諦めないサッカーをし、チームワークの良いチームです。決勝ラウンドを目指しがんばります。

久米田麻斗 選手
みんなの気持ちをひとつにして、福井県代表としてみんなといっしょに戦っていきたいです。

野口大斗 選手
今の最高のチームで日本一になる!

廣部蒼生 選手
福井県代表として全国大会で活躍したいです。

山本貫太 選手
高椋SSSのゴールは俺が守る!

畑遼河 選手
ベストを尽くし、優勝目指してがんばります。

五十嵐玲央 選手
仲間を信じて優勝する。

杉田拓未 選手
初めての全国大会、福井県代表として決勝トーナメントに行けるように、全力プレーでがんばります。

徳橋央聖 選手
悔いの残らないように力を出し切りたい。 

ピヴォ (静岡県代表)

石神恒行 監督
ジュニア年代に必要な素早い状況判断や集中力を養うことが出来るフットサルを、サッカーの指導に取り入れることを機に、2003年にフットサルチームを結成。チームのほとんどの選手は、サッカーをやりながら、週2回程度フットサルの練習をこなしています。チームの特徴としては、攻守の切り替えを意識しながらも、人とボールが連動した早いパス回しからの攻撃を基本にゲームを展開していきます。本大会が子ども達の最高の思い出なれば幸いです。

石川智也 選手
バーモントカップ全国大会で強豪チームと戦えることが楽しみで仕方ないです。もっともっと楽しみたいから、今まで以上に声を掛け合いながら、最後まで絶対に諦めないという強い気持ちを持って、力一杯頑張ります。そして、ここまで連れてきて下さった、監督・コーチや応援してくれている家族の皆に感謝しながら、この大会が思い出に残るような良い試合をたくさんしていきたいと思います。 

ブリンカールFC (愛知県代表)

古居俊平 監督
今年の目標は日本一です。素晴らしい選手、保護者、スタッフ、ブリンカールファミリーと一緒に歓喜の瞬間を味わいたいと思います。子供たちの未来につながる最高の大会になることを期待しています。夢は叶う!Boa Sorte!

佐藤俊哉 選手
ブリンカールFCは、練習量の多さではどのチームにも負けません。今までの練習でコーチから教わったことを全員が発揮できれば、必ず勝利につながるはずです。2年ぶり2度目の全国優勝を目指します‼

津ラピドFC (三重県代表)

世古和正 監督
1年ぶり12回目の出場を果たすことが出来ました。チーム名の由来である”スピード・素早さ”で、「ラピドスタイル」を貫き、「負けない気持ち」でミスを恐れず積極的に勝負していきたいです。

福本開 選手
このチームは仲が良いチームです。日頃の練習の成果を発揮し最後の笛が鳴るまで全力で戦います。いつも支えてくれているコーチや保護者の方の胸に残るような試合にします。

 

2017年8月18日(金)~20日(日)
東京都/駒沢オリンピック公園体育館・屋内球技場
大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

特別協賛

  • ハウス食品グループ本社株式会社

JFA.jp SITEMAP