JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 高円宮杯JFA U-18プレミアリーグ JFA.jp×スカパー!連動企画「あのころのボクたちは」第7回 橋本拳人選手&染谷悠太選手
NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

高円宮杯JFA U-18プレミアリーグ JFA.jp×スカパー!連動企画「あのころのボクたちは」第7回 橋本拳人選手&染谷悠太選手

NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2018年11月15日

高円宮杯JFA U-18プレミアリーグ JFA.jp×スカパー!連動企画「あのころのボクたちは」第7回 橋本拳人選手&染谷悠太選手

高体連のチームとJリーグのアカデミーが鎬を削る高円宮杯 JFA U-18プレミアリーグはこれまで、後にJリーグでプレーする選手を数多く輩出してきました。第4クールが始まる11月23日(土)を前に、高校やクラブユースのOBがかつて出場した高円宮杯を振り返ります。

FC東京 橋本拳人 選手

ダイナミックな動きでFC東京の攻守に欠かせない存在として君臨するのが橋本拳人選手です。小学校5年生の頃からFC東京のスクールでプレーした橋本選手は順調にステップアップを果たし、FC東京U-15深川を経て、2009年にはFC東京U-18に加入。「FC東京のユースはどこのチームから見ても強いと思われていたので、実際に入ってもレベルが高いなと感じました。高校1年生の時はサテライトリーグに参加させてもらい、フィジカルとプレースピードの違いを感じました。」と振り返ります。

高校3年生の時には、創設初年度のプレミアリーグも経験。10番を背負った橋本選手は、普段はトップチームで練習し、試合のみU-18でプレーする難しい環境に身を置きながらも奮闘しましたが、開幕から思うように結果が残せず、奪った白星はわずか3つ。勝てば残留が決まる最終節のコンサドーレ札幌U-18(北海道)戦でも、堀米悠斗選手(アルビレックス新潟)と中原彰吾選手(V・ファーレン長崎)に得点を許し、1-2で敗れました。

「初めて参加させてもらったのに、1年で落としてしまった悔しさは今でも忘れられません。」そう話すように高校生活最後の年は悔いが残る一年となりましたが、勝利を目指し戦い続けた経験は橋本選手にとって無駄ではありません。プレミアリーグで戦う後輩たちには「プレミアという舞台でやっている選手は皆、プロを目指していると思いますし、そこでの活躍がプロにつながると思うので、毎試合自分が勝利に貢献するんだ、活躍をするんだという強い気持ちを持ってプレーしてほしい。また、いつかプロの舞台で対戦できたらなと思います。」とエールを送ります。

京都サンガF.C. 染谷悠太 選手

頭脳的な守備で京都サンガF.C.の守備の要として活躍する染谷悠太選手は小学校時代から高校までFC東京のアカデミーで過ごしました。

FC東京U-18時代に師事したのは現在、FC岐阜のコーチを務める長島裕明監督。「自分が試合に出ても結果が出せない時期に悩んでいた。部屋にいき、『どうしたら上手くなれますか?』、『どうしたらDFがもっとよくなりますか?』と話したら、基本的なことをすごく丁寧に教えてもらった」と振り返るように、指揮官からDFとしてのイロハを学びました。アドバイスを受けた翌日の試合では、一歳年上の鎌田次郎選手(柏レイソル)が怪我をしたため、急きょ染谷選手に出番が到来。「教えてもらった通りにやったら上手くいった。すごく自信になったので、その時に教えてもらったことは今でも大事にしています。」

高校時代に学んだのは守備だけではありません。「どこが相手でも自分たちが築いているスタイルを大切にして、内容と結果にこだわっていた。内容と結果をリンクさせる考え方は今のサッカー人生にも生きています。」と続けるように3年間で学んだことは後にプロサッカー選手として活躍するために大事な礎となりました。

高校3年生の時にはトップチームに帯同しながらも昇格は果たせず、「プロに行きたいけど、今のままでは行けない。ちゃんと活躍するためにはどうすれば良いか思っていた」染谷選手は、流通経済大学に進学。大学3年生の頃に全日本大学選抜に選ばれるなど活躍し、京都サンガF.C.への加入を決めました。高校時代はプロ入りを果たせなかったものの、大学の4年間を無駄にせず夢をつかんだ染谷選手は、「僕らの頃に比べて格段に技術が高くなっていますし、戦術的にも進化していると思うので、たまに試合を観ると面白い。1日1日を無駄にしないで、その技術を突き詰めていってほしいです。」と高校生たちにアドバイスを送ります。

 

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018応援番組「フレッシュ!」

各節終了後の翌金曜日にスカパー!で放送!
Jクラブユースと高校サッカー強豪校が激突する高円宮杯プレミアリーグEAST・WEST全10試合のハイライトを放送。更に、各チームへの潜入取材でチームの魅力に迫ります!
放送スケジュール:各節終了後の翌金曜日放送 ※再放送多数
番組情報はこちら

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

EAST 第16節
2018年11月25日(日)
10:00 浦和レッドダイヤモンズユース vs FC東京U-18(浦和駒場スタジアム)
11:00 市立船橋高校 vs 清水エスパルスユース(船橋市法典公園(グラスポ)球技場)
11:00 富山第一高校 vs ジュビロ磐田U-18(富山第一高校グラウンド)
11:00 青森山田高校 vs 鹿島アントラーズユース(青森山田高校グラウンド)
15:00 柏レイソルU-18 vs 流通経済大学付属柏高校(三協フロンテア柏スタジアム)

WEST 第8節(振替試合)
2018年11月18日()
15:00 ガンバ大阪ユース vs ヴィッセル神戸U-18(OFA万博フットボールセンター(グラウンドB))

WEST 第16節
2018年11月23日(金・祝)
14:00 米子北高校 vs サンフレッチェ広島F.Cユース(どらドラパーク米子陸上競技場)

2018年11月24日(土)
13:00 ヴィッセル神戸U-18 vs 阪南大学高校(いぶきの森球技場)
15:00 セレッソ大阪U-18 vs 東福岡高校(セレッソ大阪舞洲グラウンド)

2018年11月25日(日)
13:00 名古屋グランパスU-18 vs アビスパ福岡U-18(トヨタスポーツセンター)
16:30 ガンバ大阪ユース vs 京都サンガF.C. U-18(OFA万博フットボールセンター(グラウンドB))

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー