JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > FC東京が残留に向けて勝点3を積み上げる 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第12節

ニュース

FC東京が残留に向けて勝点3を積み上げる 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第12節

2018年09月10日

FC東京が残留に向けて勝点3を積み上げる 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第12節

ピックアップマッチ

FC東京U-18 3-0(前半2-0、後半1-0)富山第一高校

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグEASTは9月8日(土)と9日(日)に第12節が開催され、FC東京U-18(東京)と富山第一高校(富山)が対戦しました。

序盤は互いにプレスをかけ合い、相手にリズムをつかませない時間が続きました。一進一退の攻防の中で迎えた19分、自陣からカウンター攻撃を仕掛けたのはFC東京。MF鈴木智也選手(#9)のフィードを、前線のFW青木友佑選手(#25)が収め、素早くMF寺山翼選手(#17)につなぎます。寺山選手が左エリアから放ったシュートは、富山第一GK近藤昭宏選手(#21)に阻まれましたが、青木選手がこぼれ球に反応。左足で蹴り込み、先制します。

これを機にFC東京がペースを握り、立て続けに好機を生み出しますが、富山第一はシステムを5-3-2に変更。ディフェンスに人数をかけ、粘り強い守備で追加点を許しません。それでもFC東京は39分、鈴木選手の左クロスに合わせ、ファーサイドの青木選手がヘディングでゴール。相手の隙を見逃さず、リードを2点に広げて前半を終了しました。

後半、反撃に臨む富山第一は再び4-3-3のシステムに変更します。キャプテンのDF中田青選手(#5)が負傷交代を余儀なくされるアクシデントがありましたが、動じることなく、徐々にボールを支配。55分には、FW佐々木大翔選手(#20)が相手DFの裏に抜け出しますが、FC東京のスライディングブロックに阻まれます。

その後もセットプレーを中心にFC東京ゴールに迫りますが、「精度を欠いて」(富山第一・大塚一朗監督)ネットを揺らすことはできません。さらには「セカンドチームで結果を残し、勢いのある選手」(同監督)を投入し、攻撃のリズムをつかもうとしました。しかし、80分、クロスに合わせたFW林拓真選手(#19)のシュートは枠外へ。

一方のFC東京は、終了間際にDFバングーナガンデ佳史扶選手(#22)が左サイドを突破。ゴール前へのラストパスに、途中出場のFW宮田和純選手(#13)が身体ごと飛び込み、3点目を奪うことに成功。守備面では第2節以来の無失点に抑え、今季リーグ2勝目をマーク。残留を争う2チームの熱戦は、FC東京に軍配が上がりました。

監督・選手コメント

佐藤一樹 監督(FC東京U-18)
流れの中からゴールを取り、無失点に抑えられたことが勝利の要因です。受け身になる時間を短くしていくことや、「もっと取れる」場面で決められなかったことに課題は残りますが、多彩な攻撃パターンからチャンスをつくれたことに手応えを感じています。何より、練習で取り組んできたことを、選手たちが存分にピッチで表現してくれたことは成長の証。「残留」ばかりを目標にすると、固くなりがちですが、この試合をきっかけに、残りを全勝して首位にも迫ることができるように、上を目指して挑んでいきたいです。

FW #25 青木友佑 選手(FC東京U-18)
ずっと「自分がゴールを決めてチームを助けたい」という思いが強かったので、ゴールに向かう姿勢を発揮して、チームの勝利につながったことがうれしいです。さまざまな形で得点に直結するプレーができるのが自分の強み。「絶対にこぼれ球に詰める」ことも常に意識しています。U-16日本代表のため、ここでチームを離れることは少し心残りですが、先輩たちが「あとは任せておけ。日本のために頑張ってこい」と快く送り出してくれました。気持ちを切り替えて、次はFIFA U-17ワールドカップ出場を目指して頑張りたいです。

大塚一朗 監督(富山第一高校)
先制された後、追加点を奪われないために守備の意識を徹底させましたが、2点目を失ったことが悔やまれます。後半はセットプレーを中心にチャンスを作りましたが、8本のCKも生かすことができませんでした。やはり精度を欠くとゴールは生まれない。それを痛感しています。また、ここのところ右サイドを破られ、失点に直結している。そこをチームとしてどう修正していくか。その課題も再認識していますが、選手個々の成長とチーム全体の底上げを目指して、一歩ずつ地道に積み上げていきたいと思っています。

MF #7 山田桂大 選手(富山第一高校)
この試合が大事であることは十分に理解をしていました。その緊張がありすぎたためか、何となく硬く、ふわっと先制点を失ったことが響いたように思います。ボランチとしては、「チームが苦しいときに何ができるか」を心掛けていますが、流れを変えることはできず、個人的にも反省の多い試合となりました。ただ、僕たちはあきらめてはいないです。プレミアリーグはどのチームも強くて、勝つことは簡単ではありません。だからこそ、戦う姿勢、気持ちの面で負けないことが大事になると考えています。

その他の試合結果

浦和レッドダイヤモンズユース 0-4(前半0-1、後半0-3)市立船橋高校
流通経済大学付属柏高校 0-4(前半0-1、後半0-3) 青森山田高校
清水エスパルスユース 1-1(前半1-0、後半0-1)柏レイソルU-18
ジュビロ磐田U-18 1-3(前半1-1、後半0-2)鹿島アントラーズユース

浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)と対戦した市立船橋高校(千葉)
は、FW西堂久俊選手(#12)の2得点を含む4ゴールを挙げて快勝。流通経済大学付属柏高校(千葉)と青森山田高校(青森)による上位対決は、DF橋本峻弥選手(#2)の先制ゴールを皮切りに4ゴールを奪った青森山田が勝点3を積み上げました。清水エスパルスユース(静岡)と柏レイソルU-18(千葉)の一戦は、5分に清水がMF佐野陸人選手(#6)のゴールで先制しますが、71分に柏のFW森海渡選手(#9)に同点ゴールが生まれ、勝点1を分け合う結果となりました。首位の鹿島アントラーズユース(茨城)をホームに迎えたジュビロ磐田U-18(静岡)は、37分にオウンゴールで先手を取ります。しかし、前半のうちに追いつかれると、試合終盤に2ゴールを奪われ、鹿島が逆転勝利を収めました。

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

EAST 第13節

2018年9月15日(土)
13:00 流通経済大学付属柏高校 vs 富山第一高校(流通経済大柏高校グラウンド)

2018年9月16日(日)
11:00 鹿島アントラーズユース vs FC東京U-18(県立カシマサッカースタジアム)
16:00 ジュビロ磐田U-18 vs 清水エスパルスユース(磐田スポーツ交流の里ゆめりあ)
17:00 柏レイソルU-18 vs 市立船橋高校(日立柏総合グラウンド(人工芝))

2018年9月17日(月)
11:00 青森山田高校 vs 浦和レッドダイヤモンズユース(青森山田高校グラウンド)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー