JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 鹿島が大量得点で柏を下して首位をキープ 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第11節

ニュース

鹿島が大量得点で柏を下して首位をキープ 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第11節

2018年09月03日

鹿島が大量得点で柏を下して首位をキープ 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第11節

ピックアップマッチ

柏レイソルU-18 2-5(前半1-2、後半1-3)鹿島アントラーズユース

高円宮杯U-18プレミアリーグEASTは、9月2日(日)に第11節を開催。日立柏総合グラウンドでは、首位の鹿島アントラーズユース(茨城)と6位の柏レイソルU-18(千葉)が対戦しました。

前回対戦(4月15日)で鹿島に敗れている柏は、山中真監督が「今節は自分たちがどうゴールに迫っていけるかだ」と選手たちを鼓舞し、高いモチベーションで試合に臨みました。しかし、うまく攻撃の起点をつくれずにいると、鹿島に主導権を握られてしまいます。立ち上がりからゴールへの果敢な姿勢を見せていた鹿島は13分、右サイドから仕掛けると、ゴール前の混戦から増崎大虎選手(DF #3)がこぼれ球を押し込み、先制点を挙げます。

失点から1分後、反撃に出た柏は正田徳大選手(FW #11)がドリブルで仕掛けて、相手GKとDFの間に速いボールを入れると、これが相手オウンゴールを誘います。「ピッチもスリッピーだったので、そういうところをうまく突けた」(正田選手)と狙い通りのプレーですぐさま同点としました。

その後、互いにセットプレーなどでチャンスをつくりますが、スコアは動かないまま時間は経過していきます。しかし、前半アディショナルタイムに鹿島がCKを得ると、佐々木翔悟選手(DF #7)が蹴り込んだクロスボールに、赤塚ミカエル選手(FW #19)がニアサイドで合わせます。このヘディングシュートが決まり、鹿島が1点をリードして試合を折り返しました。

「ラスト45分、楽しもう!」と山中監督に送り出された柏イレブンは、後半の立ち上がりから縦への推進力を見せます。しかしゴールまであと一歩と迫るものの、鹿島の強力なDF陣が立ちはだかり、反対にカウンター攻撃を受けてしまいます。鹿島は64分、佐々木選手の鮮やかなミドルシュートで追加点を挙げ、柏を引き離します。

柏は交代カードを切って反撃に出ますが、次の得点を挙げたのはまたしても鹿島でした。79分、佐々木選手のFKから赤塚選手がこの日2点目となるゴールを決めて、リードを3点に広げます。攻撃の手を緩めない鹿島は、さらに5分後、佐々木選手の右CKをキャプテンの前田泰良選手(MF #10)が頭で合わせ、5-1とします。

柏は諦めず、最後の力を振り絞ります。後半アディショナルタイム、けがから復帰後初スタメンの奥田陽琉選手(FW #19)が、鵜木郁哉選手(FW #12)の早いクロスに飛び込んで1点を返しますが、直後にタイムアップ。鹿島が5-2で柏に勝利し、首位をしっかりとキープしました。

監督・選手コメント

山中真 監督(柏レイソルU-18)
鹿島は前期の対戦で感じた力強さに加え、個々のボールを持つ力がレベルアップしていると成長を感じた一方で、柏の選手たちもひたむきに頑張ってくれました。前半の2失点は大きく、特にCKで守れる強さをもっと鍛えていかないといけないです。自分たちがボールを持っていれば相手のCKにはなりませんし、自分たちが押し込んでいれば、相手のチャンスを減らすこともできるので、もっと攻撃の時間を増やしていきたいと思います。

FW #19 奥田陽琉 選手(柏レイソルU-18)
足がつっていたのですが、最後は「絶対に自分が決めるぞ」という気持ちで走り込んだら、ボールが来て、気づいたら入っていました。けがから復帰して、今回が初スタメンだったので勝ちたかったです。相手は首位なので、絶対にたたいて自分たちが上にいってやろうという気持ちで挑みました。鹿島は強かったですが、勝てない相手じゃなかった。もっと練習して、ここから上に上がっていくために勝っていきたいです。

熊谷浩二 監督(鹿島アントラーズユース)
準備してきたことや前向きな気持ちが出て、とてもいい試合だったと思います。勇気を出したトライからの得点が多く、チャンスも非常に多く作れました。ハーフタイムには「これを続けながら、リスクマネジメントをきちっとしよう」と送り出しました。今日の試合もそうですが、ほとんどの試合が力の差のない試合で、こちらに勝利を転がり込んでいるだけで、残りの試合が全て逆の結果になってもおかしくありません。首位にいても気持ちの緩みがないように、最大限の準備を続けていきたいです。

FW #19 赤塚ミカエル 選手(鹿島アントラーズユース)
失点しないように我慢しながら、チャンスで点を取れれば勝てると思って戦っていました。自分のゴールは2点ともセットプレーで、「自分が点を取る」という意識で思い切って入ったら、点が取れました。FWの仕事は点を取ることなので、どんな形でも点を取ることがチームのためになると思ってプレーしています。首位でも勘違いせず、日々の練習から一生懸命全力で臨んで、試合で勝てるように頑張っていきたいです。

その他の試合結果

FC東京U-18 1-1(前半0-1、後半1-0)ジュビロ磐田U-18
市立船橋高校 0-2(前半0-0、後半0-2)流通経済大学付属柏高校
浦和レッドダイヤモンズユース 0-0(前半0-0、後半0-0)清水エスパルスユース
富山第一高校 0-4(前半0-1、後半0-3)青森山田高校

 

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

EAST 第12節

2018年9月8日(土)
15:00 清水エスパルスユース vs 柏レイソルU-18(清水総合運動場陸上競技場)

2018年9月9日(日)
11:00 流通経済大学付属柏高校 vs 青森山田高校(流通経済大柏高校グラウンド)
14:00 FC東京U-18 vs 富山第一高校(東京ガス武蔵野苑多目的グラウンド(人工芝))
15:00 ジュビロ磐田U-18 vs 鹿島アントラーズユース(磐田スポーツ交流の里ゆめりあ)
17:00 浦和レッドダイヤモンズユース vs 市立船橋高校(浦和駒場スタジアム)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー