JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 清水が雨中の一戦を制して第2クール白星発進 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第6節

ニュース

清水が雨中の一戦を制して第2クール白星発進 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第6節

2018年06月25日

清水が雨中の一戦を制して第2クール白星発進 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第6節

ピックアップマッチ

清水エスパルスユース 2-1(前半1-1、後半1-0)FC東京U-18

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグEASTは6月23日(土)と24日(日)に第6節が行われ、清水エスパルスユース(静岡)とFC東京U-18(東京)が23日(土)にエスパルス三保グラウンドで対戦しました。

雨中の一戦、スコアは早々に動きました。4分、FW齊藤聖七選手(#10)が持ち味のドリブルでペナルティーエリアに進入すると、中央へグラウンダーのクロスを入れます。このこぼれ球をFW青島太一選手(#17)が押し込み、ホームの清水が幸先よく先制します。

「先制後に受け身になってしまった」(監物拓歩選手/DF #5)清水に対し、FC東京は厚みのある攻撃で押し込んでいきます。すると26分、DF森田慎吾選手(#3)が蹴った左CKのこぼれ球をFW久保征一郎選手(#18)が左足でねじ込んで同点とします。その後もFC東京が押し気味に試合を進めるものの、31分のFKの場面ではGK梅田透吾選手(#16)がファインセーブを見せるなど、清水も守って同点のまま試合を折り返します。

後半に入って主導権を握ったのはハーフタイムに「選手間の距離を修正した」(平岡宏章監督)清水でした。63分、右サイドのFW川本梨誉選手(#15)から中央でパスを受けたMF佐野陸人選手(#6)が浮き球のパスを入れます。相手DFの跳ね返りに佐野選手が右足を振り抜き、鮮やかにゴールネットを揺らしました。

再び攻めに出たいFC東京でしたが、朝から降り続いた雨でボールが止まるピッチに足を取られ、思うようにパスをつなぐことができません。終盤はロングボールをシンプルにゴール前に送りますが、清水は188センチの監物選手を中心に跳ね返していきました。

清水が1点差を守り抜き、今シーズン3勝目を挙げました。一方、昨年のプレミア王者であるFC東京は3連敗。FC東京U-23の試合が同日開催とあって、3年生はわずか3人ながらも、1年生センターバックのDF大森理生選手(#28)らが好プレーを見せ「経験を積めた」と佐藤一樹監督は前を向きます。

監督・選手コメント

平岡宏章 監督(清水エスパルスユース)
少ないチャンスを決めて、勝てたことは評価できます。ただ、前半、得点した後は、防戦一方の展開になってしまいました。守備的に戦ったわけではないのですが、相手の勢いにのまれてしまい、単調なサッカーになっていました。後半はフレッシュにやろうと話をしました。前半に比べて、前への意識やボールをつなぐ意図をもってプレーできていたと思います。怖がっていた選手たちが、後半に入り、勇気を持ってエスパルスのサッカーをやってくれたところが試合の勝因だと思います。

FW #10 齊藤聖七 選手(清水エスパルスユース)
最近得点ができていなかったので、ゴールに対する意識が遠ざかっていました。試合前に監督から「もっとガツガツ前にいけば点が取れる」と言われて、ゴールへの意識が高まりました。1点目も、これまでの自分だったらパスを選択していました。でも、自分でいったら何か起きるかなと思い、ドリブル突破した結果がゴールにつながりました。もちろん、自分が得点することが大事ですが、まずはキャプテンとしてチームのために走り、勝つことが一番だと思っています。そこに、得点やアシストでゴールに絡めれば、良いかなと思っています。

佐藤一樹 監督(FC東京U-18)
試合の入りはそんなに悪くありませんでした。いくつか決定機もあったのですが、決められることができませんでした。逆に、少ない決定機でやられてしまいました。勝敗を分けたのはそこの差だと思っています。U-23の試合や怪我の影響で選手が入れ替わり、フレッシュなメンバーで挑む試合となりましたが、新しい選手も頑張ってプレーしてくれました。チームとしては、この順位にいてはいけないと思っていますので、ここから苦労して、とにかく夏までにしっかり勝ち点を積み上げていければと思います。

DF #4 草住晃之介 選手(FC東京U-18)
試合全体を通して、中断期間で積み上げてきた自分たちのサッカーが出せたと思います。ただ、エスパルスのワンチャンスを逃さない決定力という面で、若い選手の多い東京と経験の差があったと思います。また、後半、雨の影響でショートパスが止まってしまう状況になったので、早い段階でロングボールを主体の攻撃にしました。その判断が逆に、相手を守りやすくしてしまったと思います。結果として、負けてしまいましたが、自分たちのプレーができたという点がフレッシュな選手に良い経験になりました。チームは厳しい順位ですが、この経験を次節につなげられたらと思います。

その他の試合結果

柏レイソルU-18 1-1(前半1-0、後半0-1)富山第一高校
市立船橋高校 0-1(前半0-0、後半0-1)鹿島アントラーズユース
浦和レッドダイヤモンズユース 0-1(前半0-0、後半0-1)流通経済大学付属柏高校
青森山田高校 6-1(前半3-0、後半3-1)ジュビロ磐田U-18

柏レイソルU-18(千葉)と富山第一高校(富山)による一戦は、27分に正田徳大選手(FW #11)のゴールで柏が先制しますが、70分に高木俊希選手(MF #17)の同点ゴールが生まれ、勝点1を分け合う結果となりました。首位を走る鹿島アントラーズユース(茨城)は、市立船橋高校(千葉)と対戦。59分の杉山眞仁選手(FW #11)のゴールを守り抜き、開幕からの連勝を6に伸ばしました。鹿島を追う流通経済大学付属柏高校(千葉)も浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)を1-0で下し、2位をキープしました。青森山田高校(青森)は18分の佐々木銀士選手(FW #9)のゴールを皮切りに大量6得点でジュビロ磐田U-18(静岡)を撃破しています。

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

EAST 第7節
2018年6月30日(土)
15:00 清水エスパルスユース vs 市立船橋高校(エスパルス三保グラウンド)

2018年7月1日(日)
11:00 流通経済大学付属柏高校 vs 柏レイソルU-18(流通経済大柏高校グラウンド)
11:00 鹿島アントラーズユース vs 青森山田高校(県立カシマサッカースタジアム)
11:00 ジュビロ磐田U-18 vs 富山第一高校(磐田スポーツ交流の里ゆめりあ)
15:00 FC東京U-18 vs 浦和レッドダイヤモンズユース(東京ガス武蔵野苑多目的グラウンド(人工芝))

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー