JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > G大阪が東福岡の連勝を止める 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第3節

ニュース

G大阪が東福岡の連勝を止める 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第3節

2018年04月23日

G大阪が東福岡の連勝を止める 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第3節

ピックアップマッチ

ガンバ大阪ユース 2-1(前半1-0、後半1-1)東福岡高校

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWESTは4月21日(土)と22日(日)に第3節を開催し、ガンバ大阪ユース(大阪)と東福岡高校(福岡)が対戦しました。

リードを奪いながらも、開幕からの2試合は試合終盤に追いつかれ、共に引き分け。この日は、「勝てなくて悔しい思いをしていた」(奥野耕平選手/MF #8)G大阪が、持ち前のパスワークから効果的に相手DFの裏へとボールを送り、試合を優勢に進めました。

「前の2試合よりも、思い通りにシュートまで運べた」(岩本翔選手/MF #10)もののゴールが奪えないまま時間が経過しましたが、43分にはセンターサークル付近からMF足立翼選手(#11)が左サイドにパスを展開。フリーで抜け出したFW原田烈志選手(#14)がゴール前にパスを送ると、最後はFW大谷優斗選手(#23)が押し込み、均衡を崩しました。

我慢の時間が続いた東福岡も、後半開始と共に反撃に出ます。立ち上がりから、MF石原利玖選手(#13)らの突破によって攻勢を強めると、54分には右CKを獲得。ゴール前に上がった浮き球をDF中西渉真選手(#3)が頭で落とすと、「こぼれ球を狙っていた」DF中村拓海選手(#2)がダイレクトボレーでたたき込み、同点に追いつきました。

試合は振り出しに戻ったものの、G大阪は實好礼忠監督が「終盤に獲られて慌てる終盤ではなく、この時間帯で良かった。気持ちをしっかりリセットして、チームを立て直せる」と振り返ったように、気落ちした様子は見られません。DF大石修也選手が(#3)が怪我で交代するアクシデントもありましたが、集中力を保った守りで2失点目を防ぐと、65分には岩本選手のパスからゴール前に抜け出したFW塚元大選手(#18)が2点目をマーク。以降は落ち着いた試合運びで逃げ切り、今季初勝利を手にしました。

監督・選手コメント

實好礼忠 監督(ガンバ大阪ユース)
今日の試合はボールを動かしながら、DFラインが高かった相手DFの裏を狙っていました。立ち上がりから、狙いとする攻撃を選手が上手く出してくれたと思います。前半のうちに追加点を奪うチャンスをつくれたのですが、さすが東福岡という守りでした。終盤は守備で我慢するだけでなく、チャンスもつくれたのは良かったと思います。開幕からの2試合と比べ、球際の強さやポジショニングなど守備が徹底できていたので、相手に自由にプレーさせなかったのではないでしょうか。

MF #7 丹羽匠 選手(ガンバ大阪ユース)
試合前からできるだけ僕らがボールをつないで、スペースをつくりながら攻めようと話していました。今日の試合は意図する攻撃ができたと思います。個人としても前節は守備の時間が長かったので、今日はボールを持ったらできるだけ自分の長所を出そうと考えていました。仕掛けの部分は良かったと思うのですが、ゴールが取れなかったのが残念です。次はセレッソ大阪U-18とのダービーなので、しっかり勝って優勝争いに食い込んでいきたいです。

森重潤也 監督(東福岡高校)
相手の方が1枚も2枚も上だったのではないでしょうか。G大阪は技術的な所や、戦う姿勢も含めて自分たちがやってきたことがはっきりしていました。それに対して、自分たちは後手を踏んでしまい、これまで出来ていたことが出せず、修正できないまま試合が進みました。開幕からの2試合は勝てていましたが、選手はまだまだなんだということが良く分かってくれたと思います。力不足だと気付かせてもらえた試合でした。

DF #2 中村拓海 選手(東福岡高校)
開幕から連勝していたので、セカンドボールの反応やサイド攻撃など自分たちの良い所を出せれば勝てたと思うのですが、できないことが多く、力を出し切れませんでした。それでも、前半うまく戦えたと思うのですが、後半はずっと相手にボールを握られてしまいました。ボールの奪い所がはっきりせず、これまで2試合とは違い、がむしゃらさが欠けていたようにも感じます。もっと連動した守備をしないと勝てないとも思うので、次の試合までに修正しなければいけません。

その他の試合結果

セレッソ大阪U-18 0-3(前半0-2、後半0-1)ヴィッセル神戸U-18
サンフレッチェ広島F.Cユース 3-2(前半1-0、後半2-2)名古屋グランパスU-18
アビスパ福岡U-18 4-2(前半2-1、後半2-1)阪南大学高校
米子北高校 2-4(前半1-0、後半1-4)京都サンガF.C. U-18

セレッソ大阪U-18(大阪)とヴィッセル神戸U-18(兵庫)の一戦は今季初スタメンとなったFW臼井勇気選手(#13)の2ゴールによって、快勝しました。サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)はホームで、2連勝中の名古屋グランパスU-18(愛知)と対戦。2対2で迎えた後半のアディショナルタイムにDF山﨑大地(#8)が勝ち越しゴールをマークし、今季初の勝点3をつかみました。阪南大学高校(大阪)に先制点を許したアビスパ福岡U-18(福岡)でしたが、FW石井稜真選手(#39)の2ゴールなどで逆転勝ちをおさめています。米子北高校(鳥取)とのアウェイゲームに挑んだ京都サンガF.C. U-18(京都)は、FW服部航平選手(#9)がハットトリックの活躍。4-2というスコアで今季初勝利を飾りました。

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

WEST 第4節

2018年4月29日(日)
10:00 阪南大学高校 vs サンフレッチェ広島F.Cユース(阪南大学高見の里グラウンド)
11:00 セレッソ大阪U-18 vs ガンバ大阪ユース(セレッソ大阪舞洲グラウンド)
11:00 東福岡高校 vs 名古屋グランパスU-18(東福岡高等学校グラウンド)
13:00 ヴィッセル神戸U-18 vs 米子北高校(いぶきの森球技場)
14:00 アビスパ福岡U-18 vs 京都サンガF.C. U-18(福岡フットボールセンターAピッチ)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー