JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 鹿島が磐田を破り開幕3連勝を達成 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第3節

ニュース

鹿島が磐田を破り開幕3連勝を達成 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第3節

2018年04月23日

鹿島が磐田を破り開幕3連勝を達成 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第3節

ピックアップマッチ

鹿島アントラーズユース 1-0(前半1-0、後半0-0)ジュビロ磐田U-18

高円宮杯U-18サッカープレミアリーグEASTは4月22日(日)に第3節が行われ、鹿島アントラーズユース(茨城)とジュビロ磐田U-18(静岡)が対戦しました。

開幕から連勝中の鹿島と、連敗中の磐田という対照的な状況で迎えた一戦。立ち上がりから好調を維持する鹿島が押し込む展開が続きます。さらに鹿島は熊谷浩二監督が「間違いなくうちのストロングポイント」と言う、DF佐々木翔悟選手(#7)の左足、MF小沼樹輝選手(#8)の右足から放たれる高精度のセットプレーでゴールに迫っていきます。

15分ほど経過して、ゲームが落ち着いてくると磐田は昨年から主力として出場するMF岩元ルナ選手(#7)やMF加藤隼登選手(#8)らを中心に、サイド攻撃で対抗します。しかし、強固な鹿島DF陣を崩し切ることができず、決定機をつくり出すことができません。

すると、37分に試合の均衡が破れます。鹿島のMF小沼樹輝選手(#8)が蹴り込んだ左CKをゴール前でDF増崎大虎選手(#3)が頭で触れ、最後はMF前田泰良選手(#10)が押し込んで鹿島が先制に成功します。

鹿島は得点後に磐田の反撃に遭いますが、キャプテンの前田選手が「ここでやられたらもったいないぞ」と声を掛けるなど、前節2失点を喫した柏戦で得た教訓を生かして、1点のリードを守ります。

後半に入ると、鹿島はしっかりとブロックを敷き、カウンターを狙います。一方の磐田は前半に引き続き、サイドを根気強く攻め、ゴールへの道筋を立てていきます。「ここ3節で一番良かった」と世登泰二監督が振り返るように、チームが目指すポゼッションサッカーで鹿島ゴールに迫っていきます。

74分には右CKにDF速水修平選手(#5)が合わせますが、これはゴールポストに弾かれてしまいます。後半アディショナルタイムには加藤選手がゴール前でシュートを放ちますが、これはゴール上を通過。決定機を決め切ることができず、試合は終了。鹿島が1点を守り抜き、開幕からの連勝を3に伸ばしました。

監督・選手コメント

熊谷浩二 監督(鹿島アントラーズユース
初戦から難しい試合が続いています。勝っていく中での自信や、チームの構築といった部分が進んでいっているということだと思います。力の差はないですし、プレミアは力が拮抗した厳しいリーグなので、とにかく残留が目標です。その中でチーム、選手が成長していければいいと思います。最後のところでやらせないという部分は常日頃言っていること。後半は相手にボールを持たれましたが、シュートを打たれる前の段階で制限をかけたり、ボールを奪うことができるようにまた練習をしていきたいです。

MF #10 前田泰良 選手(鹿島アントラーズユース)
2連勝している中で勢いはつけながらもプレミアEASTは全く力の差がないので、守備から入ってセットプレーやカウンターからのワンチャンスをものにできればと思っていました。セットプレーでは質のいいボールが入ってくるので、常にそのこぼれ球を狙っています。自分の特長は、パスやシュートといったゴールにつながるプレーです。まずはチームのためのプレーを意識しつつ、チャンスがあれば目に見える結果を決めてチームを引っ張っていければと思っています。

世登泰二 監督(ジュビロ磐田U-18)
開幕から2試合を戦って、初めてのプレミアリーグに慣れるまでに時間がかかると思っていました。2試合を戦ってベースの切り替えの早さや、球際の激しさ、アプローチの早さの部分を体感することができました。サッカーの戦術以前に、意識の部分が全然違うということを感じて、この一週間はそういう部分を徹底してトレーニングの中でやってきました。ベースの部分に関してはまだまだですが、ここまで2戦と比べると、やっとプレミアのチームと戦える意識のところまで来たかなと。ここから先は、サッカー的な部分。やっとそういう話ができる。そういう土俵にようやく立てたのかなと感じています。

DF #4 平松航 選手(ジュビロ磐田U-18)
第2節までを戦って感じたプレミアのプレースピード、プレスの早さ、球際の激しさを意識した中で、一週間トレーニングをしてきました。鹿島の戦いも分かっていて、立ち上がりも悪くなく、試合全体としても今までの3試合の中でも一番良い出来でしたが、警戒していたコーナーキックの場面で、自分が失点に絡んでしまったのは悔しいです。時間をかけてきたビルドアップの部分はうまくはまったという印象ですが、まだまだゴール前に入っていく回数、シュートが少ないです。今日の試合で通用した部分はあったので、次の試合で通用することをどんどん増やしていって、勝点を少しずつでも拾っていければと思います。

その他の試合結果

柏レイソルU-18 2-3(前半1-0、後半1-3)清水エスパルスユース
市立船橋高校 2-2(前半0-1、後半2-1)浦和レッドダイヤモンズユース
富山第一高校 1-1(前半0-0、後半1-1)FC東京U-18
青森山田高校 1-1(前半0-0、後半1-1)流通経済大学付属柏高校

柏レイソルU-18(千葉)は清水エスパルスユース(静岡)をホームに迎えました。柏は27分にFW森海渡選手(#9)が先制ゴールを挙げますが、後半に清水のFW山崎稜介選手(#19)がハットトリックを達成。3-2で清水が勝利を収めました。市立船橋高校(千葉)と浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)による一戦は、後半アディショナルタイムにMF池髙暢希選手(#10)が劇的な同点ゴールを挙げ、2-2のドローという結果になりました。2連敗中の富山第一高校(富山)は昨年のプレミア王者・FC東京U-18との対戦。1点ビハインドの78分にFW小森飛絢選手(#10)がゴールを決め、ドローに持ち込み勝点1手にしました。開幕2連勝中の青森山田高校(青森)は流通経済大学付属柏高校(千葉)との一戦。後半に先制点を奪われますが、三國ケネディエブス選手の3試合連続ゴールで追いつき、勝点1を拾いました。

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

EAST 第4節

2018年4月29日(日)
11:00 市立船橋高校 vs 柏レイソルU-18(船橋市法典公園(グラスポ) 球技場)
11:00 富山第一高校 vs 流通経済大学付属柏高校(富山第一高校グラウンド)
13:00 清水エスパルスユース vs ジュビロ磐田U-18(IAIスタジアム日本平)
14:00 FC東京U-18 vs 鹿島アントラーズユース(東京ガス武蔵野苑多目的グラウンド/人工芝)
14:00 浦和レッドダイヤモンズユース vs 青森山田高校(レッズランド)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー