btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 京都とC大阪は勝点を分け合う 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第2節

ニュース

京都とC大阪は勝点を分け合う 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第2節

2018年04月16日

京都とC大阪は勝点を分け合う 高円宮杯U-18プレミアリーグWEST第2節

ピックアップマッチ

京都サンガF.C. U-18 1-1(前半1-1、後半0-0)セレッソ大阪U-18

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグWESTは4月15日(日)に第2節を開催し、京都サンガF.C. U-18(京都)とセレッソ大阪U-18(大阪)が対戦しました。

開幕戦で白星を奪えなかったチーム同士の一戦は、序盤から「先週は大敗してしまったので、今週はどうしても勝ちたかった」(杉田迅選手/MF #6)京都が主導権を握りました。後方から素早いテンポでボールを動かし、サイド攻撃を仕掛けましたが、ゴール前で動きがかみ合わないため、シュートは打てません。対するC大阪は、前線からのチェイシングを徹底し、高い位置でのボール奪取からゴールを目指しましたが、1点が奪えないまま時間が進みます。

試合が動いたのは32分でした。中央にドリブルを仕掛けたFW服部航平選手(#9)が左にパスを送ると、中盤から走り込んだ杉田選手がゴール前に低いクロスを展開。最後はMF山田楓喜選手(#11)がダイレクトで合わせて、京都が先制しました。

思うようにフィニッシュまで持ち込めなかったC大阪も、45分には中盤でルーズボールを拾ったMF栗山陸選手(#7)がミドルシュートを放ちます。風に乗った一撃はクロスバーに阻まれましたが、こぼれ球をMF松本凪生選手(#20)が押し込み、1-1で前半を終えました。

後半の流れはC大阪でした。「前からのプレッシャーで奪える回数が増えた」(室津颯斗選手/MF #3)ために相手エリアでの仕掛けが増えましたが、ゴール前での精度を欠いたため、2点目が奪えません。両サイドバックがけがで交代するアクシデントがあった京都も、代わって入った選手が気持ちのこもったプレーを見せ、我慢の時間帯を乗り切ると、86分に絶好機が訪れます。MF中野桂太選手(#25)のスルーパスから、MF上月壮一郎選手(#14)がペナルティーエリアにフリーで抜け出しましたが、GK林祥太郎選手(#21)が上手く間合いを詰めてストップ。その後も両者、最後までゴールを目指しましたが、追加点は奪えず、勝点1を分け合う結果となりました。

監督・選手コメント

岸本浩右 監督(京都サンガF.C. U-18)
よく頑張ってくれたと思います。開幕戦を見て、セレッソが攻撃も守備もアグレッシブにやってくるのは分かっていたので、心積もりをしていました。うちは奪ったボールをどうするかをポイントにしており、ゆっくりしていたら奪われるので、空いているスペースに素早くボールを運ぼうと考えていました。前半は失点するまで、とても良いゲームができました。後半はアクシデントで不慣れなポジションをやる選手もいましたが、役割を全うしてくれ、次につながるゲームだったと思います。

MF #6 杉田迅 選手(京都サンガF.C. U-18)
前半の決めるべきチャンスを決めていれば、勝てた試合だったと思います。後半は、相手に押し込まれ、疲れが出たように感じました。ただ、全く走れなかった先週の開幕戦とは違って、今日は全員がしっかり走り切ることができました。勝てませんでしたが、悪い内容でなかったので、来週しっかり米子北高校に勝てるように頑張ります。今年は個人として、10ゴール10アシストを目標にしているのですが、まだ得点が奪えていないので、次こそは得点を決めたいです。

村田一弘 監督(セレッソ大阪U-18)
選手は頑張りましたが、スピードとパワーが不足しているように感じました。走行距離は悪くないのですが、今取り組んでいる課題が改めて出た試合だったと思います。高い位置でボールを奪える場面もありましたが、もっと仕留めることができましたし、これまでのチームを見ていると物足りなさも感じるので、満足はしていません。もう一つ早い段階で奪えないとダメですし、奪ってからのクオリティーも雑になっていました。

MF #3 室津颯斗 選手(セレッソ大阪U-18)
前半は相手に中盤で回され、ボールを奪ってもパスがつながらず、苦しい展開になりました。ただ、後半はセレッソのスタイルである前からの守備が開幕戦よりも機能し、自分たちから仕掛ける展開に持ち込むことができました。チャンスをいっぱいつくり、勝てる気配があったのですが、決めきれないのが今の課題。開幕からの2試合は、ちょっとしたミスで失点はしていますが、守れている場面も多いです。チャンスもつくれているのですが、シュートで終わる回数が少ないので、次の試合までに練習し、改善したいです。

その他の試合結果

東福岡高校 2-0(前半0-0、後半2-0)ヴィッセル神戸U-18
サンフレッチェ広島F.Cユース 2-2(前半0-2、後半2-0)ガンバ大阪ユース
名古屋グランパスU-18 4-1(前半1-0、後半3-1)阪南大学高校
米子北高校 1-0(前半0-0、後半1-0)アビスパ福岡U-18

開幕戦を白星で飾った東福岡高校(福岡)は、ヴィッセル神戸U-18(兵庫)から勝点3を奪い、連勝を達成しています。ホームにガンバ大阪ユース(大阪)を迎えたサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)は、1点ビハインドで試合終盤を迎えましたが、90+2分にMF松本大弥選手(#4)が同点弾をマークし、引き分けに持ち込みました。前節5ゴールを記録した名古屋グランパスU-18(愛知)は、今節も攻撃陣が活躍。FW兵藤健斗選手(#9)の先制点を皮切りに4点を奪い、阪南大学高校(大阪)に勝利しました。ともに初勝利を目指した米子北高校(鳥取)とアビスパ福岡U-18(福岡)の一戦は、50分に生まれたMF高橋諒選手(#8)の得点により、米子北が制しています。

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

WEST 第3節

2018年4月21日(土)
11:00 米子北高校 vs 京都サンガF.C. U-18(どらドラパーク米子陸上競技場)
14:00 アビスパ福岡U-18 vs 阪南大学高校(福岡フットボールセンターAピッチ)

2018年4月22日(日)
11:00 ガンバ大阪ユース vs 東福岡高校(OFA万博フットボールセンター グラウンドB)
11:00 セレッソ大阪U-18 vs ヴィッセル神戸U-18(セレッソ大阪舞洲グラウンド)
11:00 サンフレッチェ広島F.Cユース vs 名古屋グランパスU-18(吉田サッカー公園)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP