JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 > 最新ニュース一覧 > 千葉県名門校対決はスコアレスドロー 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第2節

ニュース

千葉県名門校対決はスコアレスドロー 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第2節

2018年04月16日

千葉県名門校対決はスコアレスドロー 高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第2節

ピックアップマッチ

流通経済大学付属柏高校 0-0(前半0-0、後半0-0)市立船橋高校

高円宮杯U-18サッカープレミアリーグEASTは4月15日(日)に第2節が行われ、流通経済大学付属柏高校(千葉)は同県のライバルチームである市立船橋高校(千葉)と対戦しました。

互いが互いをよく知り、意識し合うこのカードは、両チームにとって「自分たちの現在の力を知ることのできる相手」(流経大柏・本田裕一郎監督)でもあります。お互い現時点での全力をぶつけ合う激しい攻防が連続する試合となりました。

まずは流経大柏が得意のプレッシングスタイルを前面に押し出し、市立船橋のビルドアップを阻害して相手に主導権を渡しません。奪ったボールをサイドに展開し、FW芹田悠真選手(#11)のドリブル突破などからチャンスをつくります。41分にはオーバーラップを仕掛けたDF岩崎千里選手(#2)のクロスボールからMF中井颯人選手(#6)がシュートを狙う前半最大のチャンスを迎えましたが、ここは市立船橋GK田中悠也選手(#1)が好守を見せてゴールを許しません。双方にゴールが生まれないまま、試合は折り返しとなりました。

後半は攻守の戦い方を整えてきた市立船橋が反撃に出ます。後方からのビルドアップで流経大柏のプレスをかわしながらボールを前に進め、徐々に相手ゴールへ迫る回数を増やしていきます。56分にはカウンターの形からMF岡井駿典選手(#8)が強烈なシュートを放つと、GKが防いだこぼれ球を再び岡井選手が狙うビッグチャンス。しかしこのシュートは惜しくも枠外へと逸れてしまいました。市立船橋はその後も左右の幅を使った攻撃からDF松尾勇佑選手(#3)が決定機を迎えるなど攻勢を強めましたが、流経大柏の体を張った守備にも阻まれてゴールならず。

逆に流経大柏も終了間際のアディショナルタイムに中井選手が決定的なシュートを放ちましたが、こちらも相手GK田中選手のビッグセーブに阻まれて、最後まで得点を奪えませんでした。結局、両チームがタフな守備を見せ続けた試合は0-0のまま得点板の数字は動かず、スコアレスドローという形で終了となりました。

試合後、流経大柏の本田監督は「市立船橋を相手に思っていた以上にやれていたと思います」と守備面のパフォーマンスを高く評価した一方で、「もっとやらなければいけないしですし、良くしていけるとも思っています」という得点力の部分については改善していきたい考えも明らかにしました。

一方、朝岡監督は「(流経大柏を相手にする試合は)もともとシュートチャンスが多いような試合になるとは思っていませんでした」とした上で、「隙をつくことができるかという流れの中で(チャンスがありながら)決めることができず、もったいない勝ち点1だったと思います」と総括。特に好機の数で上回りながらも引き分けてしまった後半の流れについて悔しさをにじませました。

流経大柏は次節アウェイで首位を走る青森山田高校(青森)と、市立船橋はホームで浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)と対戦します。

監督・選手コメント

本田裕一郎 監督(流通経済大学付属柏高校)
市立船橋は中を固められると困るところがあるのかなという想定があり、外よりも中、ちょうどセンターサークルのところを縦に延長した部分をしっかり守ることを意識させていました。ディフェンスについては70点くらいあげられる試合だったと思いますが、攻撃のところは少し雑になり過ぎました。(1年生を先発起用したのは)学年で出る選手を決めるつもりはありません。もちろん新しい環境に来て学校に慣れていない部分はありますが、物怖じせずにやれる選手だと思ったので使っただけです。

DF #28 藤井海和 選手(流通経済大学付属柏高校)
自分が先発だと知ったのは試合前日でした。トップチームに入ったのも今週からです。大学と練習試合があって、そこで良いプレーができたので起用してもらえたのだと思います。あまり緊張するタイプではないのですが、試合の入りはすごく悪くなってしまって、でも先輩たちから「落ち着いてやればいいから」と言われてだんだん試合に入っていけたと思います。競り合いの部分ではやれたところもあると思いますが、周りに声を掛けるところなど課題も感じました。

朝岡隆蔵 監督(市立船橋高校)
意図通り、事前に想定していたとおりにゲームは動いていたように思います。しかし1本の質というか、そこで勝負が決まるという部分で精度を欠いてしまいました。リスタートを含めたところで惜しい場面はありましたけれど、決め切れませんでした。昨年は流経大柏がプリンスリーグ関東の所属でしたので試合をやれる回数が少なかったので、今年こうして同じステージで競い合えることはお互いにとってプラスだと思っています。

DF #5 岸本駿朔 選手(市立船橋高校)
前節は自分のプレーが本当にひどくて、チームに迷惑をかけてしまいました。ビルドアップのところでファーストタッチなどのミスが多かったと思います。目標にしている(OBの)杉岡大暉選手(湘南ベルマーレ)や原輝綺選手(アルビレックス新潟)に比べると自分のプレーはまだまだだと思いますが、それでも空中戦に関しては絶対に負けないようにしようと思っているので、今日もそこはこだわって戦いました。

その他の試合結果

清水エスパルスユース 1-2(前半0-0、後半1-2)浦和レッドダイヤモンズユース
鹿島アントラーズユース 3-2(前半1-1、後半2-1)柏レイソルU-18
ジュビロ磐田U-18 0-2(前半0-1、後半0-1)FC東京U-18
青森山田高校 5-0(前半2-0、後半3-0)富山第一高校

清水エスパルスユース(静岡)と浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)による一戦は、72分に青島健大選手(MF #27)のゴールで清水が先制しましたが、84分、浦和に池髙暢希選手(MF #10)の同点弾が生まれると、アディショナルタイムに波田祥太選手(FW #17)が逆転ゴールを決め、浦和が勝点3を手にしました。鹿島アントラーズユース(茨城)は柏レイソルU-18(千葉)と対戦。熊田柊人選手(DF #6)の得点で先制した鹿島は、一度は同点とされますが、後半に2得点を奪い、3-2で勝利し、開幕2連勝を達成しました。黒星発進となった昨年王者のFC東京U-18(東京)は、ジュビロ磐田U-18(静岡)との一戦に乗り込み、開始3分に横田峻希選手(MF #15)のゴールで先制。後半にも追加点を奪い、2-0で今季初勝利を収めました。開幕戦で4得点を挙げて快調なスタートを切った青森山田高校(青森)は、ホームで富山第一高校(富山)と対戦し、檀崎竜孔選手(MF #10)の2ゴールを含む大量5得点で連勝を飾りました。

大会期間:2018年4月7日(土)~2018年12月9日(日)

EAST 第3節

2018年4月22日(日)
11:00 市立船橋高校 vs 浦和レッドダイヤモンズユース(船橋市法典公園(グラスポ) 球技場)
11:00 富山第一高校 vs FC東京U-18(富山第一高校グラウンド)
11:00 青森山田高校 vs 流通経済大学付属柏高校(青森山田高校グラウンド)
15:00 柏レイソルU-18 vs 清水エスパルスユース(日立柏総合グラウンド)
15:00 鹿島アントラーズユース vs ジュビロ磐田U-18(鹿島アントラーズクラブハウス)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー