btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 最新ニュース一覧 > 川崎はホームで黒星、柏はアウェイで逆転負け~ACLグループステージ第1節1日目~

ニュース

川崎はホームで黒星、柏はアウェイで逆転負け~ACLグループステージ第1節1日目~

2018年02月14日

川崎はホームで黒星、柏はアウェイで逆転負け~ACLグループステージ第1節1日目~

アジアNO.1のクラブを決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018の東地区グループステージが2月13日(火)に開幕。Jリーグ王者の川崎フロンターレは、ホームで上海上港(中国)に0-1で敗れ、予選プレーオフ経由で出場の柏はアウェイで過去2大会優勝の全北現代モータース(韓国)に2-3の逆転負けを喫しました。

川崎は2大会連続6回目の出場で初めてJリーグ覇者として臨む今大会でしたが、今季公式戦2試合目。互いの呼吸が合わずにボールを失う場面も多く、出場停止のDF車屋紳太郎選手に代わって出番を得たDF登里享平選手が左サイドで仕掛ける姿勢を見せますが、なかなか思うような攻撃の形を作れません。

FWフッキ選手とMFオスカル選手の元ブラジル代表コンビにFWエウケソン選手、中国代表FWウー・レイ選手らが絡んで積極的に攻める上海上港は、前半23分、ペナルティエリアで左クロスを受けてエウケソン選手が胸で巧みにコントロールして右足を振ると、シュートは川崎GKチョン・ソンリョン選手の手を弾いて左ポストに当たり、ゴールの中へ吸い込まれて先制します。

1点を追う形になった川崎はその10分後、歯車がかみ合った攻撃を見せます。右サイドを攻め上がったDFエウシーニョ選手のクロスにMF中村憲剛選手が頭で合わせましたが、相手GKに止められてネットを揺らすことができません。

リードしている上海上港は無理に攻めず、守備のバランスを保って川崎にスペースを与えないようにして、カウンターで追加点の機会をうかがいます。

しかし、後半に入ると川崎がパスワークで崩す場面も増えて、64分にはMF家長昭博選手の左サイドからのクロスにファーサイドにつめたFW小林悠選手が相手ゴールに迫り、70分には相手DFの裏に入った家長選手が左足を振り抜きましたが、シュートは枠をそれました。

川崎はその直後、中村選手に代えてMF阿部浩之選手を投入して前線の陣形を変え、阿部選手やMF大島僚太選手がサイドからのクロスに合わせ、ゴールを狙いますが、得点には至りません。

上海も74分にエウケソン選手が右クロスに合わせて、その4分後にはウー選手がペナルティエリア左に持ち込んで中央へ折り返す場面を作りますが、川崎はGKチョン選手の好セーブなどでゴールを死守。しかし、最後まで同点に追いつくことはできずに初戦を落しました。

グループFのもう1つの試合では、オーストラリアのメルボルン・ヴィクトリーがホームで蔚山現代(韓国)と3-3で引分け、初戦を終えて上海上港が首位に立ち、蔚山、メルボルンと続き、川崎は4位スタートとなりました。川崎は次節今月20日(火)にアウェイで蔚山と対戦します。

柏、後半3失点で勝点を逃す

グループEの柏は、過去5勝1敗と相性の悪くない全北現代に、前半2点を奪う展開を見せていましたが、後半に入って3失点を許し、勝点を逃しました。

前半10分にFWハモン・ロペス選手が先制。さらに27分には新加入のMF江坂任選手が移籍後初ゴールとなる追加点を決めて、前半を2-0で折り返しました。

しかし後半に入ると、2016年大会で2度目のアジア制覇をした韓国の強豪が猛反撃。55分にCKからFWイ・ドングッ選手に決められ、75分にもFKからキム・ジンス選手のゴールで同点にされると、84分には再びイ選手に決勝点を許し、逆転負けとなりました。

もう1つの試合では、天津権健(中国)が傑志(香港)にホームで3-0の快勝し、天津が首位スタートとなり、全北現代が2位、柏は3位で、傑志が4位です。次節は今月20日(火)にホームに天津権健を迎えます。

なお、2月14日(水)には、天皇杯優勝のセレッソ大阪がアウェイで済州ユナイテッド(韓国)と、鹿島アントラーズがホームで上海申花(中国)と対戦します。

監督・選手コメント

鬼木達 監督(川崎フロンターレ)
ホーム開幕戦で勝ち点3を奪えなかったことが一番悔しいですし、残念です。どこかで1つ得点が入っていればと思いますが、その1つにこだわっていかないと苦しい試合になります。ターンできる時にしなかったり、カウンターを怖がって高いポジションを獲れなかったりで、最後まで押し込みきれず、高い位置での攻めができませんでした。しかし選手たちは、球際や切り替えで失ったボールを回収する意識も高く、相手の強力FWへの対策もよく理解してやっていました。攻撃でも最後まで攻撃的な姿勢でやれたのはポジティブなことです。これを次につなげて、我慢強く、一つひとつ戦っていきたいと思います。

MF 中村憲剛選手(川崎フロンターレ)
相手はワンチャンスを決めて、こちらは外した。決めるべきところを決めないと、こういう試合になるのはサッカーの鉄則です。(前半のヘディングでの得点機に)あれが決まっていれば流れをこちらに持ってくることができたので、それまでの崩しがよかっただけに、守備陣に申し訳ないというのはあります。作りは前の試合からはるかに良くなっています。攻撃でもっとよい形を作りたいので、基準点を上げてきたいと思います。

FW 小林悠選手(川崎フロンターレ)
コンディションはどんどん上がってきますし、今季の1試合目より今日の方がみんな手応えを感じていると思うので、僕は全然ネガティブになっていません。厳しい戦いだと思いましたし、ホームで勝ち点3を獲りたかったのはもちろんですが、ACLがまた始まってワクワクしています。個人とチームのコンディションを上げて、結果にこだわってやっていきたいです。

ヴィトール・ぺレイラ 監督(上海上港)
うれしい結果です。川崎は技術もあり、ボールポゼッションを好むームなので、我々は守備に重点を置いた準備をしてきました。コンパクトに保って、カウンターでチャンスを作って相手を困らせる場面を作れたと思います。実は、先週までオスカルが怪我で、フッキも体調不良と、3人の選手が使えない状態でしたが、メディカルが間に合わせてくれました。エウケソン選手は決勝点のゴールだけでなく、ハードワークしてくれましたし、フッキ選手もキャプテンとしてチームのことを考えてプレーしてくれました。 

大会期間:2018年1月30日(火)~2018年11月10日(土)

大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP