btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 大会・試合 > 最新ニュース一覧 > デンソーカップサッカー2018が記者会見 ~大学サッカー地域選抜対抗戦「デンソーカップチャレンジサッカー」は16日開幕

ニュース

デンソーカップサッカー2018が記者会見 ~大学サッカー地域選抜対抗戦「デンソーカップチャレンジサッカー」は16日開幕

2018年02月14日

デンソーカップサッカー2018が記者会見 ~大学サッカー地域選抜対抗戦「デンソーカップチャレンジサッカー」は16日開幕

『デンソーカップサッカー2018』が2月16日(金)に幕を開けることを受け、13日(火)にJFAハウスで記者会見が行われました。

『デンソーカップサッカー』とは、3つの大会・事業の総称です。まずは全国9地域の大学を代表する地域選抜チームと、第30回ユニバーシアード競技大会(2019/ナポリ)に向けて構成された全日本大学選抜チームが競う『第32回デンソーカップチャレンジサッカー 熊本大会』を2月16日(金)から18日(日)にかけて熊本県の大津町運動公園で開催。この大会の活躍などを考慮して新たに構成される全日本大学選抜チームが海外キャンプ(セルビア)を実施します。そしてキャンプ後の3月には、全韓國大學選抜を招聘して日本で『DENSO CUP SOCCER 第15回大学日韓(韓日)定期戦』が行われます。

会見には、公益財団法人日本サッカー協会・田嶋幸三会長、一般財団法人全日本大学サッカー連盟・松本健一副会長、同連盟中野雄二技術委員長、そして特別協賛社の株式会社デンソー総務部社会貢献推進室長・布施浩二氏らが登壇しました。

松本副会長からは本大会の歴史、中野技術委員長からは『第32回デンソーカップチャレンジサッカー 熊本大会』に参加する各選抜チームの紹介や注目選手、見どころなどが説明されました。今大会は、2001年の第15回大会以来、17年ぶりに熊本県・大津市で開催されます。松本副会長は「熊本は2016年の地震で大きな被害を受けたと聞いていますが、選手たちが一生懸命プレーする力で力づけることができれば」と、開催地への想いを語りました。また株式会社デンソーの布施室長は「大学サッカーにおける最高峰の気迫あふれるプレーを見られることが大変魅力的」としたうえで「大会期間中に、選手たちが地域の子どもたちとのサッカー教室に参加し、交流試合など地域貢献活動をされることが本当に素晴らしいと思います」と、ピッチ外の活動について触れました。

また日本サッカー協会の田嶋会長は「日本代表の8パーセントから10パーセントは、この『デンソーカップサッカー』を経てきた選手たち」と本大会の重要さを語り、登壇者である全日本大学選抜のオビ パウエルオビンナ選手と阿部航斗選手に、「この大会がJリーグ、そして代表につながるという気持ちをもって臨んでほしい」と声をかけました。かつて、関東選抜のコーチとして本大会に参加した経験を持つ田嶋会長は「指導者や選手とのつながりができ、私のその後のサッカー人生に大きな影響を与えた大会」と振り返り、「選手たちにとっても、大学サッカーにとっても素晴らしい大会になることを願っています」と結びました。

同会見には全日本大学選抜の松本直也監督、オビ パウエルオビンナ選手、阿部航斗選手も登壇し、本大会に向けての抱負を語りました。

監督・選手コメント

松本直也 監督(桃山学院大学)
全日本大学選抜は、1年生、2年生だけの若いチームになります。2019年のユニバーシアード競技大会で優勝を目指すチームですが、1月初旬に初めて集合した際、選手たちにはその先の2020年東京オリンピックを見据えてがんばってほしいと伝えました。それぞれの大学の中で、まだ中心選手とはいえない選手もいます。関東や関西など他地域の選抜と対戦すると、若さが出て難しい面があるかもしれません。しかしながら選抜活動という限られた期間の中で、100パーセント、いえ120パーセントを出せるように準備し、しっかりと戦って優勝を目指したいと考えています。『デンソーカップチャレンジサッカー』も『デンソーカップサッカー日韓定期戦』も非常に厳しい戦いになるとは思いますが、選手一人ひとりを伸ばしていくとともに、チームとしても成長できるような大会にしたいと思います。

オビ パウエルオビンナ 選手(流通経済大学)
僕たち全日本大学選抜は、立ち上げ当初から松本直也監督をはじめとするスタッフの方々とともにがんばってきました。選抜チームとして難しい部分もありますが、与えられた素晴らしい環境の中で、自分たちが持てる力を最大限に発揮し、本大会から飛躍できるよう、チーム一丸となってがんばります。

阿部航斗 選手(筑波大学)
松本監督もおっしゃったように、対戦相手には3年生も多くいますが、自分たちは1、2年生だけのメンバーとなりますので、チャレンジ精神を忘れず戦いたいと思います。セルビアキャンプや来年のユニバーシアード競技大会のメンバー選出に関わる大会なので、個人のアピールが優先されがちかと思いますが、まずは今大会で結果をつかめるよう、チームのために戦って優勝したいです。

全日本大学サッカー連盟公式Twitter(@jufa_soccer)では、全試合の速報を行います。
また、公式Facebook公式 Instagram(jufa_japan)でも大会情報を配信中です。
大会日程、試合結果などは全日本大学サッカー連盟公式サイトをご確認ください。

第32回デンソーカップチャレンジサッカー 熊本大会

開催期間:2018年2月16日(金)~2月18日(日)
会場:熊本/大津町運動公園
大会情報はこちら

 

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP