JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 女子サッカー > 最新ニュース一覧 > U-19日本女子代表候補 筋力トレーニングでフィジカル強化に励む

ニュース

U-19日本女子代表候補 筋力トレーニングでフィジカル強化に励む

2019年02月07日

U-19日本女子代表候補 筋力トレーニングでフィジカル強化に励む

U-19日本女子代表は2月6日(水)、トレーニングキャンプ2日目を迎えました。この日は、なでしこジャパンの広瀬統一フィジカルコーチを招き、フィジカル強化を中心としたトレーニングを行いました。

午前のトレーニング開始前には、フィジカルトレーニングの必要性を学ぶとともに、スクワットや腹筋といった基本的な筋力トレーニングを実施。選手同士でお互いのトレーニングフォームをチェックしました。その後、小雨が降りしきる中、持久力や瞬発性を測るフィジカル測定を行いました。

午後のトレーニングは、午前中に学んだことを活かし、姿勢と重心コントロールを意識した体幹やアジリティトレーニングからスタート。その後は、翌日行われる男子高校生とのトレーニングマッチを想定した実践形式のトレーニングを行い、チーム内の連携を確認しました。

選手コメント

DF 白井ひめ乃 選手(アルビレックス新潟レディース)
フィジカル測定を行うことで、今の自分の状態を知ることができました。特に私は敏捷性が足りないことがわかったので、教わったことを毎日継続して改善していきたいです。午後は実践的なトレーニングを行いました。1つ1つのパスの質やゴールへの意識、3人目の関わりを意識しました。明日のトレーニングマッチは、今日練習したことを活かしつつ、自分の持ち味を存分に発揮したいです。

DF 長江伊吹 選手(藤枝順心高)
今日は午前中になでしこジャパンの広瀬統一フィジカルコーチに世界で戦っていく中で重要になってくるスピード、パワー、アジリティ強化のためのウェイトトレーニングを教わり、上半身と下半身のそれぞれ3つずつを実践しました。ただトレーニングするだけではなく、正確なフォームを心がけることやしっかりとこの先も継続していかないと成長できないので、今日学んだそれぞれのトレーニングを継続していきます。午後は、最初に広瀬コーチとアジリティの部分を強化するためのトレーニングをした後、守備から攻撃をメインとする練習をしました。私自身は、予測と準備の部分が遅いと思うので常に考えながら予測しながらプレーしていくことを大切にしていきたいと思います。明日はトレーニングマッチなので、今日の反省を克服し、チームコンセプトも意識しながらプレーしていきたいです。残り2日しかないので全力で自分のプレーを最大限に出せればと思います。

FW 中村恵実 選手(AC長野パルセイロレディース)
今日は午前になでしこジャパンの広瀬フィジカルコーチの指導のもと、細かいトレーニングのフォームの確認をし、その後にフィジカル測定を行いました。この測定で自分の体を知ることができ、自分の弱いところやストロングポイントを再確認することができました。午後は、守備から攻撃の切り替えや攻撃から守備の切り替えを意識したミニゲームを行いました。残り少ない期間の中でしっかりとAFC U-19女子選手権のことを意識して、仲間とコミュニケーションを取りながら多くのことを吸収し、トレーニングに取り組んでいきたいと思います。

スケジュール

2月5日(火) PM トレーニング
2月6日(水) AM/PM トレーニング
2月7日(木) AM トレーニング
PM トレーニングマッチ(調整中)
2月8日(金) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー