btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 女子サッカー > 女子サッカーあれこれ

女子サッカーあれこれ

「女子サッカーあれこれ」とは…

サッカーは男子のスポーツ?? 違います、みんなのスポーツです。
だって、“FIFA”もいつも言ってるじゃないですか、“Football Is For All”って。

日本サッカー協会のホームページには、男性にも女性にも男の子にも女の子にも伝えたい情報を掲載しています。でも、女子についての情報に少し届きにくい、女子に特化した情報が表に出にくいことがあるかもしれません。
それを補うために、まず女子サッカーのページ「なでしこvision 世界のなでしこになる。」をつくりました。そしてその中にある「女子サッカーあれこれ」では、男子との共通点・相違点、女子だけの・・・などを解説し、女子チーム・女子選手がさらに活動しやすくなるようなお手伝いをしたいと思っています。

当たり前のようなことも説明しているかもしれません。それは女子サッカーをよく知らない人、サッカーそのものに興味がない人も、新しく「女子サッカー」の仲間になる可能性があるからです。
「女子サッカーなんて・・・。」って思っている人はいませんか? 分かりませんよ、1年後は自分がサッカーをしているかもしれないし、自分のチームに女子選手が入ってくるかもしれないし、自分の娘がサッカーをしたいと言うかもしれないし。そういう方にもぜひ読んで女子サッカーについていろいろ知ってほしいと思います。

自分がなでしこジャパンの監督になる前は、女子サッカーなんて・・・って誰よりも思っていたかもしれません。それが彼女たちのひたむきに取り組む姿を見て、その気持ち・姿勢に真剣に応えたい、いっしょに世界を目指そうと思うようになりました。(アテネオリンピック なでしこジャパン監督/現女子委員長 上田栄治 談)

男子チームに女子選手は入れる?

もちろん入れます。日本サッカー協会が分類するチームは以下の6つに分かれますが、全てのチームに女子選手は入ることができるのです。

第1種 年齢を制限しない選手により構成されるチーム
第2種 18歳未満の選手により構成されるチーム
第3種 15歳未満の選手により構成されるチーム
第4種 12歳未満の選手により構成されるチーム
女 子 女子の選手により構成されるチーム
シニア 40歳以上の選手により構成されるチーム

※(財)日本サッカー協会 基本規定より抜粋

種別ごとの登録チーム数・選手数を見てください。どの種別にも実際に女子選手が登録して活動していますよね。
でも、そうは言ってもほとんどの女子選手は「女子チーム」に登録していて、男子チームにいる選手はやっぱりめずらしいんじゃないか、と見えるかもしれません。

 チーム数選手数男子選手数女子選手数
第1種 7,206 172,700 172,679 21
第2種 4,178 154,559 154,538 21
第3種 7,154 237,964 236,629 1,335
第4種 8,367 280,380 270,344 10,036
女 子 1,224 25,268 0 25,268
シニア 689 18,045 18,043 2
28,818 888,916 852,233 36,683

[2009年年度現在]

今度は年代ごとに女子選手数を見てみましょう。
小学生の年代に注目してください。この年代では、女子チームよりも男子チームに登録している選手の方が多いのです。お兄ちゃんといっしょに遊びに行ってるうちに自分もボールを蹴っていた、同じクラスの男子に負けたくない!というようなことがきっかけになって男子チームでサッカーを始める女子選手は今も昔も変わらずたくさんいるようです。
中学生年代では約20%の女子選手が男子チームで登録していますが、女子チームに登録したまま、中学校サッカー部でトレーニングをしている女子選手はさらに多く、またこの数字は年々増えています。

 女子選手数男子チーム所属女子チーム所属
一般 7,005 90 1% 6,915 99%
高校生 8,388 21 1% 8,367 99%
中学生 6,585 1,328 20% 5,257 80%
小学生 14,705 9,976 68% 4,729 32%
36,683 11,415 31% 25,268 69%

[2009年度現在]

大人になると男子との体格差も大きくなり女子チームで活動する女子選手が増えますが、サッカーを始めたい、サッカーチームに入りたいと思ったとき、そのチャンスは全国1,200の女子チームだけでなく、自分の家・学校・勤め先の近くに29,000チームもあるのです。女の子が、そして女性が、サッカーを始めるのはそんなに難しいことではないように思えませんか?

女の子なら、中学校(男子)サッカー部と女子チームの両方で公式試合に出られます!

女子チームに登録して、通っている中学校のサッカー部でも男子といっしょに活動している女子中学生はたくさんいます。両方のチームでがんばってるし、男子でも女子でもチームの仲間といっしょに試合がしたい!と思いますよね。

女子チーム所属のままで(チーム移籍をしなくても)、中学校サッカー部[男子:第3種登録チーム]の部員として、大会に出られるんです。。

2006年3月に行われた日本サッカー協会の理事会で女子選手の大会参加資格が見直されました。
参加できる大会は次の通りです。(地域・都道府県大会(予選大会)も含まれます。)

・全国中学校体育大会/全国中学校サッカー大会
・JFAプレミアカップジャパン
・高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会

今までは、「女子チーム」と「中学校サッカー部」の2つのチームでトレーニングをしていても、それぞれのチームで試合に出るためには、大会の度に移籍(チームを移る)手続をしなければなりませんでした。よって、どちらかの大会出場を諦めなければならないことが多くありました。
「近くじゃないけど、週末なら練習に参加できる女子チームがあるんだけど・・・。」、「男子といっしょの激しいサッカーにチャレンジしてみたいなあ・・・。」などなど、「女子チーム」と「中学校サッカー部」のそれぞれのメリットを生かしながらサッカーを続けたいと思っている人は、「女子チーム」に登録をすることで、両方のチームで大会に参加することができます。これから中学生になるみなさんはこれからのチーム選びの参考にしてください。
日本サッカー協会は、この改正により、女の子がもっとたくさんの試合に出られるようになり、女子サッカーがもっと活発になればと考えています。

指導者のみなさまへ

女子選手の育成において、特長の異なる両方のチームで活動できるメリットは大きいと考えますが、活動が過密になり選手個人の許容を超えた負荷がかかることも心配されます。両チームの指導者同士でコミュニケーションを取り、選手にとって適切な環境をつくりだしてあげてください。

女子サッカー

JFA.jp SITEMAP