btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 女子サッカー > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン、オーストラリアに快勝で4強進出

ニュース

なでしこジャパン、オーストラリアに快勝で4強進出

2015年06月28日

なでしこジャパン、オーストラリアに快勝で4強進出

FIFA女子ワールドカップ カナダ2015で大会連覇に挑んでいるなでしこジャパンは6月27日、エドモントンのCommonwealth Stadiumで行われた準々決勝でオーストラリアと対戦し、途中出場の岩渕真奈選手(FCバイエルン・ミュンヘン)の87分のゴールで1-0の勝利を収め、2大会連続でベスト4進出を決めました。

昨年5月のAFC女子アジアカップ決勝の再演となったオーストラリア戦は、当地では5年ぶりという猛暑の中で始まりました。

ノックアウトステージ1回戦でブラジルに勝って勢いに乗り、日本戦へ強い意気込みを見せていたオーストラリアでしたが、日本は立ち上がりから暑さを厭わない運動量とテンポの良いパスワークで相手を圧倒しました。

8分にMF川澄奈穂美選手(INAC神戸レオネッサ)の縦パスにFW大野忍選手(INAC神戸レオネッサ)が鋭く反応して右足でシュート。22分にも大野選手が川澄選手のクロスに右足を合わせましたが、いずれもシュートはわずかに枠の外へ流れます。

主導権を握った日本は、33分にも好機を迎えます。MF阪口夢穂選手(日テレ・ベレーザ)のパスを受けた大野選手がMF宮間あや選手(岡山湯郷Belle)へパス。宮間選手が放った鋭い一撃は相手GKのジャンピングセーブに阻まれました。

オーストラリアはなんとかボールを奪って日本DFの裏を突こうと試みますが、日本は守備陣が連係を保って対応し、決定的な場面を作らせません。

オーストラリアの前半のチャンスは前半終了間際、速攻で攻め込んでKyah SIMON選手がミドルレンジから狙った一本ですが、GK海堀あゆみ選手(INAC神戸レオネッサ)が抑えました。

後半に入っても日本の動きは落ちず、引き続き試合の主導権を握ります。反撃に出たいオーストラリアは54分、日本選手のボールコントロールの乱れを突いてボールを奪ったEmily VAN EGMOND選手が、左サイドのSamantha KERR選手へつないでシュートを放ちましたが、GK海堀選手がセーブしました。

日本は59分、右サイドで川澄選手から有吉選手へとつなぎ、最後はニアに入ってきた宮間選手が相手をかわしてヒールでゴールを狙いましたが、シュートはわずかに枠の外へ流れました。

その後、日本は72分に大野選手に代わって岩渕選手を送り込み、前線での動きを増やします。80分には有吉選手、85分にはFW大儀見優季選手(VfLヴォルフスブルク)がシュートを放ち、86分には岩渕選手がゴールを狙ってCKを得ます。

得点はそのCKの崩れたところから生まれました。宮間選手のCKが相手にクリアされたところを宇津木選手が右へ出し、岩清水選手がシュート。相手GKが弾いたところを岩清水選手が拾って左ポスト前の岩渕選手へパスを渡すと、岩渕選手は素早い反応でゴールに決勝点を叩き込みました。

なでしこジャパンはこの1点を最後まで守り抜き、4強進出を決めました。MF宇津木瑠美選手(モンペリエHSC)がこの試合の最優秀選手に選ばれています。

試合詳細はこちら

次の準決勝で、なでしこジャパンは7月1日にイングランドと再びエドモントンで対戦します。イングランドはバンクーバーでの準々決勝で開催国カナダを2-1で退けて、初のベスト4入りを決めました。

監督・選手コメント

佐々木則夫 なでしこジャパン(日本女子代表)監督
得点がなかなか入りませんでしたが、選手たちは非常に良くやってくれて、最後までゲームプランが崩れずに全うしてくれました。この暑さでも勝とうと思ってあれだけ動けるところがなでしこの強みです。岩渕選手はゴール前の仕掛けが出来てパンチ力のあるシュートを持っています。「君が決めて勝つんだ」と言って送り出しました。1点差の厳しい戦いが続いていますが、非常に我慢強く戦って勝ってきて、1試合1試合が自信になっています。プレーのテンポも良くなっていますし、精神的にも我々のチーム力が上がってきていることは間違いないと思います。自信をもって次の準決勝に臨みたいです。

FW #16   岩渕真奈 選手(FCバイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
ゴールが入ってくれてよかったです。こういう大会でゴールを決めることが出来て自信になります。ドイツへ行って上を目指してやって良かったです。あと2試合ありますが、1試合1試合が大事なのでしっかり準備して、結果を残せるように頑張りたいです。

MF #13   宇津木瑠美 選手(モンペリエHSC/フランス)
(相手の)入り方は予想とは違いましたが、慌てずに自分たちのリズムを掴もうと、みんなで意思統一できたことが勝因だったと思います。(最優秀選手賞は)チーム全員がやるべきことをやった結果で、たまたま自分に回ってきただけですが、見ている方々に、海外で経験してきたものがこれだったと評価してもらえたことは、すごくうれしく思います。

DF #3   岩清水梓 選手(日テレ・ベレーザ)
暑さは予想以上に過酷でしたが、試合に入って相手が暑さを嫌がっているのが分かったので、自分たちの方が走れると感じました。試合の入り方も良かったので勢いを持てたと思います。(得点場面は)シュートを打って止められましたが、とにかくプレーが続くようにと中に蹴ったら岩渕選手がいました。入って良かったです。良い形が作れてきているので自信が持てます。

MF #8   宮間あや 選手(岡山湯郷Belle)
得点が入る気配もありましたし、負ける気もしていませんでした。CKは入ると思っていたので、決めてもらって良かったです。ここからはチーム力の勝負なので、いいイメージを持ちながら今日出た課題をきちんと改善できるように、チーム一丸となってやることが大事です。

Alan STAJCIC オーストラリア女子代表 監督
より良いチームが勝ったということです。日本は技術も忍耐力もあってチーム構成もよく、我々は守備をしなくてはいけないのに、最初の20分でかなりのエネルギーを消耗して良い判断ができませんでした。日本のパスワークと判断力は予想した以上に良くて、特にチームの化学反応と技術は本当に素晴らしかったです。我々はやるべきことができませんでした。

FIFA女子ワールドカップ カナダ2015

準決勝
なでしこジャパン(日本女子代表)  vs イングランド女子代表
日本時間 7/2(木)8:00 キックオフ(予定)

大会情報はこちら

アーカイブ
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP